ここから本文です。

更新日:2018年8月1日

LPガスの安全利用について【周知】

 

 LPガス容器と電気製品との保安距離の確保について

 LPガス容器の近くにエアコン室外機や浄化槽ブロアーなどの電気製品を設置する際は,2m超える保安距離を確保するか,不燃性の隔壁で遮る必要があります。

 電気製品をLPガス容器の近くに設置する場合には,事前にLPガス販売店にご相談ください。

 また,既に保安距離内に電気製品が設置されている場合にも,LPガス販売店にお知らせ願います。

 ※以下の3項目を全て満たす電気製品は除かれます。

  ❶直接裸火を持たないこと。

  ❷320℃より高温となる部分を持たないこと。

  ❸接点を持つ電気製品は,ON-OFFによる電気火花が点火(着火)エネルギーより小さいこと。

   あるいは,接点が密閉させていて,電気火花が外に出ないこと。

   注)日常使用しない接点など(保守及び点検用など)は,接点として扱わない。

CO(一酸化炭素)中毒の発生を防ぐために

 1.十分な換気をしましょう。

 ・換気口が荷物などで塞がっていないか,確認してください。

 ・給気不足だと不完全燃焼を起こし,CO中毒の原因となります。

 ・ガスストーブやガスファンヒーターなどを長時間使うときは,ときどき窓を開けて新鮮な

  空気に入れ換えるななど,必ず換気をしましょう。

2.日頃からのお手入れとメンテナンスをしましょう。

 ・ガス機器や換気扇に油汚れやホコリがたまると給気不足により,不完全燃焼を起こし,

  COの発生につながる可能性があります。

3.万一に備え「CO警報器」を設置しましょう。

 ・気づきにくいCOの発生をいち早くキャッチし,音声やブザーで警報し,事故を未然に

  防ぎます。

4.異常を感じたらすぐに連絡しましょう。

 ・ガス臭い・ガス機器の炎が安定しないときや,炎の色が赤いなどの異常を感じたときは,

  すぐにガスの使用をやめて「緊急時連絡先」か「LPガス販売店」にすぐ連絡してください。

 

 

・チラシ「LPガスをお使いの皆様へ」(PDF:156KB)

 

◎県問い合わせ窓口

 地 区 

窓 口

電話番号

 県 央 

 消防安全課 産業保安室

 029-301-3594

 県 北 

 県北県民センター 環境・保安課

0294-80-3355

 日 立 

 県北県民センター 日立商工労働センター

0294-21-6711

 鹿 行 

 鹿行県民センター 環境・保安課

0291-33-6056

 県 南 

 県南県民センター 環境・保安課

029-822-7067

 県 西 

 県西県民センター 環境・保安課

0296-24-9140

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

防災・危機管理部消防安全課産業保安室

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3594

FAX番号:029-301-2887

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?