ホーム > 茨城を創る > 商工業 > 大規模小売店舗立地法 > 大規模小売店舗立地法の特例区域について

ここから本文です。

更新日:2017年12月14日

大規模小売店舗立地法の特例区域について

第二種大規模小売店舗立地法特例区域の指定について

城県は,中心市街地の活性化に関する法律(平成10年法律第92号)第65条第1項の規定に基づき,第二種大規模小売店舗立地法特例区域を定め,同条第4項において準用する第37条第2項により公告しました。
例区域においては,大規模小売店舗立地法の手続きの簡素化,迅速化が図られます。

第二種大規模小売店舗立地法特例区域

  • 平成29年3月23日指定
  • つくば市吾妻一丁目5番3,5番5,6番1,6番2,6番4,6番5,6番6,6番7,6番8,6番9,6番10,7番1,7番2,7番3,7番4(「つくばクレオスクエア」が立地する区域)

つくばクレオスクエア立地区域

第二種大規模小売店舗立地法特例区域説明会開催結果

城県とつくば市は,茨城県が「大規模小売店舗立地法」の特例措置が適用される「第二種大規模小売店舗立地法特例区域」を定めるに当たり,住民の皆様のご意見を反映させることを目的として,下記のとおり説明会を開催しました。

  1. 開催日時成29年2月13日(月曜日)後7時00分から午後7時30分まで
  2. 開催場所くば市春日交流センター2階大会議室(つくば市春日2-36-1)
  3. 参加者 17名(執行部を含む。)
  4. 説明内容規模小売店舗立地法特例区域の概要
  5. 質疑等 例区域の指定に反対する意見はありませんでした。

第一種大規模小売店舗立地法特例区域の指定について

城県は,土浦市中心市街地の活性化を図るため,中心市街地の活性化に関する法律(平成10年法律第92号)第37条第1項の規定に基づき,第一種大規模小売店舗立地法特例区域を定め,同条第2項により公告しました。
例区域においては,大規模小売店舗の出店,増床等を迅速に実施することができるようになります。

第一種大規模小売店舗立地法特例区域

  • 平成27年3月12日指定
  • 土浦市大和町1番(JR土浦駅前のウララが立地する区域)
    ウララ立地区域

大規模小売店舗立地法特例区域指定状況

一種大規模小売店舗立地法特例区域

市町村名

設定日

特例区域

備考

土浦市 平成27年3月12日 土浦市大和町1番地
(JR土浦駅前のウララが立地する区域)
 

二種大規模小売店舗立地法特例区域

市町村名

設定日

特例区域

備考

水戸市 平成17年7月19日

水戸市の区域の一部

(駅前地区・南町地区・泉町地区・大工町地区)

構造改革特別区域「水戸黄門さんまちおこし特区」
つくば市 平成29年3月23日 つくば市吾妻一丁目5番3,5番5,6番1,6番2,6番4,6番5,6番6,6番7,6番8,6番9,6番10,7番1,7番2,7番3,7番4
(「つくばクレオスクエア」が立地する区域)
 

大規模小売店舗立地法の特例措置について

大規模小売店舗立地法の特例措置について(PDFファイル)(PDF:141KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

商工労働観光部中小企業課大型店

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3559

FAX番号:029-301-3569

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?