ホーム > 茨城県の各部局の業務案内 > 産業戦略部 > 本庁 > 中小企業課 > 平成30年度「情報通信事業者雇用促進事業」モデル事業者の追加決定について

ここから本文です。

更新日:2019年1月31日

平成30年度「情報通信事業者雇用促進事業」モデル事業者の追加決定について

城県では,情報通信事業者の雇用を創出するため,サービス工学的手法(※)を活用したサービス産業の生産性向上に係るシステム開発等の取り組みに対して支援する「情報通信事業者雇用促進事業」を実施しております。

この度,有識者等による審査を経て,下記のとおりモデル事業者として2事業者を追加で選定いたしましたのでお知らせします。

なお,モデル事業者に対して,県は事業実施に必要な経費を助成し,筑波大学大学院及び産業技術総合研究所は,科学的・工学的手法の観点から助言等を行うことにより事業者の取組みを支援します。

(※)「サービス工学的手法」とは:ITを活用してデータ(従業員の活動状況や顧客の購売・利用履歴等)を収集・解析し,現状や課題を「見える化」することで,効果的な人員配置や販促活動等を実現するための手法。

採択事業者・補助事業の内容

事業者名

(所在市町村)

事業計画名

補助事業の概要

JPC株式会社

(那珂市)

GPSを活用した路線バスの運行情報の可視化とバス運転手の業務省力化

【概要】
・路線バスは,営業所を出ると現在位置が把握できず,事業者としてはお客様からの問合わせに回答することができない,バス利用者としては停留所での待ち時間に不安やストレスを抱えてしまう課題がある。
・バス運転手は,乗務記録を各停留所ごとに記録するため,手間がかかるといった課題もある。
・上記課題を解決するため,「路線バス運行管理システム」を開発し,路線バス運行管理の「見える化」を図る。

【目指す効果】
・「見える化」によるお客様からの問合せ窓口体制の強化
・バス利用者の,停留所での待ち時間の短縮やストレス解消に繋げ,お客様の満足度向上
・運転手のバス乗車中の乗務記録を無くし,業務の省力化とお客様への対応力の強化

株式会社AGREE

(つくば市)

アプリでストレスチェック機能の開発

【概要】
医療相談アプリ「LEBER」に簡易ストレスチェック機能と社員の健康・ストレス管理ボード機能を追加することにより,産業医を雇わなくても社員自身でメンタルの相談を行うことができ,ストレスチェックの促進・社員の体調不良の未然防止・生産性の向上を図るものである。

【目指す効果】
・中小企業における福利厚生の充実
・ストレスチェックの促進
・メンタルヘルス管理の充実
・ストレスチェック結果の把握による予防策(産業医の紹介・メンタルヘルスセミナー等)の実施
・体調不良等の抑制による生産性の向上等