ここから本文です。

更新日:2019年1月30日

観光施設のおもてなし

 観光施設のおもてなしを紹介します。

みなとメディアミュージアム(外部サイトへリンク)
【水戸市見和1-430-1常磐大学人間科学部中村泰之研究室内】

 ○ 街の魅力をお伝えするアートプロジェクト 

 みなとミュージアム

 お客様に那珂湊,湊線沿線地域の魅力を様々な角度からお伝えすべく,みなとメディアミュージアムは,アートやデザインを通じた様々な取り組みを行っております。
 主たる事業は,毎年夏の地域の魅力を伝える芸術作品の公募展示です。他にも,街の魅力を伝えるマップや出版物の作成,観光案内板のデザインなどに取り組んでおります。

株式会社 ラクスマリーナ(外部サイトへリンク)
【土浦市川口2-13-6(TEL:029-822-2437)】

 ○ 高齢者や障がい者,幼児へのプライオリティー

rakusumarina_whiteiris

▲遊覧船ホワイトアイリス号(86人乗り)

rakusumarina_klmgou

お一人様でも遊覧!K.L.M号

rakusumarina_barrier-free

▲マリーナはバリアフリー

rakusumarina_jcafd

▲日本障害者カヌー協会拠点艇庫

 弊社は、土浦駅から15分、土浦港で高速遊覧船を運航しています。高速遊覧船、ヨットやカヌー、モーターボートなど、どれもバリアフリーのノウハウで安心してご利用いただけます。

 会社の特徴は、バリアフリー教育を実践を通して学び対応していることです。

車いすの貸し出しや2か所の車いすトイレの設置、視覚障がい者の方には手引き、聴覚障がい者の方には筆談器もあります。喫煙室は授乳室に改装、乗り場岸壁には手すりを設置、建物・歩行路や船内もバリアフリーです。

 道に迷われた方は車でお迎えに行き、車いすの方は待合室から乗り場まで社員が補助します。波風の高いときには揺れのないコースを選び、カモメの時期にはデッキから車いすでもエサがやり易いコースと速度で運行します。また、小雨の時には傘、雨合羽、寒いときにはひざ掛けをお貸しします。そして出航の際には「笑顔でお手振りのお見送り」をします。短い時間ですがより快適に過ごしていただけるよう心がけています。

 また、クリスマスシーズンには障がい者・高齢者関連施設対象に「カモメクルーズ」をプレゼントしています。

おもてなしとはお客様の意見を聴き、要望に沿って笑顔で対応、笑顔でお帰り願うことです。

ガラス工房シリカ(外部サイトへリンク)
【北茨城市華川町小豆畑2747(TEL:0293-42-3550)】

 ○ お客様にあわせた説明

 ガラス工房シリカ

 様々な年代にあわせて,分かりやすく丁寧に説明する事を心がけています。ガラス体験という普段行わない作業を,お客様の立場に立って考え,分かりやすく伝えられるよう,月に1度シリカのスタッフ全員でミーティングを行っています。
 また,体験を終えたお客様へ感想を聞くことによって,更なるサービス向上を目指しています。

このページに関するお問い合わせ

営業戦略部観光物産課観光戦略

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3617

FAX番号:029-301-3629

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?