ホーム > 茨城を創る > 商工業 > 地域産業の振興 > 茨城県伝統工芸品の新規指定並びに茨城県伝統工芸士の新規認定及び認定の解除について

ここから本文です。

更新日:2019年2月7日

茨城県伝統工芸品の新規指定並びに茨城県伝統工芸士の新規認定及び認定の解除について

 茨城県では、地域の風土と県民のくらしの中で育まれ受け継がれてきた工芸品を茨城県伝統工芸品として指定することにより、その工芸品を製造する事業者等の意欲の高揚と産業としての発展、伝統工芸品に対する認知度の向上を図っています。

 平成31年1月23日付で下記のとおり、茨城県伝統工芸品の新規指定を行うとともに、茨城県伝統工芸士の新規認定及び認定の解除を行ったので公表します。

いばらき手しごと帖(外部サイトへリンク)

1 茨城県伝統工芸品の新規指定(1件)

 石岡の桐箱は、桐産業が栄えた石岡市において、陶磁器をはじめ多様な物品・食品等の保存用に使用されてきました。桐材は除湿効果があるため、桐箱は古くから神社仏閣の宝物箱として重宝され、茶器や陶器の入れ物として庶民の生活に浸透しました。

伝統工芸品の名称

石岡の桐箱

製造市町村名

石岡市

製造事業者

高安桐材店(石岡市村上286-1)

伝統工芸品の製造に係る技術又は技法の内容

蓋の形状は,印籠蓋,二方桟,四方桟,差し込み蓋,かぶせ蓋,落とし蓋とする。

isioka_kiribako

2 茨城県伝統工芸士の新規認定(24名)

 茨城県伝統工芸品の製造に従事している方のうち、高度な技術、技法を保持する者を茨城県伝統工芸士として認定し、その称号を付与することにより、社会的な声価を高めるとともに、従業意欲と技術の向上、後継者の育成及び伝統工芸品の次代への継承を図っています。

 本年度の認定により、現在、茨城県伝統工芸士は合計51名となっています。

伝統工芸品の名称

新規認定者

笠間焼

安部 秀樹,志賀 出,大津 廣司,長嶺 憲幸

つくばね焼

梅田 八主守

結城桐箪笥

堀江 祐輔

石岡府中杉細工

福田 哲也

西ノ内和紙

菊地 順一

国寿石大子硯

佐藤 弘

本場結城紬

森 ちよ,赤荻 きい子,小島 智恵子,安江 キヨ子

常陸獅子

滑川 洋右,飯沼 眞,来栖 保

桂雛

小佐畑 孝雄

真壁石燈籠

大関 利夫,植竹 常郎,小幡 一夫,加藤 幸彦,稲葉 健一

米粒人形

岡崎 ゆき子

カガミクリスタル

長谷川 秀樹

3 茨城県伝統工芸士の認定解除(1名)

伝統工芸品の名称

石岡府中杉細工

製造市町村

石岡市

伝統工芸士氏名

福田 弘 氏

解除の理由

平成30年12月17日死去による

このページに関するお問い合わせ

産業戦略部産業政策課地域産業振興室

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3584

FAX番号:029-301-3539

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?