○茨城県都市公園管理規則
昭和45年3月31日
茨城県規則第21号
茨城県都市公園管理規則を次のように定める。
茨城県都市公園管理規則
(趣旨)
第1条 この規則は,都市公園法(昭和31年法律第79号。以下「法」という。)及び茨城県都市公園条例(昭和32年茨城県条例第26号。以下「条例」という。)の施行に関し,必要な事項を定めるものとする。
(昭53規則15・一部改正)
(申請書の様式等)
第2条 法第5条第1項,法第6条第2項及び第3項並びに条例第3条第2項及び第3項に規定する申請書の名称及び様式は,次の表に掲げるとおりとする。
規定条文
申請書の名称
様式
法第5条第1項
公園施設設置許可申請書
公園施設管理許可申請書
公園施設設置(管理)変更許可申請書
法第6条第2項
公園占用許可申請書
法第6条第3項
公園占用変更許可申請書
行為許可申請書
行為許可変更申請書
2 知事は,前項の表規定条文の欄に掲げる規定による許可をしたときは許可書(法に基づく許可にあつては様式第8号により,条例に基づく許可にあつては様式第9号による。)を,当該許可をしないときは不許可書(様式第9号の2)を申請者に交付するものとする。
(平16規則91・平17規則81・一部改正)
(添付書類)
第3条 前条第1項に規定する申請書には,次に掲げる書類のうち必要な書類を添付しなければならない。
(1) 申請人の住所を証する書面
(2) 公園施設の管理に関する事業計画を記載した書面
(3) 申請に係る都市公園の利用が行政機関の免許,許可,認可等の処分を必要とするときは,これらの処分のあつたことを証する書面
(4) 前3号に掲げるもののほか知事が必要と認めるもの
(平12規則116・平15規則45・一部改正)
(行為の許可の申請書の記載事項)
第4条 条例第3条第2項に規定する規則で定める事項は,次の表の左欄に掲げる行為の区分に応じ,それぞれ右欄に掲げる事項とする。
1 物品の販売その他これに類する行為をする場合
販売品目,販売価格及び販売時間
2 募金をする場合
募金に従事する人員
3 業として写真を撮影する場合
営業時間,料金及び撮影機の台数
4 業として映画の撮影を行う場合
撮影時間,撮影のための人員,撮影のため使用する物品及び機械並びに現場責任者の住所及び氏名
5 興行を行う場合
興行時間,開催回数,収容予定人員,料金,興行のため使用する物品及び機械並びに現場責任者の住所及び氏名
6 競技会,展示会,博覧会その他これらに類する催しをする場合
料金又は会費,参集予定人員,競技会等のために使用する物品及び機械並びに現場責任者の住所及び氏名
(平8規則27・平16規則91・一部改正)
(公園施設の設置等の許可の申請書の記載事項)
第5条 条例第8条第1項第1号及び第2号並びに同条第2項第5号に規定する規則で定める事項は,次の各号に掲げる場合の区分に応じ,それぞれ当該各号に定める事項とする。
(1) 条例第8条第1項第1号の場合 公園施設の種類,面積及び数量
(2) 条例第8条第1項第2号の場合 公園施設の名称,面積及び数量
(3) 条例第8条第2項第5号の場合 占用の目的,期間,場所及び面積並びに占用物件の種類及び構造
(平15規則45・一部改正)
(有料公園施設の利用手続)
第6条 条例第7条第3項の規定により有料公園施設の利用の許可を受けようとする者は,有料公園施設利用許可申請書(様式第10号)を知事に提出しなければならない。
2 知事は,有料公園施設の利用を許可したときは有料公園施設利用許可書(様式第11号)を,その利用を許可しないときは有料公園施設利用不許可書(様式第11号の2)を交付するものとする。
(平12規則116・平17規則81・一部改正)
(公示等の場所)
第6条の2 条例第10条の3第1項第1号及び同条第2項に規定する規則で定める場所は,当該都市公園を管理する事務所とする。
(平16規則91・追加)
(保管工作物等一覧簿の様式)
第6条の3 条例第10条の3第2項に規定する規則で定める様式は,様式第11号の3のとおりとする。
(平16規則91・追加,平17規則81・一部改正)
(保管した工作物等を売却する場合の手続)
第6条の4 条例第10条の5に規定する規則で定める方法は,競争入札に付して行う方法とする。ただし,競争入札に付しても入札者がない工作物等その他競争入札に付することが適当でないと認められる工作物等の売却については,随意契約による方法とすることができる。
(平16規則91・追加)
第6条の5 知事は,前条本文の規定による競争入札のうち一般競争入札に付そうとするときは,その入札期日の前日から起算して少なくとも5日前までに,次に掲げる事項を当該都市公園を管理する事務所に掲示し,又はこれに準ずる適当な方法で公示しなければならない。
(1) 当該工作物等の名称又は種類,形状及び数量
(2) 当該競争入札の執行を担当する職員の職及び氏名
(3) 当該競争入札の執行の日時及び場所
(4) 契約条項の概要
(5) その他知事が必要と認める事項
2 知事は,前条本文の規定による競争入札のうち指名競争入札に付そうとするときは,なるべく3人以上の入札者を指定し,かつ,それらの者に前項各号に掲げる事項をあらかじめ通知しなければならない。
3 知事は,前条ただし書の規定による随意契約によろうとするときは,なるべく2人以上の者から見積書を徴さなければならない。
(平16規則91・追加)
(受領書の様式)
第6条の6 条例第10条の6に規定する規則で定める様式は,様式第11号の4のとおりとする。
(平16規則91・追加,平17規則81・一部改正)
(使用料の納付時期の特例)
第6条の7 条例第11条第3項ただし書に規定する規則で定める場合は,次の各号のいずれかに該当する場合とする。
(1) 法第5条第1項又は法第6条第1項若しくは第3項の許可に係る使用料を納付する場合
(2) 条例第11条第2項の規定による使用料を納付する場合
(3) 有料公園施設の利用で許可を受けることを要しないものに係る使用料を納付する場合(観光の振興その他の理由により特に必要と知事が認める場合に限る。)
2 前項第2号に該当する場合においては,当該有料公園施設の利用者は,当該施設を利用した日から5日以内に,入場料金の精算書類の写しを知事に提出し,使用料を納付しなければならない。
(昭57規則57・追加,平12規則116・平13規則44・平14規則40・平16規則62・一部改正,平16規則91・旧第6条の2繰下・一部改正,平17規則81・平18規則85・平27規則56・一部改正)
(使用料の減免手続)
第7条 条例第12条の規定により使用料の減免を受けようとする者(以下この項において「使用料減免申請者」という。)は,次条第4号の事由に該当する場合を除き,使用料減免申請書(様式第12号)を知事に提出しなければならない。この場合において,使用料減免申請者が次条第1号から第3号までに規定する者であるときは,これを証する書面を添付し,又は提示しなければならない。
2 前項の規定にかかわらず,次の各号に掲げる者は,それぞれ当該各号に定める手帳等を提示することにより,使用料減免申請書の提出に代えることができる。
(1) 次条第2号の事由により使用料の減免を受けようとする者 身体障害者手帳,療育手帳又は精神障害者保健福祉手帳
(2) 次条第3号の事由により使用料の減免を受けようとする者 年齢を証する書面
(3) 次条第9号の事由により使用料の減免を受けようとする者 身分を証する書面等
(4) 次条第10号の事由により使用料の減免を受けようとする者 知事が必要と認める書面等
(平7規則17・全改,平8規則27・平10規則22・平12規則116・平14規則40・平15規則45・平17規則81・一部改正)
(使用料の減免事由)
第8条 条例第12条第3号に規定する規則で定める事由は,次の各号のいずれかに該当する場合とする。
(1) 生活保護法(昭和25年法律第144号)による扶助を受けている者が,都市公園の利用(法第5条第1項の規定により公園施設を設け,若しくは管理する場合又は法第6条第1項若しくは第3項の規定に基づき公園施設以外の物件を設ける場合を含む。以下同じ。)をするとき。
(2) 身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)に定める身体障害者,療育手帳を有する者又は精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(昭和25年法律第123号)に定める精神障害者(以下「障害者等」という。)が,都市公園の利用をするとき(介護を必要とする障害者等が有料公園施設を利用する場合における当該障害者等の介護をする者(当該障害者等1人につき1人に限る。)が有料公園施設を利用するときを含む。第13条の6第2号において同じ。)。
(3) 年齢70歳以上の者が,条例別表第2 (5) 有料公園施設を利用する場合に規定する有料公園施設を利用するとき。
(4) 毎年8月第1日曜日(第13条の6第4号において「観光の日」という。)又は県民の日を定める条例(昭和43年茨城県条例第3号)に定める県民の日(第13条の6第4号において「県民の日」という。)に条例別表第2 (5) 有料公園施設を利用する場合に規定する有料公園施設を利用するとき。
(5) 茨城県又は市町村が,住民を対象に行う競技会,講習会,研修会若しくはスポーツ教室又はこれらに類似する事業(第13条の6第5号及び第6号において「競技会等」という。)のために有料公園施設を利用するとき。
(6) 学校教育法(昭和22年法律第26号)第1条に規定する学校(大学及び高等専門学校を除く。第13条の6第7号において「大学等を除く学校」という。)の幼児,児童又は生徒が参加する次に掲げる活動を行うために有料公園施設を利用するとき。
ア 学校が行う学校教育活動
イ 茨城県中学校体育連盟が行う全国中学校体育大会,関東中学校体育大会又は茨城県中学校新人大会(第13条の6第7号イにおいて「全国中学校体育大会等」という。)の予選会又は県大会
ウ 茨城県高等学校体育連盟が行う全国高等学校体育大会,関東高等学校体育大会又は茨城県高等学校新人大会(第13条の6第7号ウにおいて「全国高等学校体育大会等」という。)の予選会又は県大会
エ 茨城県高等学校野球連盟が行う全国大会の県予選会又は県大会
(7) 茨城県スポーツ少年団本部に登録されたスポーツ少年団が行う競技会又は練習会のために有料公園施設を利用するとき。
(8) 茨城県,市町村,社会福祉法(昭和26年法律第45号)に定める社会福祉法人(第13条の6第9号において「社会福祉法人」という。),学校教育法第1条に規定する特別支援学校又は障害者等の団体が,生活保護法により扶助を受けている者,障害者等又は年齢70歳以上の者を対象に行う学校教育,競技会,講習会,研修会若しくはスポーツ教室又はこれらに類似する事業(第13条の6第9号において「学校教育等」という。)のために有料公園施設を利用するとき。
(9) 土曜日(3月25日から4月5日までの日,7月21日から8月31日までの日及び12月25日から翌年の1月7日までの日に該当する日を除く。)に学校教育法第1条に規定する学校のうち小学校,中学校,義務教育学校,高等学校,中等教育学校及び特別支援学校の児童又は生徒が条例別表第2 (5) 有料公園施設を利用する場合に規定する有料公園施設を利用するとき。
(10) その他福祉の増進,観光の振興,スポーツの振興又は青少年の健全育成上の理由により使用料を減免することが特に必要と知事が認めた者が有料公園施設を利用するとき。
(昭53規則15・昭55規則29・昭56規則19・昭59規則21・昭63規則21・平4規則54・平4規則58・平6規則55・平7規則17・平8規則27・平10規則22・平12規則116・平13規則44・平14規則40・平15規則45・平16規則91・平17規則81・平18規則85・平19規則36・平28規則17・一部改正)
(使用料の返還手続)
第9条 条例第13条ただし書の規定により使用料の返還を受けようとする者は,返還の事由が生じた日から起算して14日以内に,使用料返還申請書(様式第13号)を知事に提出しなければならない。
(平12規則116・平17規則81・一部改正)
(許可の取消しの申出)
第10条 条例第13条第2号に規定する利用の取消しの申出は,利用取消申請書(様式第14号)に許可書を添えて行うものとする。
(平12規則116・平15規則45・一部改正)
(届出の様式)
第11条 条例第14条の規定による届出は,次の各号に掲げる行為の区分に応じ,それぞれ当該各号に定める様式によつてしなければならない。
(1) 条例第14条第1号第3号から第5号まで及び第7号に掲げる行為 様式第15号
(2) 条例第14条第2号に掲げる行為 様式第16号
(3) 条例第14条第6号に掲げる行為 様式第17号
(平15規則45・平16規則91・一部改正)
(都市公園の開園日及び開園時間)
第12条 都市公園の開園日及び開園時間は,次の表に定めるとおりとする。ただし,知事が特別の理由があると認めたときは,臨時にこれを変更することができる。
都市公園名
開園日
開園時間
偕楽園
年間を通し毎日
偕楽園本園及び歴史館の区域(知事が別に定める区域をいう。)
2月20日から9月30日までの期間 午前6時から午後7時まで
10月1日から翌年の2月19日までの期間 午前7時から午後6時まで
その他の区域
24時間
弘道館公園
大洗公園
堀原運動公園
洞峰公園
港公園
赤塚公園
千波公園
鹿島灘海浜公園
県庁東公園
沢渡川緑地
北浦川緑地
茨城空港公園
桜川緑地
上記に同じ
24時間
笠松運動公園
毎月第1水曜日(国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に定める国民の祝日(1月1日を除く。以下「国民の祝日」という。)に当たるときは,その翌日)並びに1月1日及び12月31日を除く毎日
午前8時30分(4月1日から11月30日までの期間は午前6時30分)から午後9時まで
砂沼広域公園
毎月第1水曜日(国民の祝日に当たるときは,その翌日)並びに1月1日及び12月31日を除く毎日
ただし,知事が定める期間は毎日
午前8時30分(知事が定める期間は午前7時30分)から午後5時(4月1日から11月30日までの期間は午後9時)まで
県西総合公園
毎月第1水曜日(国民の祝日に当たるときは,その翌日)並びに1月1日及び12月31日を除く毎日
午前8時30分から午後5時(4月1日から11月30日までの期間は午後9時)まで
笠間芸術の森公園
1月1日及び12月31日を除く毎日
午前8時30分から午後5時まで
大子広域公園
オートキャンプ場の区域
4月1日から7月19日まで及び9月1日から同月30日までの期間 毎月第1及び第3水曜日(国民の祝日に当たるときは,その翌日)を除く毎日
7月20日から8月31日まで及び12月29日から翌年の1月3日までの期間 毎日
10月1日から12月28日まで及び1月4日から3月31日までの期間 水曜日(国民の祝日に当たるときは,その翌日)を除く毎日
その他の区域
毎月第1水曜日(国民の祝日に当たるときは,その翌日)並びに1月1日及び12月31日を除く毎日
オートキャンプ場の区域
午前8時から午後9時まで
その他の区域
午前8時30分から午後8時(4月1日から11月30日までの期間は午後9時)まで
(昭49規則76・全改,昭53規則15・昭55規則29・昭55規則53・昭55規則58・昭56規則19・昭61規則57・昭62規則16・昭63規則21・平2規則30・平4規則54・平4規則58・平6規則55・平7規則17・平8規則27・平10規則49・平12規則116・平13規則44・平14規則40・平15規則45・平17規則81・平20規則60・平22規則10・平22規則17・平27規則68・一部改正)
(有料公園施設の供用日及び供用時間)
第13条 有料公園施設の供用日及び供用時間は,次の表に定めるとおりとする。
都市公園名
有料公園施設名
供用日
供用時間
偕楽園
好文亭
12月29日から同月31日までの日を除く毎日
午前9時から午後5時(10月1日から翌年の2月19日までの期間は午後4時30分)まで
弘道館公園
弘道館
上記に同じ
上記に同じ
堀原運動公園
競技場
毎月第1水曜日(国民の祝日に当たるときは,その翌日)及び12月29日から翌年の1月3日までの日を除く毎日
午前8時30分から午後5時まで
野球場
武道館
大道場
上記に同じ
午前8時30分から午後9時まで
柔道場
剣道場
弓道場
会議室
笠松運動公園
補助陸上競技場
上記に同じ
午前8時30分から午後5時まで
児童スポーツ広場
球技場
野球場
登はん競技場
投てき場
会議室
陸上競技場
上記に同じ
午前8時30分から午後9時まで
体育館
テニスコート
上記に同じ
4月1日から11月30日までの期間 午前6時30分から午後9時まで
12月1日から翌年の3月31日までの期間 午前8時30分から午後5時まで
屋内水泳プール兼アイススケート場
メインプール
4月21日から8月31日までの期間(水曜日(国民の祝日に当たるときは,その翌日)を除く。)の毎日
午前9時から午後9時まで
サブプール
水曜日(国民の祝日に当たるときは,その翌日)並びに1月1日,4月19日から4月27日までの日及び12月31日を除く毎日
飛込プール
5月2日から8月31日までの期間(水曜日(国民の祝日に当たるときは,その翌日)を除く。)の毎日
スケートリンク
9月21日から翌年の3月31日までの期間(水曜日(国民の祝日に当たるときは,その翌日)並びに1月1日及び12月31日を除く。)の毎日
トレーニングルーム
水曜日(国民の祝日に当たるときは,その翌日)並びに1月1日及び12月31日を除く毎日
砂沼広域公園
テニスコート
毎月第1水曜日(国民の祝日に当たるときは,その翌日)並びに1月1日及び12月31日を除く毎日
午前8時30分から午後5時(4月1日から11月30日までの期間は午後9時)まで
多目的広場
大洗公園
駐車場
上記に同じ
午前7時から午後3時(土曜日又は日曜日は,午前5時から午後3時)まで
洞峰公園
陸上競技場
毎月第1水曜日(国民の祝日に当たるときは,その翌日)並びに1月1日及び12月31日を除く毎日
午前8時30分から午後5時まで
野球場
会議室
体育館
上記に同じ
午前8時30分から午後5時(4月1日から11月30日までの期間は午後9時)まで
テニスコート
上記に同じ
4月1日から11月30日までの期間午前6時30分から午後9時まで
12月1日から翌年の3月31日までの期間午前8時30分から午後5時まで
屋内水泳プール
上記に同じ
午前9時(12月1日から翌年の3月31日までの期間は午前10時)から午後5時(4月1日から11月30日までの期間は午後9時)まで
駐車場
年間を通し毎日
24時間
港公園
展望塔
毎月第1水曜日(国民の祝日に当たるときは,その翌日)及び12月29日から同月31日までの日を除く毎日
午前8時30分から午後5時まで
県西総合公園
テニスコート
毎月第1水曜日(国民の祝日に当たるときは,その翌日)並びに1月1日及び12月31日を除く毎日
午前8時30分から午後5時(4月1日から11月30日までの期間は午後9時)まで
コミュニティクラブハウス
体育館
会議室
大子広域公園
テニスコート
上記に同じ
上記に同じ
2 前項の規定にかかわらず知事は,都市公園の管理上必要があると認めるときは,供用日又は供用時間を臨時に変更することができる。
(昭49規則76・昭53規則15・昭55規則29・昭55規則53・昭55規則58・昭56規則19・昭57規則57・昭59規則21・昭61規則26・昭61規則57・昭62規則16・昭63規則59・平2規則30・平4規則54・平4規則58・平6規則55・平7規則17・平8規則27・平11規則24・平12規則116・平13規則44・平14規則40・平16規則62・平16規則91・平17規則81・平20規則60・平21規則26・平22規則17・平25規則16・平27規則68・一部改正)
(指定管理者の指定の申請)
第13条の2 条例第15条の4に規定する規則で定める申請書は,指定管理者指定申請書(様式第18号)とする。
(平17規則81・追加)
(利用料金の承認の申請)
第13条の3 条例第15条の8第2項の規定による利用料金の承認の申請は,利用料金承認申請書(様式第18号の2)により行うものとする。
(平17規則81・追加)
(利用料金の納付時期の特例)
第13条の4 条例第15条の8第4項ただし書に規定する規則で定める場合は,次の各号のいずれかに該当する場合とする。
(1) 条例第15条の8第3項の規定による利用料金を納付する場合
(2) 笠松運動公園の屋内水泳プール兼アイススケート場を2時間を超えて利用する個人が,その超える時間について利用料金を納付する場合(条例別表第3 (2) 有料公園施設を利用する場合 ア 普通利用料金 その2の表備考第5項に規定する前払式証票による場合を除く。)
(3) 洞峰公園の駐車場の利用料金を納付する場合(条例別表第3 (2) 有料公園施設を利用する場合 ア 普通利用料金 その3の表備考第5項第2号に規定する前払式証票による場合を除く。)
2 前項第1号に該当する場合においては,当該有料公園施設の利用者は,当該施設を利用した日から5日以内に,入場料金の精算書類の写しを指定管理者に提出し,利用料金を納付しなければならない。
3 第1項第2号及び第3号に該当する場合においては,当該有料公園施設の利用者は,当該施設の利用を終えた時に,利用料金を納付しなければならない。
(平17規則81・追加,平18規則85・平20規則60・平28規則17・一部改正)
(利用料金の減免手続)
第13条の5 条例第15条の10の規定により利用料金の減免を受けようとする者(以下この項において「利用料金減免申請者」という。)は,次条第4号の事由に該当する場合を除き,利用料金減免申請書(様式第18号の3)を指定管理者に提出しなければならない。この場合において,利用料金減免申請者が次条第1号から第3号までに規定する者であるときは,これを証する書面を添付し,又は提示しなければならない。
2 前項の規定にかかわらず,次の各号に掲げる者は,それぞれ当該各号に定める手帳等を提示することにより,利用料金減免申請書の提出に代えることができる。
(1) 次条第2号の事由により利用料金の減免を受けようとする者 身体障害者手帳,療育手帳又は精神障害者保健福祉手帳
(2) 次条第3号の事由により利用料金の減免を受けようとする者 年齢を証する書面
(3) 次条第10号の事由により利用料金の減免を受けようとする者 知事が必要と認める書面等
(平17規則81・追加)
(利用料金の減免事由)
第13条の6 条例第15条の10第3号に規定する規則で定める事由は,次の各号のいずれかに該当する場合とする。
(1) 生活保護法による扶助を受けている者が,都市公園の利用をするとき。
(2) 障害者等が,都市公園の利用をするとき。
(3) 年齢70歳以上の者が,条例別表第3 (2) 有料公園施設を利用する場合 ア 普通利用料金 その1に規定する有料公園施設を利用するとき。
(4) 観光の日又は県民の日に条例別表第3 (2) 有料公園施設を利用する場合 ア 普通利用料金 その1に規定する有料公園施設を利用するとき。
(5) 茨城県又は市町村が,住民を対象に行う競技会等のために有料公園施設を利用するとき。
(6) 指定管理者が,住民を対象に行う競技会等のために指定管理都市公園の有料公園施設を利用するとき。
(7) 大学等を除く学校の幼児,児童又は生徒が参加する次に掲げる活動を行うために有料公園施設を利用するとき。
ア 学校が行う学校教育活動
イ 茨城県中学校体育連盟が行う全国中学校体育大会等の予選会及び県大会
ウ 茨城県高等学校体育連盟が行う全国高等学校体育大会等の予選会及び県大会
エ 茨城県高等学校野球連盟が行う全国大会の県予選会又は県大会
(8) 茨城県スポーツ少年団本部に登録されたスポーツ少年団が行う競技会又は練習会のために有料公園施設を利用するとき。
(9) 茨城県,市町村,社会福祉法人,学校教育法第1条に規定する特別支援学校又は障害者等の団体が,生活保護法により扶助を受けている者,障害者等又は年齢70歳以上の者を対象に行う学校教育等のために有料公園施設を利用するとき。
(10) その他知事が別に定める者が,福祉の増進,観光の振興,スポーツの振興又は青少年の健全育成上の理由により有料公園施設を利用するとき。
(平17規則81・追加,平19規則36・一部改正)
(利用料金の返還手続)
第13条の7 条例第15条の11ただし書の規定により利用料金の返還を受けようとする者は,返還の事由が生じた日から起算して14日以内に,利用料金返還申請書(様式第18号の4)を指定管理者に提出しなければならない。
(平17規則81・追加)
(許可の取消しの申出)
第13条の8 条例第15条の11第2号に規定する利用の取消しの申出は,利用取消申請書に許可書を添えて行うものとする。
(平17規則81・追加)
(臨時の指定管理都市公園の管理に関する準用)
第13条の9 第13条の4から前条まで及び次条第2項の規定は,条例第15条の12第1項の規定により知事が使用料を徴収する場合について準用する。この場合において,これらの規定中「指定管理者」とあるのは「知事」と,「利用料金」とあるのは「使用料」と読み替えるものとする。
(平17規則81・追加)
(前払式証票の様式)
第14条 条例別表第3 (2) 有料公園施設を利用する場合 ア 普通利用料金 その2の表備考第6項に規定する前払式証票であつて洞峰公園の屋内水泳プールに係るもの及び条例別表第3 (2) 有料公園施設を利用する場合 ア 普通利用料金 その3の表備考第5項に規定する前払式証票の様式は,様式第19号のとおりとする。
2 条例別表第3 (2) 有料公園施設を利用する場合 ア 普通利用料金 その2の表備考第6項に規定する前払式証票であつて笠松運動公園の屋内水泳プール兼アイススケート場に係るものの様式は,様式第20号のとおりとする。
(平17規則81・全改,平18規則85・平28規則17・一部改正)
(実施規定)
第15条 この規則の実施に関し必要な事項は,別に定める。
(昭60規則33・旧第14条繰下)
付 則
1 この規則は,昭和45年4月1日から施行する。
2 次に掲げる規則は廃止する。
(1) 偕楽園管理規則(昭和33年茨城県規則第4号)
(2) 弘道館管理規則(昭和38年茨城県規則第36号)
3 この規則施行の際,現に法第5条第2項,法第6条第1項若しくは第3項又は条例第3条第1項若しくは条例第7条第3項の規定に基づき都市公園の利用について許可を受けている者は,この規則の定める手続きによる許可を受けた者とみなす。
付 則(昭和49年規則第76号)
この規則は,公布の日から施行する。
付 則(昭和53年規則第15号)
この規則は,公布の日から施行する。
付 則(昭和55年規則第29号)
この規則は,昭和55年4月1日から施行する。
付 則(昭和55年規則第53号)
この規則は,公布の日から施行する。
付 則(昭和55年規則第58号)
この規則は,昭和55年8月21日から施行する。
付 則(昭和56年規則第19号)
この規則は,昭和56年4月1日から施行する。
付 則(昭和57年規則第57号)
この規則は,昭和57年11月1日から施行する。
付 則(昭和59年規則第21号)
この規則は,昭和59年4月1日から施行する。
付 則(昭和60年規則第33号)
この規則は,昭和60年4月1日から施行する。
付 則(昭和61年規則第26号)
この規則は,昭和61年4月1日から施行する。
付 則(昭和61年規則第57号)
この規則は,昭和61年7月15日から施行する。
付 則(昭和62年規則第16号)
この規則は,昭和62年4月1日から施行する。
付 則(昭和63年規則第21号)
この規則は,昭和63年4月1日から施行する。ただし,第12条の改正規定は,公布の日から施行する。
付 則(昭和63年規則第59号)
この規則は,昭和63年8月1日から施行する。
付 則(平成2年規則第30号)
この規則は,平成2年4月1日から施行する。
付 則(平成4年規則第54号)
この規則は,平成4年4月24日から施行する。
付 則(平成4年規則第58号)
この規則は,平成4年5月8日から施行する。
付 則(平成6年規則第55号)
この規則は,茨城県都市公園条例の一部を改正する条例(平成6年茨城県条例第12号)の施行の日から施行する。
(施行の日=平成6年6月21日)
付 則(平成7年規則第17号)
この規則は,平成7年4月1日から施行する。
付 則(平成8年規則第27号)
この規則は,平成8年4月1日から施行する。
付 則(平成10年規則第22号)
この規則は,平成10年4月1日から施行する。
付 則(平成10年規則第49号)
この規則は,平成10年7月5日から施行する。
付 則(平成11年規則第24号)
この規則は,平成11年4月1日から施行する。
付 則(平成12年規則第116号)
この規則は,平成12年4月1日から施行する。ただし,第13条の表洞峰公園の項の改正規定(「及び12月29日から翌年1月3日までの日」を「並びに1月1日及び12月31日」に改める部分を除く。)は,平成12年7月1日から施行する。
付 則(平成13年規則第44号)
この規則は,平成13年4月1日から施行する。
付 則(平成14年規則第40号)
この規則は,次の各号に掲げる区分に応じ,それぞれ当該各号に掲げる日から施行する。
(1) 第7条第2項に1号を加える改正規定,第8条第11号の改正規定,同条に1号を加える改正規定及び第13条の表東町運動公園の項の改正規定 平成14年4月1日
(2) 第6条の2第1項第3号の改正規定,同項第2号の次に1号を加える改正規定,同条第3項の改正規定,第12条の表笠松運動公園の項の改正規定,第13条の表笠松運動公園の項の改正規定,第14条第2項の改正規定,同条に1項を加える改正規定,様式第19号の改正規定,同様式を様式第20号とする改正規定及び様式第18号の次に1様式を加える改正規定 平成14年5月13日
(3) 第12条の表大子広域公園の項の改正規定 平成14年7月12日
(4) その他の改正規定 公布の日
付 則(平成15年規則第45号)
1 この規則は,公布の日から施行する。
2 この規則の施行の日において65歳以上の者が条例別表第2 (5) 有料公園施設を利用する場合 ア 普通使用料 その1に規定する有料公園施設を利用する場合における使用料の減免については,この規則による改正後の茨城県都市公園管理規則第8条第3号の規定にかかわらず,なお従前の例による。
付 則(平成16年規則第62号)
この規則は,公布の日から施行する。
付 則(平成16年規則第69号)
この規則は,公布の日から施行する。
付 則(平成16年規則第91号)
この規則は,公布の日から施行する。
付 則(平成17年規則第81号)
1 この規則は,公布の日から施行する。
2 この規則による改正前の茨城県都市公園管理規則第6条の7から第8条まで,第14条,様式第9号から様式第11号まで,様式第19号及び様式第20号の規定は,平成18年9月1日(同日前に茨城県都市公園条例第15条の5の規定により指定管理者を指定した場合にあっては,当該指定の日)までの間は,なおその効力を有する。
付 則(平成18年規則第85号)
1 この規則は,公布の日から施行する。
2 この規則による改正前の茨城県都市公園管理規則第6条の7,第8条,第14条及び様式第19号の規定は,茨城県都市公園条例第15条の5の規定により洞峰公園の指定管理者を指定する日までの間は,なおその効力を有する。
付 則(平成19年規則第36号)
この規則は,平成19年4月1日から施行する。
付 則(平成20年規則第60号)
この規則は,公布の日から施行する。
付 則(平成21年規則第26号)
この規則は,平成21年4月1日から施行する。
付 則(平成22年規則第10号)
この規則は,平成22年3月11日から施行する。
付 則(平成22年規則第17号)
この規則は,平成22年4月1日から施行する。
付 則(平成25年規則第16号)
この規則は,平成25年4月1日から施行する。
付 則(平成27年規則第56号)
この規則は,平成27年6月1日から施行する。
付 則(平成27年規則第68号)
この規則は,平成27年9月1日から施行する。
付 則(平成28年規則第17号)
この規則は,平成28年4月1日から施行する。

様式第1号(第2条第1項)
(平16規則91・一部改正)

公園施設設置許可申請書(法第5条第1項)

年  月  日  

  茨城県知事    殿

 

住所

  番地  

 

氏名印

 

 

法人にあつては,その名称及び代表者の氏名

 

都市公園名

設置の目的

設置の場所

        別紙図面のとおり

公園施設の種類

面積

u

数量

設置の期間

            ・   ・ 〜     ・   ・

公園施設の構造

公園施設の管理方法

工事実施の方法(直営又は請負施行の別)

工事の着手及び完了の時期

着手年月日     ・   ・         

完了年月日     ・   ・         

復旧の方法

その他必要な事項

添付書類

     1 設計書、仕様書及び図面    2 事業計画書

     3 供用及び管理に関する計画書  4 その他必要な書類

 

様式第2号(第2条第1項)
(平16規則91・一部改正)

公園施設管理許可申請書(法第5条第1項)

年  月  日  

  茨城県知事    殿

 

住所

  番地  

 

氏名印

 

 

法人にあつては,その名称及び代表者の氏名

 

都市公園名

管理の目的

公園施設の場所

別紙図面のとおり

管理する公園施設の名称

面積

u

数量

管理の期間

            ・   ・ 〜     ・   ・

管理の方法

その他必要な事項

添付書類   1 事業計画書

       2 供用及び管理に関する計画書

       3 その他必要な書類

様式第3号(第2条第1項)
(平15規則45・平16規則91・一部改正)

公園施設設置(管理)変更許可申請書(法第5条第1項)

年  月  日  

  茨城県知事    殿

 

任所

  番地  

 

氏名印

 

 

法人にあつては,その名称及び代表者の氏名

 

都市公園名

設置(管理)の目的

公園施設の種類及び名称

既に受けた許可の年月日及び番号

変更事項

変更理由

その他必要な事項

添付書類(変更事項に係る書類を添付のこと。)

様式第4号(第2条第1項)

公園占用許可申請書(法第6条第2項)

年  月  日  

  茨城県知事    殿

 

住所

  番地  

 

氏名印

 

 

法人にあつては,その名称及び代表者の氏名

 

都市公園名

占用の目的

占用物件等の種類

占用の期間

            ・   ・ 〜     ・   ・

占用の場所

別紙図面のとおり

占用面積(延長)

占用物件等の管理の方法

工事実施の方法(直営又は請負施行の別)

工事の着手及び完了の時期

着手年月日     ・   ・         

完了年月日     ・   ・         

占用物件等の構造

都市公園の復旧方法

その他必要な事項

添付書類

   1 設計書   2 仕様書   3 図面   4 その他必要な書類

 

様式第5号(第2条第1項)
(平15規則45・一部改正)

公園占用変更許可申請書(法第6条第3項)

年  月  日  

  茨城県知事    殿

 

住所

  番地  

 

氏名印

 

 

法人にあつては,その名称及び代表者の氏名

 

都市公園名

占用物件の種類

既に受けた許可の年月日及び番号

変更事項

変更理由

添付書類(変更事項に係る書類を添付のこと。)

様式第6号(第2条第1項)
(平15規則45・平16規則69・平17規則81・一部改正)

行為許可申請書(条例第3条第2項)

年  月  日  

          殿

 

住所

  番地  

 

氏名印

 

 

年  月  日生

 

 

法人にあつては,その名称及び代表者の氏名

 

都市公園名

行為の目的

行為の種類

行為の期間

            ・   ・ 〜     ・   ・

行為の内容

行為を行う場所又は公園施設

行為のための占用面積

m 2

都市公園管理規則第4条に規定する事項

※ □ 食品衛生行商

  □ 道路使用許可

  □ 運転免許

  □ (          )

  □ (          )

  □ (          )

  □ (          )

※ 腕章

  No.

   青     赤

   黄     白

   桃     水

   緑

※ 腕章交付者

※ 腕章受領者

注 1 自筆による署名をする場合は,押印を省略することができる。

  2 ※印は記入しないこと。

様式第7号(第2条第1項)
(平15規則45・平16規則69・平17規則81・一部改正)

行為許可変更申請書(条例第3条第3項)

年  月  日  

          殿

 

住所

  番地  

 

氏名印

 

 

法人にあつては,その名称及び代表者の氏名

 

都市公園名

行為の目的

行為の種類

行為の場所

既に受けた許可の年月日及び番号

変更事項

変更理由

注 自筆による署名をする場合は,押印を省略することができる。

様式第8号(第2条第2項)

 

許可書

 

  記号指令第    号

住所            

氏名            

     年  月  日付で申請のあつた        については,都市公園法第  条第  項の規定により次のとおり許可する。

       年  月  日

茨城県知事             

都市公園名

許可の場所

許可の種類等

許可の期間

            ・   ・ 〜     ・   ・

都市公園の復旧方法

使用料の額

許可の条件

様式第9号(第2条第2項)
(昭53規則15・平15規則45・平17規則81・一部改正)

 

許可書

 

  記号指令第    号

住所           

氏名           

年  月  日生  

     年  月  日付で申請のあつた都市公園内における    については,茨城県都市公園条例第3条第 項の規定により次のとおり許可する。

       年  月  日

印        

都市公園名

行為の種類

行為の期間

            ・   ・ 〜     ・   ・

行為の内容

行為を行う場所又は公園施設

行為のための占用面積

m 2

都市公園管理規則第4条に規定する事項

使用料又は利用料金の額

許可の条件

様式第9号の2(第2条第2項)
(平17規則81・追加,平28規則17・一部改正)

不許可書

 

記号指令第    号

 

住所                  

氏名                  

 

   年  月  日付で申請のあつた      については,次の理由により許可しない。

 

    年   月   日

印 

 

 理由

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 (不服申立てに係る教示)

 この処分に不服があるときは,この処分があつたことを知つた日の翌日から起算して3月以内に,茨城県知事に対して審査請求をすることができます。ただし,この処分があつたことを知つた日の翌日から起算して3月以内であつても,この処分があつた日の翌日から起算して1年を経過したときは,審査請求をすることができなくなります。

 (処分の取消しの訴えに係る教示)

 処分の取消しの訴えは,この処分があつたことを知つた日の翌日から起算して6月以内(この処分があつたことを知つた日の翌日から起算して3月以内に審査請求をした場合にあつては,その審査請求に対する裁決があつたことを知つた日の翌日から起算して6月以内。以下同じ。)に,茨城県を被告として(訴訟において茨城県を代表する者は,茨城県知事となります。),提起することができます。ただし,この処分があつた日の翌日から起算して1年を経過したとき(この処分があつたことを知つた日の翌日から起算して3月以内に審査請求をした場合にあつては,その審査請求に対する裁決があつた日の翌日から起算して1年を経過したとき)は,処分の取消しの訴えを提起することができなくなります。

様式第10号(第6条第1項)
(平16規則69・平16規則91・平17規則81・一部改正)

有料公園施設利用許可申請書(条例第7条第3項)

年  月  日  

          殿

 

住所

  番地  

 

氏名印

 

 

法人にあつては,その名称及び代表者の氏名

 

都市公園名

利用する公園施設の名称

数量

利用の目的

利用の期間及び時間

            ・   ・   ・ 〜     ・   ・   ・

利用責任者の住所及び氏名

利用人員

利用する備品

使用料又は利用料金の額

注 自筆による署名をする場合は,押印を省略することができる。

様式第11号(第6条第2項)
(平16規則91・平17規則81・一部改正)

 

有料公園施設利用許可書

  記号指令第    号

住所           

氏名           

  茨城県都市公園条例第7条第3項の規定により,次のとおり有料公園施設の利用を許可する。

       年  月  日

印         

都市公園名

利用する公園施設の名称

数量

利用の目的

利用の期間及び時間

            ・   ・   ・ 〜     ・   ・   ・

使用料又は利用料金の徴収の有無

利用責任者の住所及び氏名

利用人員

利用する備品

その他必要な事項

注 公園施設を利用する場合には,この利用許可書を係員に提出願います。

様式第11号の2(第6条第2項)
(平17規則81・追加,平28規則17・一部改正)

有料公園施設利用不許可書

 

記号指令第    号

 

住所                  

氏名                  

 

   年  月  日付で申請のあつた有料公園施設の利用については,次の理由により許可しない。

 

    年   月   日

印 

 

 都市公園名

 

 

 有料公園施設名

 

 

 理由

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 (不服申立てに係る教示)

 この処分に不服があるときは,この処分があつたことを知つた日の翌日から起算して3月以内に,茨城県知事に対して審査請求をすることができます。ただし,この処分があつたことを知つた日の翌日から起算して3月以内であつても,この処分があつた日の翌日から起算して1年を経過したときは,審査請求をすることができなくなります。

 (処分の取消しの訴えに係る教示)

 処分の取消しの訴えは,この処分があつたことを知つた日の翌日から起算して6月以内(この処分があつたことを知つた日の翌日から起算して3月以内に審査請求をした場合にあつては,その審査請求に対する裁決があつたことを知つた日の翌日から起算して6月以内。以下同じ。)に,茨城県を被告として(訴訟において茨城県を代表する者は,茨城県知事となります。),提起することができます。ただし,この処分があつた日の翌日から起算して1年を経過したとき(この処分があつたことを知つた日の翌日から起算して3月以内に審査請求をした場合にあつては,その審査請求に対する裁決があつた日の翌日から起算して1年を経過したとき)は,処分の取消しの訴えを提起することができなくなります。

様式第11号の3(第6条の3)
(平16規則91・追加,平17規則81・旧様式第11号の2繰下)

保管工作物等一覧簿

整理番号

保管した工作物等

保管した工作物等が放置されていた場所

除去した年月日時

保管を始めた年月日時

保管の場所

備考

名称又は種類

形状

数量

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

様式第11号の4(第6条の6)
(平16規則91・追加,平17規則81・旧様式第11号の3繰下)

受領書

 

年   月   日  

 

 

 茨城県知事        殿

 

 

住所              

氏名印              

 

法人にあっては,その名称及び代表者の氏名

 

 下記のとおり工作物等(現金)の返還を受けました。

返還を受けた日時

 

返還を受けた場所

 

返還を受けた工作物等

整理番号

 

名称又は種類

 

形状

 

数量

 

(返還を受けた金額)

 

様式第12号(第7条第1項)
(平15規則45・平16規則69・一部改正)

使用料減免申請書

年  月  日  

  茨城県知事    殿

 

住所

  番地  

 

氏名印

 

 

法人にあつては,その名称及び代表者の氏名

 

都市公園名

許可を受けようとする施設若しくは物件の種類又は名称

使用料の額

減額(免除)申請額

申請の理由

減額(免除)の対象となる人員

注 自筆による署名をする場合は,押印を省略することができる。

様式第13号(第9条)
(平16規則69・平17規則81・一部改正)

使用料返還申請書

年  月  日  

  茨城県知事    殿

 

住所

  番地  

 

氏名印

 

 

法人にあつては,その名称及び代表者の氏名

 

都市公園名

許可を受けた施設若しくは物件の種類又は名称

許可を受けた年月日及び番号

納付した使用料の額

返還申請額

申請の理由

注 自筆による署名をする場合は,押印を省略することができる。

様式第14号(第10条,第13条の8)
(平16規則69・平17規則81・一部改正)

利用取消申請書

年  月  日  

          殿

 

住所

  番地  

 

氏名印

 

 

法人にあつては,その名称及び代表者の氏名

 

 

    年  月  日付第    号で許可のあつた      の利用については、次の理由によりその取消しを申請します。

 

 取消しの理由

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  添付書類 許可書

注 自筆による署名をする場合は,押印を省略することができる。

様式第15号(第11条第1号)

完了届(条例第14条)

年  月  日  

  茨城県知事    殿

 

住所

  番地  

 

氏名印

 

 

法人にあつては,その名称及び代表者の氏名

 

都市公園名

許可年月日及び許可番号

公園施設の種類

工事の内容

着手年月日            ・    ・

完了年月日            ・    ・

様式第16号(第11条第2号)
(平16規則91・一部改正)

設置(管理、占用)廃止届(条例第14条)

年  月  日  

  茨城県知事    殿

 

住所

  番地  

 

氏名印

 

 

法人にあつては,その名称及び代表者の氏名

 

都市公園名

許可年月日及び許可番号

公園施設の種類

廃止の理由及び廃止年月日

原状回復の方法,時期等

 

様式第17号(第11条第3号)

土地(物件)権利変更届(条例第14条)

年  月  日  

  茨城県知事    殿

 

住所

  番地  

 

氏名印

 

 

法人にあつては,その名称及び代表者の氏名

 

都市公園名

所在地及び面積

土地(物件)の種類及び数量

所有権若しくは抵当権の移転を受けた者又は抵当権者の住所及び氏名

 

所有権又は抵当権の移転年月日

 

・   ・  

抵当権設定年月日

 

・   ・  

様式第18号(第13条の2)
(平17規則81・全改,平27規則68・一部改正)

指定管理者指定申請書

 

年  月  日  

  茨城県知事          殿

 

所在地                   

名称                    

代表者の氏名             印  

電話番号                  

 

 茨城県都市公園の指定管理者の指定を受けたいので,茨城県都市公園条例第15条の4の規定により,次のとおり申請します。

 指定を受けたい都市公園の名称

添付書面

 1 指定管理業務に係る計画書

 2 定款その他これに準ずる書面

 3 法人にあつては,登記事項証明書

 4 前事業年度における財産目録,貸借対照表,損益計算書その他団体の財務状況を明らかにする書面

 5 前事業年度における事業報告書その他団体の業務内容を明らかにする書面

 6 その他知事が特に必要と認める書面

様式第18号の2(第13条の3)
(平17規則81・追加,平18規則85・平20規則60・平25規則16・平27規則68・平28規則17・一部改正)

利用料金承認申請書

 

年  月  日  

  茨城県知事          殿

指定管理者 所在地                 

団体の名称               

代表者の氏名            印 

電話番号                

 指定管理都市公園の利用料金の額を定めたいので,茨城県都市公園条例第15条の8第2項の規定により,次のとおり申請します。

1 条例第3条第1項各号に掲げる行為をする場合の利用料金

行為

単位

金額(単位 円)

第3条第1項第1号に掲げる行為

1日につき

 

業として行う写真の撮影

写真機1台につき1日

 

業として行う映画の撮影

1日につき

 

興行

1日につき

 

第3条第1項第4号に掲げる行為

1平方メートル1日につき

 

2 有料公園施設の利用料金

 □ 別紙1 港公園の普通利用料金

 □ 別紙2 □ (1) 堀原運動公園の普通利用料金

      □ (2) 笠松運動公園の普通利用料金

      □ (3) 砂沼広域公園の普通利用料金

      □ (4) 洞峰公園の普通利用料金

      □ (5) 県西総合公園の普通利用料金

      □ (6) 大子広域公園の普通利用料金

      □ (7) 大洗公園の普通利用料金

 □ 別紙3 特別利用料金

注 該当する□にレ印を記入し,該当する別紙を添付してください。

別紙1

 港公園の普通利用料金

有料公園施設名

利用の種類

単位

金額

(単位 円)

個人が利用する場合

20人以上の者が団体で利用する場合

大人

小人

大人

小人

展望塔

観覧

1人1回につき

 

 

 

 

備考

 1 「大人」とは,義務教育諸学校の生徒を除く年齢15歳以上の者をいう。

 2 「小人」とは,義務教育諸学校の児童及び生徒をいう。

別紙2

 (1) 堀原運動公園の普通利用料金

有料公園施設名

アマチュアスポーツ

営利・宣伝を目的としないアマチュアスポーツ以外の催物

興行及び営利・宣伝を目的とする催物

団体利用料金

(単位 円)

個人利用料金

(単位 円)

団体利用料金

(単位 円)

団体利用料金

(単位 円)

時間区分

1時間までごとに

時間区分

1時間までごとに

時間区分

1時間までごとに

8時30分から12時まで

12時から17時まで

8時30分から17時まで

8時30分から12時まで

12時から17時まで

17時から21時まで

8時30分から17時まで

8時30分から12時まで

12時から17時まで

17時から21時まで

8時30分から17時まで

競技場

 

 

 

 

2時間までごとに1人につき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野球場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

武道場

大道場

 

 

 

 

2時間までごとに1人につき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

柔道場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

剣道場

弓道場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会議室

1室につき

1室につき

1室につき

1室につき

 

1室につき

1室につき

 

1室につき

1室につき

1室につき

1室につき

 

1室につき

1室につき

 備考

  1 団体の人員が200人を超える場合は,この表に定める団体利用料金の額の100分の50に相当する額を加算した額をもつて団体利用料金の額とする。

  2 団体利用料金の適用を受ける団体は,その人員が20人以上の団体とする。ただし,その人員が20人に満たない場合であつても施設を専用するときは,団体利用料金を適用する。

  3 団体利用料金の適用を受ける場合において,やむを得ない理由により許可利用時間を超えて利用するとき,又はこの表の時間区分の欄に掲げる時間の区分によらないで利用するときは,その超える時間又は利用時間について,この表の「1時間までごとに」の欄に掲げる金額(1の適用を受ける場合には,1による額)による利用料金を徴収する。

  4 利用時間が許可利用時間に満たない場合は,時間割計算は行わない。

別紙2

 (2) 笠松運動公園の普通利用料金

有料公園施設名

アマチュアスポーツ

営利・宣伝を目的としないアマチュアスポーツ以外の催物

興行及び営利・宣伝を目的とする催物

団体利用料金

(単位 円)

個人利用料金

(単位 円)

団体利用料金

(単位 円)

団体利用料金

(単位 円)

時間区分

1時間までごとに

時間区分

1時間までごとに

時間区分

1時間までごとに

8時30分から12時まで

12時から17時まで

8時30分から17時まで

8時30分から12時まで

12時から17時まで

17時から21時まで

8時30分から17時まで

8時30分から12時まで

12時から17時まで

17時から21時まで

8時30分から17時まで

陸上競技

 

 

 

 

2時間までごとに1人につき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

補助陸上競技場

 

 

 

 

2時間までごとに1人につき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テニスコート

1面につき

1面につき

1面につき

1面につき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体育館

主競技場

全面

 

 

 

 

2時間までごとに1人につき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

片面

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

補助競技場

全面

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

片面

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

児童スポーツ広場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

球技場

 

 

 

 

2時間までごとに1人につき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野球場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

登はん競技場

1面につき

1面につき

1面につき

1面につき

 

1面につき

1面につき

 

1面につき

1面につき

1面につき

1面につき

 

1面につき

1面につき

投てき場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屋内水泳プール兼アイススケート場

メインプール

全面

 

 

 

 

2時間までごとに1人につき

 大人

 中高生

 小学生以下

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コース

1コースにつき

1コースにつき

1コースにつき

1コースにつき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サブプール

全面

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

片面

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

50メートルコース

1コースにつき

1コースにつき

1コースにつき

1コースにつき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

25メートルコース

1コースにつき

1コースにつき

1コースにつき

1コースにつき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飛込プール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スケートリンク

 

 

 

 

1回1人につき

 大人

 中高生

 小学生以下

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トレーニングルーム

 

 

 

 

2時間までごとに1人につき

 大人

 高校生以下

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会議室

1室につき

1室につき

1室につき

1室につき

 

1室につき

1室につき

 

1室につき

1室につき

1室につき

1室につき

 

1室につき

1室につき

 備考

  1 団体の人員が200人を超える場合は,この表に定める団体利用料金の額の100分の50に相当する額を加算した額をもつて団体利用料金の額とする。

  2 団体利用料金の適用を受ける団体は,その人員が20人以上の団体とする。ただし,その人員が20人に満たない場合であつても施設を専用するときは,団体利用料金を適用する。

  3 団体利用料金の適用を受ける場合において,やむを得ない理由により許可利用時間を超えて利用するとき,又はこの表の時間区分の欄に掲げる時間の区分によらないで利用するときは,その超える時間又は利用時間について,この表の「1時間までごとに」の欄に掲げる金額(1の適用を受ける場合には,1による額)による利用料金を徴収する。

  4 利用時間が許可利用時間に満たない場合は,時間割計算は行わない。

別紙2

 (3) 砂沼広域公園の普通利用料金

有料公園施設名

アマチュアスポーツ

団体利用料金

(単位 円)

個人利用料金

(単位 円)

時間区分

1時間までごとに

8時30分から12時まで

12時から17時まで

8時30分から17時まで

テニスコート

1面につき

1面につき

1面につき

1面につき

 

多目的広場

  

 

 

 

 

 備考

  1 団体の人員が200人を超える場合は,この表に定める団体利用料金の額の100分の50に相当する額を加算した額をもつて団体利用料金の額とする。

  2 団体利用料金の適用を受ける団体は,その人員が20人以上の団体とする。ただし,その人員が20人に満たない場合であつても施設を専用するときは,団体利用料金を適用する。

  3 団体利用料金の適用を受ける場合において,やむを得ない理由により許可利用時間を超えて利用するとき,又はこの表の時間区分の欄に掲げる時間の区分によらないで利用するときは,その超える時間又は利用時間について,この表の「1時間までごとに」の欄に掲げる金額(1の適用を受ける場合には,1による額)による利用料金を徴収する。

  4 利用時間が許可利用時間に満たない場合は,時間割計算は行わない。

別紙2

 (4) 洞峰公園の普通利用料金

 その1

有料公園施設名

アマチュアスポーツ

      営利・宣伝を目的としないアマチュアスポーツ以外の催物

興行及び営利・宣伝を目的とする催物

団体利用料金

(単位 円)

個人利用料金

(単位 円)

団体利用料金

(単位 円)

団体利用料金

(単位 円)

時間区分

1時間までごとに

時間区分

1時間までごとに

時間区分

1時間までごとに

8時30分から12時まで

12時から17時まで

8時30分から17時まで

8時30分から12時まで

12時から17時まで

17時から21時まで

8時30分から17時まで

8時30分から12時まで

12時から17時まで

17時から21時まで

8時30分から17時まで

陸上競技場

 

 

 

 

2時間までごとに1人につき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テニスコート

1面につき

1面につき

1面につき

1面につき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体育館

全面

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

片面

 

 

 

 

2時間までごとに1人につき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野球場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屋内水泳プール

全面

 

 

 

 

2時間までごとに1人につき

 大人

 中高生

 小学生以下

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コース

1コースにつき

1コースにつき

1コースにつき

1コースにつき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会議室

1室につき

1室につき

1室につき

1室につき

 

1室につき

1室につき

 

1室につき

1室につき

1室につき

1室につき

 

1室につき

1室につき

備考

 1 団体の人員が200人を超える場合は,この表に定める団体利用料金の額の100分の50に相当する額を加算した額をもつて団体利用料金の額とする。

 2 団体利用料金の適用を受ける団体は,その人員が20人以上の団体とする。ただし,その人員が20人に満たない場合であつても施設を専用するときは,団体利用料金を適用する。

 3 団体利用料金の適用を受ける場合において,やむを得ない理由により許可利用時間を超えて利用するとき,又はこの表の時間区分の欄に掲げる時間の区分によらないで利用するときは,その超える時間又は利用時間について,この表の「1時間までごとに」の欄に掲げる金額(1の適用を受ける場合には,1による額)による利用料金を徴収する。

 4 利用時間が許可利用時間に満たない場合は,時間割計算は行わない。

 その2

有料公園施設名

車両の種類

単位

金額

(単位 円)

徴収期間

駐車場

普通車

1回につき

利用時間に応じて次に掲げる額

(ア) 利用時間が1時間までのとき

(イ) 利用時間が1時間を超え3時間までのとき

(ウ) 利用時間が3時間を超え10時間までのとき (イ)の額に3時間を超える部分について1時間までごとにつき    円を加えて得た額

(エ) 利用時間が10時間を超え24時間までのとき

通年

備考

 1 「普通車」とは,乗車定員が10人以下の自動車(最大積載量が4トン以上の貨物自動車及び自動二輪車を除く。)をいう。

 2 利用時間が20分までのときは,無料とする。

 3 利用時間が24時間を超えるときは,(エ)の額にその超える部分について24時間までごとに(ア)から(エ)までの例により算出して得た額を加えて得た額とする。

別紙2

 (5) 県西総合公園の普通利用料金

有料公園施設名

アマチュアスポーツ

営利・宣伝を目的としないアマチュアスポーツ以外の催物

興行及び営利・宣伝を目的とする催物

団体利用料金

(単位 円)

個人利用料金

(単位 円)

団体利用料金

(単位 円)

団体利用料金

(単位 円)

時間区分

1時間までごとに

時間区分

1時間までごとに

時間区分

1時間までごとに

8時30分から12時まで

12時から17時まで

8時30分から17時まで

8時30分から12時まで

12時から17時まで

17時から21時まで

8時30分から17時まで

8時30分から12時まで

12時から17時まで

17時から21時まで

8時30分から17時まで

テニスコート

1面につき

1面につき

1面につき

1面につき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コミュニティクラブハウス

体育室

 

 

 

 

2時間までごとに1人につき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会議室

1室につき

1室につき

1室につき

1室につき

 

1室につき

1室につき

 

1室につき

1室につき

1室につき

1室につき

 

1室につき

1室につき

 備考

  1 団体の人員が200人を超える場合は,この表に定める団体利用料金の額の100分の50に相当する額を加算した額をもつて団体利用料金の額とする。

  2 団体利用料金の適用を受ける団体は,その人員が20人以上の団体とする。ただし,その人員が20人に満たない場合であつても施設を専用するときは,団体利用料金を適用する。

  3 団体利用料金の適用を受ける場合において,やむを得ない理由により許可利用時間を超えて利用するとき,又はこの表の時間区分の欄に掲げる時間の区分によらないで利用するときは,その超える時間又は利用時間について,この表の「1時間までごとに」の欄に掲げる金額(1の適用を受ける場合には,1による額)による利用料金を徴収する。

  4 利用時間が許可利用時間に満たない場合は,時間割計算は行わない。

別紙2

 (6) 大子広域公園の普通利用料金

有料公園施設名

アマチュアスポーツ

営利・宣伝を目的としないアマチュアスポーツ以外の催物

興行及び営利・宣伝を目的とする催物

団体利用料金

(単位 円)

個人利用料金

(単位 円)

団体利用料金

(単位 円)

団体利用料金

(単位 円)

時間区分

1時間までごとに

時間区分

1時間までごとに

時間区分

1時間までごとに

8時30分から12時まで

12時から17時まで

8時30分から17時まで

8時30分から12時まで

12時から17時まで

17時から21時まで

8時30分から17時まで

8時30分から12時まで

12時から17時まで

17時から21時まで

8時30分から17時まで

テニスコート

1面につき

1面につき

1面につき

1面につき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 備考

  1 団体の人員が200人を超える場合は,この表に定める団体利用料金の額の100分の50に相当する額を加算した額をもつて団体利用料金の額とする。

  2 団体利用料金の適用を受ける団体は,その人員が20人以上の団体とする。ただし,その人員が20人に満たない場合であつても施設を専用するときは,団体利用料金を適用する。

  3 団体利用料金の適用を受ける場合において,やむを得ない理由により許可利用時間を超えて利用するとき,又はこの表の時間区分の欄に掲げる時間の区分によらないで利用するときは,その超える時間又は利用時間について,この表の「1時間までごとに」の欄に掲げる金額(1の適用を受ける場合には,1による額)による利用料金を徴収する。

  4 利用時間が許可利用時間に満たない場合は,時間割計算は行わない。

別紙2

 (7) 大洗公園の普通利用料金

有料公園施設名

車両の種類

単位

金額

(単位 円)

徴収期間

駐車場

大型乗合型自動車

1回につき

 

知事が定める期間

乗合型自動車

1回につき

 

普通車

1回につき

 

自動二輪車及び原動機付自転車

1回につき

 

 備考

  1 「大型乗合型自動車」とは,乗車定員が30人以上の自動車をいう。

  2 「乗合型自動車」とは,乗車定員が11人以上29人以下の自動車をいう。

  3 「普通車」とは,乗車定員が10人以下の自動車(最大積載量が4トン以上の貨物自動車及び自動二輪車を除く。)をいう。

  4 最大積載量が4トン以上の貨物自動車は,大型乗合型自動車とみなして,この表の規定を適用する。

別紙3

 特別利用料金

名称

金額(単位 円)

時間区分

1時間までごとに

8時30分から12時まで

12時から17時まで

8時30分から17時まで

拡声装置

 

 

 

 

野球場カウント操作器

 

 

 

 

電光標示器

 

 

 

 

大型電光掲示板

アマチュアスポーツに利用する場合

 

アマチュアスポーツ以外に利用する場合

 

 

 

 

大型映像装置

アマチュアスポーツに利用する場合

 

アマチュアスポーツ以外に利用する場合

笠松運動公園陸上競技場

 

 

 

 

笠松運動公園屋内水泳プール兼アイススケート場

 

 

 

 

浴室

 

 

 

 

温水シャワー室

 

 

 

 

ピアノ

 

 

 

 

照明使用電力

笠松運動公園陸上競技場の照明施設の全部を使用する場合

 

 

 

 

笠松運動公園陸上競技場の照明施設の3分の2を使用する場合

 

 

 

 

その他

 

冷暖房料

 

コインロッカー

1回につき

ヘアドライヤー

1回(3分間)につき

温水シャワー

1回(5分間)につき

スケート靴

1回につき

 備考

  1 この表は,条例別表第3 (2) 有料公園施設を利用する場合 ア 普通利用料金 その2の備考2により団体利用料金の適用を受ける団体又は個人に適用する。

  2 やむを得ない理由により許可利用時間を超えて利用するとき,又はこの表の時間区分の欄に掲げる時間の区分によらないで利用するときは,その超える時間又は利用時間について,この表の「1時間までごとに」の欄に掲げる金額による利用料金を徴収する。

  3 利用時間が許可利用時間に満たない場合は,時間割計算は行わない。

  4 浴室又は温水シャワー室を利用する場合において,1団体の利用人員が50人を超えるときは,その超える人員について1人につき20円を加算する。

  5 「照明使用電力」の項は,会議室,体育館,テニスコート,堀原運動公園の武道館大道場,笠松運動公園の陸上競技場及び屋内水泳プール兼アイススケート場,砂沼広域公園の多目的広場,並びに洞峰公園の屋内水泳プールに限り適用する。

  6 「冷暖房料」の項は,堀原運動公園の武道館及び洞峰公園の体育館に限り適用する。

様式第18号の3(第13条の5)
(平17規則81・追加)

利用料金減免申請書

年  月  日 

 

             殿

 

住所     

市     町

郡     村

     番地

氏名印                      

 

 

法人にあつては,その名称及び代表者の氏名

 

都市公園名

許可を受けようとする施設若しくは物件の種類又は名称

利用料金の額

減免(免除)申請額

申請の理由

減免(免除)の対象となる人員

 注 自筆による署名をする場合は,押印を省略することができる。

様式第18号の4(第13条の7)
(平17規則81・追加)

利用料金返還申請書

年  月  日 

 

             殿

 

住所     

市     町

郡     村

     番地

氏名印                      

 

 

法人にあつては,その名称及び代表者の氏名

 

都市公園名

許可を受けた施設若しくは物件の種類又は名称

許可を受けた年月日及び番号

納付した利用料金の額

返還申請額

申請の理由

 注 自筆による署名をする場合は,押印を省略することができる。

様式第19号(第14条第1項)
(平16規則62・全改,平17規則81・旧様式第20号繰上・一部改正,平18規則85・一部改正)

 3,300円券,6,000円券及び13,000円券

 (おもて)

 

5.35センチメートル

 

 

 

*この面を上にして挿入して下さい。

茨城県洞峰公園

   イメージ 

8.55センチメートル

 

 (うら)

茨城県洞峰公園

プリペイドカード(屋内水泳プール・駐車場)

1 本券は,屋内水泳プールの自動券売機及び駐車場の自動精算機で使用できます。

2 本券で屋内水泳プールに入場することはできません。屋内水泳プールを利用する場合には,本券により自動券売機で入場券を購入してください。

3 駐車場を利用する場合には,自動精算機に駐車券を挿入した後,プリペイドカード専用口に本券を挿入してください。

4 本券を使用した後の残額が表示されます。

5 本券を使用した後の残額が0円又は利用金額に満たない額となつた場合には,不足分を現金で支払うか,自動券売機で本券に金額を加算して御利用ください。

6 本券を折り曲げたり,磁気に近づけたり,直射日光に長時間当てたりすると使用できなくなることがあります。

7 本券を使用できなくなつた場合又は本券を紛失した場合における再発行はできません。

8 本券の払戻しはできません。

   発行者

5.35センチメートル

8.55センチメートル

 

様式第20号(第14条第2項)
(平17規則81・追加)

 (1) 6,000円券

NO.

8.56センチメートル

 

茨城県笠松運動公園屋内水泳プール兼アイススケート場利用料金プリペイドカード(6,000円券)

 

1 本券は,笠松運動公園屋内水泳プール兼アイススケート場の自動券売機及び自動精算機で使用できます。

2 本券で入場することはできません。自動券売機で入場券を購入してください。

3 本券の未使用残高は,自動券売機及び自動精算機に表示されます。

4 本券を折り曲げたり,磁気に近づけたり,直射日光に長時間当てたりすると使用できなくなることがあります。

5 本券を使用できなくなつた場合又は本券を紛失した場合における再発行はできません。

6 未使用残高の払戻しはできません。

 発行者

5.4センチメートル

 

 

 (2) 13,000円券

NO.

8.56センチメートル

 

茨城県笠松運動公園屋内水泳プール兼アイススケート場利用料金プリペイドカード(13,000円券)

 

1 本券は,笠松運動公園屋内水泳プール兼アイススケート場の自動券売機及び自動精算機で使用できます。

2 本券で入場することはできません。自動券売機で入場券を購入してください。

3 本券の未使用残高は,自動券売機及び自動精算機に表示されます。

4 本券を折り曲げたり,磁気に近づけたり,直射日光に長時間当てたりすると使用できなくなることがあります。

5 本券を使用できなくなつた場合又は本券を紛失した場合における再発行はできません。

6 未使用残高の払戻しはできません。

 発行者

5.4センチメートル