ホーム > 茨城を楽しむ > 観光情報 > ジオパーク > 逆川緑地ジオツアー~夏の湧水地を歩こう~

ここから本文です。

更新日:2017年7月31日

逆川緑地ジオツアー~夏の湧水地を歩こう~

徳川光圀公が下市の町民や農民のために敷設した笠原水道。今も痕跡が残っています。

先日、ブラタモリでも取り上げられたばかり。光圀公の足跡に思いをはせながら、笠原水道をたどり、逆川の不思議にせまってみませんか?インタープリター(ガイド)が一緒に地形や地質を見ながら案内します。

ふだん、何気なく歩いている場所が、きっといつもとちがって見えてくるでしょう!

逆川緑地ジオツアー~夏の湧水地を歩こう~(PDF:207KB)

逆川緑地ジオツアー

ツアー概要

【日時】平成29年8月20日(日曜日)

【集合】史跡笠原水源9時00分

【駐車場】笠原水源水神橋付近(15台)、塩橋付近(8台)、小門橋付近31台(スタッフはここに駐車)

【バス】水戸駅北口8番乗場(関東鉄道バス)

(水戸駅-偕楽園偕楽園(バス)行)

水戸駅北口7時50分発→メディカルセンター前8時03分着

(水戸駅-偕楽園偕楽園(バス)行)

水戸駅北口8時08分発→メディカルセンター前8時21分着

メディカルセンター前バス停から集合場所まで徒歩8分

【解散】13時00分頃

【定員】30名(定員になり次第〆切)

【参加費】1,200円(昼食代、保険料、資料代などを含む)

【申し込み】平成29年8月14日(月曜日)までに、茨城県北ジオパークホームページの申込フォームから申し込む(外部サイトへリンク)

【コース】約3.0km全行程徒歩

史跡笠原水源~水戸神社~水神橋~塩橋付近~漱石所跡~笠原水道遺構~小門橋付近~ふれあい橋~笠原水源

【催行判断】少雨決行中止の場合、当日7時00分に判断

【持ち物】飲料、筆記用具など

【服装】歩きやすい靴、脱着しやすい服装

【問い合わせ】茨城県北ジオパーク推進協議会事務局 武田

電話:029-228-8825

mail:geopark@ml.ibaraki.ac.jp

※8月10日以降は、080-1040-2230(飯塚)

【企画・催行】茨城県北ジオパーク・ジオネット水戸・大洗

【後援】茨城県、水戸市、常陽銀行、筑波銀行、水戸観光コンベンション協会

千波湖ジオサイト

ジオサイトとは、ジオパークを特徴づける地質や地形を景観として楽しむことができる場所です。

茨城県北ジオパークには、袋田の滝、八溝山、五浦海岸、北茨城・常磐炭田、日立、平磯海岸、常陸太田、大宮段丘、東海村、花貫渓谷、大洗海岸といったジオサイトがあり、水戸・千波湖はこれらの入り口にあたるジオサイトです。

千波湖はどのように形作られたのでしょう。
千波湖の畔に縄文時代の貝塚があるのはなぜでしょうか。
水戸の街はどうして凸凹しているでしょう。

その答えは私たちが慣れ親しんだ千波湖畔の風景の中から見つけ出すことができます。

水戸・千波湖ジオサイトは今までジオに馴染みの薄い方でも楽しむことができる、まさに県北ジオパークの入り口に相応しいジオサイトです。

 

茨城県北ジオパークホームページ

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

茨城県北ジオパーク推進協議会事務局

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?