ホーム > 茨城で暮らす > 防災 > 防災・危機管理情報 > 新型コロナウイルス感染症(COVID-19) > 「緊急事態措置等の強化・緩和に関する判断指標」の考え方

ここから本文です。

更新日:2021年2月5日

「緊急事態措置等の強化・緩和に関する判断指標」の考え方

(令和3年2月5日改定)

①~④の4つの指標は、①と②を単日、③と④を直近1週間の平均値で算出しています。

毎日、夕方6時までに判明しているデータに基づき、指標の数値を更新します。

(例)③と④の2月5日更新分:1月30日~2月5日の平均値

判断指標の基準

緊急事態措置等の強化・緩和に関する判断指標

県内の医療提供体制

①病床稼働数

県入院調整本部で把握する病床稼働数です。

入院医療などの医療提供体制に過度な影響を及ぼさない410床を基準として、「410×一定の稼働率(※)」で設定しています。

ただし、Stage1は感染症指定医療機関の感染症病床数67床を基準として設定しています。

※稼働率:Stage4 70%超、Stage3 70%以下、Stage2 45%以下

②重症病床稼働数

県入院調整本部で把握する重症病床稼働数です。

410床の10%の40床を基準として、「40×一定の稼働率(※)」で設定しています。

ただし、Stage1は感染症指定医療機関のうち重症病床を有する病院に各1床確保した病床数7床を基準として設定しています。

※稼働率:Stage4 60%超、Stage3 60%以下、Stage2 30%以下

県内の感染状況

③1日当たりの新規陽性者数

県(水戸市を含む)で発表する陽性者の直近1週間の平均値です。

「指標①の基準÷入院期間÷入院率」で設定しています。

〔仮定〕入院率25%、入院期間12日

④陽性者のうち、濃厚接触者以外の数

県(水戸市を含む)で発表する陽性者のうち、「濃厚接触者(※)」を除いた陽性者の直近1週間の平均値です。

陽性者の6割については、感染経路を推定できているとして設定します。

※濃厚接触者:家族や知人などからの感染の可能性が高い方、クラスターに関係する方

 

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部感染症対策課感染症企画調整室

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3200

FAX番号:029-301-3239

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?