ホーム > 茨城を知る > 県のご案内 > 知事のページ > 知事記者会見録 > 2021年分 > 県立高校入学者選抜学力検査の採点ミスに係る知事記者会見における発言要旨210322

ここから本文です。

更新日:2021年3月22日

 

 県立高校入学者選抜学力検査の採点ミスに係る知事記者会見における知事発言要旨210322

知事記者会見の動画は,こちらから視聴いただくことができます。 

いばキラ(外部サイトへリンク)

※配布資料(PDF:118KB)

(作成:報道・広聴課)
令和3年3月22日(月
曜日)
17時30分~18時04分 会見室

 知事からの発表内容

 令和3年度の茨城県立高等学校入学者選抜で、3月3日に実施した学力検査において、牛久栄進高校で採点ミスがありましたので、全県立高校に対して、全受検者の解答用紙の再点検を指示しておりました。

 その結果がまとまったので、お知らせをいたしたいと思います。

 まず第一に、再点検の結果、学力検査実施93校のうち53校、408件の採点に誤りがあることが判明いたしました。そのうち、合否判定に影響があったのは3件、既にお知らせしました牛久栄進高校の他に、境高校、取手第一高校でも、受検者各1名について、本来合格とすべきところを不合格としていたことが判明いたしました。

 合格に影響がありました境高校、取手第一高校については、3月19日に、当該受検者保護者へ今回の採点ミスについて謝罪をするとともに、追加合格者として認めることをお伝えしたところでございます。

 教育長からは、3月18日に、県立中学校、中等教育学校に、適性検査解答用紙の一斉点検を指示し、さらに19日に、昨年度の県立高校学力検査、中学・中等教育学校適性検査解答用紙の一斉点検についても指示をしております。

 今後、その結果も踏まえて、関係者の処分、さらに再発防止策を早急に検討してまいりたいと考えております。

 この採点の誤りによりまして、結果として3人の方に本来合格とすべき受検者を不合格としてしまったという、あってはならない事態を起こしてしまいました。入学者選抜は、公正かつ厳正に行わなければならないと。採点の誤りがあり、受検者を初めとして保護者や中学校関係者、さらに、県民の皆様の信頼を損ねることとなったことは誠に申しわけなく、一切の弁解の余地はない事態であると認識しております。重く受け止めております。

 今後、皆様からの信頼を回復するため、このたびの事態を徹底的に検証し、早急に再発防止策を検討、策定して、来年度の入学者選抜に反映していきたいと思います。

 県民の皆様には、多大なご迷惑をおかけしましたことを、改めて心からお詫び申し上げます。

 私の方からは、発表は以上です。詳細につきましては、教育長の方から、質疑等についてはお答えしたいと思います。

▲ページの先頭へ

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

総務部知事公室報道・広聴課報道

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2118

FAX番号:029-301-6330

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?