ホーム > 広報・お知らせ > くらしのQ&A > まちづくり > 土地・建物 > 住宅金融支援機構の融資を受けるには

ここから本文です。

更新日:2015年4月1日

住宅金融支援機構の融資を受けるには

住宅金融支援機構の融資には、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携する長期固定金利ローン(フラット35)等の民間融資と、「住宅金融支援機構直接融資」等の公的融資があります。

1)フラット35

フラット35は、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携した「長期固定金利」の住宅ローンです。
最高8,000万円まで借り入れができ、建設費(建築に付随して取得した土地の購入費も含められます。)または、購入価額が1億円以下の新築住宅、中古住宅が対象となります。

融資額

100万円以上8,000万円以下で、建設費又は購入価額(非住宅部分に関するものを除く)の90パーセント以内(1万円単位)

融資金利

全期間固定金利(資金受取時の金利が適用されます。)

利用できる人

  • 申込み時の年齢が原則として満70歳未満の方
  • フラット35とその他の借入れを合わせた全ての借入れの年間返済額が、年収に対して次の基準を満たしている方等
年収 400万円未満 400万円以上
基準 30パーセント以下 35パーセント以下

融資対象となる住宅

【戸建て住宅】床面積70平方メートル以上

【共同住宅】床面積30平方メートル以上

  • 住宅の耐久性などについて住宅金融支援機構が定めた技術基準に適合する住宅
  • 建設費又は購入価額が1億円以下の住宅等

くわしくは、フラット35ホームページ(外部サイトへリンク)またはお客様コールセンター(電話:0120-0860-35)へ

2)住宅金融支援機構直接融資

融資の対象となるものが限られます。財形住宅融資、リフォーム融資(高齢者向け返済特例制度・耐震改修工事)、災害の被災者向け住宅融資、まちづくり融資(マンション建替えなど)等があります。

くわしくは、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)ホームページ(外部サイトへリンク)

このページに関するお問い合わせ

土木部住宅課民間住宅・住宅指導

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-4759

FAX番号:029-301-4779

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?