ここから本文です。

更新日:2016年12月7日

建築士になるには

一定規模以上の建築物の設計、工事監理をするには建築士の資格が必要です。
建築士には一級建築士、二級建築士及び木造建築士がありますが、それぞれ一級、二級又は木造建築士試験に合格し、免許を受けなければなりません。建築士の資格試験は次のとおりです。

一級建築士試験

毎年1回,国の指定試験機関である公益財団法人建築技術教育普及センターが実施します。実施の時期は官報で公告されます。

受験資格

  1. 学校教育法(昭和二十二年法律第二十六号)による大学(短期大学を除く。)又は旧大学令(大正七年勅令第三百八十八号)による大学において、国土交通大臣の指定する建築に関する科目を修めて卒業した者であって、その卒業後建築に関する実務として国土交通省令で定めるもの(以下「建築実務」という。)の経験を二年以上有する者
  2. 学校教育法による短期大学(修業年限が三年であるものに限る。)において、国土交通大臣の指定する建築に関する科目を修めて卒業した者(夜間において授業を行う課程を修めて卒業した者を除く。)であって、その卒業後建築実務の経験を三年以上有する者
  3. 学校教育法による短期大学若しくは高等専門学校又は旧専門学校令(明治三十六年勅令第六十一号)による専門学校において、国土交通大臣の指定する建築に関する科目を修めて卒業した者であって、その卒業後建築実務の経験を四年以上有する者(1、2に掲げる者を除く。)
  4. 二級建築士として設計その他の国土交通省令で定める実務の経験を四年以上有する者
  5. 国土交通大臣が1~4に掲げる者と同等以上の知識及び技能を有すると認める者

試験内容

建築計画、建築環境・設備、建築法規、建築構造、建築施工についての学科試験、建築設計製図(学科の試験に合格した者が受験できます)の実技試験です。

試験日

毎年1回7月頃実施

試験申込先

一般財団法人茨城県建築士会(電話029-305-0329)

〒310-0852戸市笠原町978-30築会館2階

二級及び木造建築士試験

毎年1回、県の指定試験機関である公益財団法人建築技術教育普及センターが実施します。実施の時期は県報で公告します。

受験資格

  1. 学校教育法による大学若しくは高等専門学校、旧大学令による大学又は旧専門学校令による専門学校において、国土交通大臣の指定する建築に関する科目を修めて卒業した者
  2. 学校教育法による高等学校若しくは中等教育学校又は旧中等学校令(昭和十八年勅令第三十六号)による中等学校において、国土交通大臣の指定する建築に関する科目を修めて卒業した者であって、その卒業後建築実務の経験を三年以上有する者
  3. 都道府県知事が、1、2に掲げる者と同等以上の知識及び技能を有すると認める者
  4. 建築実務の経験を七年以上有する者

試験内容

建築計画、建築法規、建築構造、建築施工についての学科試験、建築設計製図(学科の試験に合格した者が受験できます)の実技試験です。

試験日

毎年1回7月ごろ実施

試験申込先

一般社団法人茨城県建築士会(電話029-305-0329)
(〒310-0852戸市笠原町978-30築会館2階)

このページに関するお問い合わせ

土木部建築指導課監察・免許

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-4722

FAX番号:029-301-4739

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?