ホーム > 広報・お知らせ > 広報 > 旬の観光情報 > いばらきの冬の味覚・あんこう特集

ここから本文です。

更新日:2019年11月6日

いばらきの冬の味覚・あんこう特集

鍋料理が恋しいシーズン到来…今年は贅沢に“あんこう”を!

冬の風物詩、あんこう

“西のふぐ・東のあんこう”と並び称される「あんこう」は、いばらきを代表する冬の味覚です。

いばらきでは11月~3月があんこうのシーズン。県内各地であんこう料理が楽しめます。見かけはギョッとするようなルックスのあんこうですが、その味は淡白でコラーゲンたっぷり。身は脂肪が少なく、低カロリーなため、女性にもたいへん人気です。

あんこうは「食べられない所が無い」と言われるように、骨以外は全て食べることができる魚です。「肝・胃・皮・ひれ・えら・卵巣・身」は、「あんこうの七つ道具」と呼ばれ、それぞれの風味や食感などを活かした料理に使用されます。あんこう鍋は、これらの「七つ道具」すべてを一度に味わうことができ、それぞれの部位の食感の違いを楽しむことができる料理。そのほかにも、生のあん肝を鍋で乾煎りして煮込む「どぶ汁」や、あんこうのから揚げ、湯引きした七つ道具を酢味噌でいただく「供酢」など、あんこうの楽しみ方は無限大です!

 

漁師飯がルーツ!?「どぶ汁」とは?
どぶ汁は北茨城市の郷土料理で、そのルーツは冬に漁師たちの知恵で食したのがルーツ。あん肝をふんだんに使い、水は使わず、あんこうと野菜から出た水分と味噌だけで作るシンプルだけど大変濃厚な料理です。

 

 

茨城の冬の風物詩!
伝統の技・あんこうの吊るし切り

あんこうは、体重の約8割が水分で、全身が軟らかく表面のぬめりが強いため、まな板の上に置いても安定せずに滑ってしまいます。そのため考案されたのが、あんこうを吊るして、回転させながらさばく「吊るし切り」という伝統的な解体法です。大きな鉤(かぎ)に口をひっかけ、エラとヒレを外してから口の周りに切れ込みを入れて皮をはがした後、内臓や身を外していく「吊るし切り」の様子は、迫力満点です。

現在では吊るし切りは観光客向けにショーとして行われています。

 

 

あんこうへの情熱!珍しいあんこう料理

いばらきには「あんこう料理」の可能性を追求する拠点があります!
まるみつ旅館「あんこう研究所」北茨城市平潟港

あんこうの新たな可能性を追求するため、あんこうの新たなレシピ作りに取り組んでいるのが、北茨城市にある「あんこう研究所」です。2015年のオープン以来、あんこうのから揚げ、あんこうメンチカツ、あんこうバーガー、あんこうラーメンと多彩なメニューを開発してきました。さらに美味しさへの追求だけにとどまらず、あんこうのコラーゲンに着目し、美容と健康を考慮した商品の開発も手掛けています。


あんこう研究所

「あんこう研究所」は、あんこうの宿として人気を集める「まるみつ旅館」の向かい側にあり、まるみつ旅館が運営しています。社長によると、「あんこうの活用法を考える中で、豊富なコラーゲンを取り出して使えないか」と考案。あんこうを捌いた後に残る骨からコラーゲンを抽出し、なんと「あんこうのコラーゲン風呂」といったアイデアを実現したそうです。さらに、あんこうの骨は肥料としても活用するなど、余すところなく活用しています。


女性に人気!まるみつ旅館のぷるっぷるコラーゲン風呂

研究所の1階は、あんこうを使った商品やグッズが並ぶショップ。2階はレストランになっていて、数々のあんこうグルメを食べることができます。大人気の「あん肝ラーメン」は、2017年に鍋-1グランプリで優勝したあんこう鍋のスープを使っています。

また、あんこう研究所では、あんこう吊るし切りの文化を守り伝えるため、見学や体験、さらには習得まで可能です(要予約)。


あん肝ラーメン


あんこうメンチカツを挟んだあんこうバーガー

 

あんこうの宿まるみつ旅館(外部サイトへリンク)

住所:北茨城市平潟町235

電話番号:0293-46-0569

アクセス:
【電車】JR常磐線「大津港駅」より車で約5分
【車】常磐自動車道北茨城ICより約15分

※あんこう研究所の営業については、まるみつ旅館へお問合わせください。

 

 

珍しいあんこうグルメ

秀寿司の「鮟鱇押し寿司」

秀寿司オリジナルのあんこう押し寿司は食べやすさにこだわった他にはない一品。木型にあん肝、身、水袋(胃)、皮、ご飯を詰めて型押し。最後にアンコウだしを使った醤油ダレをかけて、上に柚子を載せていただきます!

秀寿司

住所:北茨城市磯原町本町1-3-1

電話番号:0293-42-0671

営業時間:11時00分~14時00分/16時00分~22時00分曜定休

アクセス:
【電車】JR常磐線「磯原駅」東口より徒歩3分
【車】常磐自動車道北茨城ICより約5分

 

山翠の「あんこうの柳焼き」

あんこうで一番美味しいとされているのが頬肉。
頭から全部を贅沢に焼いた「あんこうの柳焼き」は、山翠のオリジナルメニューです。テーブルに運ばれたときの衝撃はここでしか体験できません!もちろん味も抜群です!

山翠(外部サイトへリンク)

住所:水戸市泉町2-2-40

電話番号:029-221-3617

営業時間:11時00分~14時30分/17時00分~21時00分曜定休

アクセス:
【電車】JR常磐線「水戸駅」北口より徒歩15分
【車】常磐自動車道水戸ICより約15分

 

 

茨城県のあんこうイベント

あんこうの街・北茨城に全国各地の「あんこう料理」が集結!
第6回全国あんこうサミット2020年1月26日(日曜日)

あんこうサミットは、全国各地で食されているあんこう料理を一堂に集め、あんこうの美味しさ、素晴らしさを全国に発信することがテーマ。震災からの復興に向けた取り組みのひとつとして、2014年から「あんこうどぶ汁」発祥の地である北茨城市が開催するイベントです。

当日は全国各地のあんこう料理を使ったPRをステージや販売ブースにて行います。その他、市内外の各種団体による特産品販売など、全国から「うまいもん」が集います。

日時:2020年1月26日(日曜日)9時30分~15時00分

会場:北茨城市漁業歴史資料館よう・そろー(北茨城市関南町仁井田789)

主催:全国あんこうサミット実行委員会

アクセス:
【電車】JR常磐線「大津港駅」より車で約5分
【車】常磐自動車道北茨城ICより約15分

北茨城市観光協会(外部サイトへリンク)

問合せ

北茨城市商工観光課
電話番号:0293-43-1111

 

このページに関するお問い合わせ

営業戦略部プロモーションチーム_

電話番号:029-301-2123

FAX番号:029-301-2168

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?