ホーム > 広報・お知らせ > 広報 > 旬の観光情報 > いばらきの“野菜”特集!

ここから本文です。

更新日:2021年8月31日

いばらきの“野菜”特集!

8月31日は“や・さ・いの日”!今が旬、これからが旬の野菜を一挙ご紹介!

自然豊かな茨城県は、年間を通して様々な野菜を生産している“農業王国”です。
今回は、8月31日の“やさいの日”にちなんで、茨城県が誇るおいしい野菜の中から、今が旬、これからが旬の野菜を一挙ご紹介します!

パプ王

パプ王

出荷ピーク:~9月

【主な生産地】鉾田市

【JA茨城旭村】電話番号:0291-37-1661

みずみずしさバツグンのいばらきブランド!

パプリカはとても繊細で、外気が18℃以上30℃以下でなければ栽培が困難で、海風の影響で夏涼しく、冬暖かい鉾田市は、パプリカ栽培に最適な場所です。
JA茨城旭村の蔬菜(そさい)部会は、この恵まれた環境を活かし2005年よりパプリカの栽培をスタート。
2009年には「パプリカの王様」という意味を込めて「パプ王」を商標登録しました。
パプ王は甘味が強く、サラダや炒め物だけでなく、スムージーにしてもおいしいと評判です。

JA茨城旭村パプリカ部部長石崎さん

あまエル、ちゅう太郎

あまエル
▲あまエル

出荷ピーク:9月~

【主な生産地】鉾田市

【JAほこた】電話番号:0291-36-2515

 

産地こだわりの高品質オリジナルトマト!

「あまエル」(写真左)は、高品質なトマトの産地として知られる鉾田市が誇る大人気のミニトマトです。
ネーミングは「甘くてLサイズ」から付けられました。
糖度基準を設けており、甘みのある濃い味が特長です。

「ちゅう太郎」(写真下)は、酸味と甘味のバランスが絶妙の中玉トマト。
畑で行う糖度検査と味の確認により、優れたものだけを出荷しています。

ちゅう太郎
▲ちゅう太郎

奥久慈なす

奥久慈なす

出荷ピーク:~10月

【主な生産地】
常陸太田市、ひたちなか市、常陸大宮市、那珂市、大子町

【JA常陸営農企画課】電話番号:0294-87-6818

黒いダイヤのような美しいツヤが品質の証!

奥久慈地域で生産される「奥久慈なす」は、フルーティで甘味のある味わいと、皮が柔らかく身が締まっているのが特長です。
「煮て良し」、「焼いて良し」、「炒めて良し」、そして「漬けて良し」となんでも良しの万能食材です。
畜産が盛んな土地柄を生かし、土作りには、1年以上熟成させた良質な牛糞たい肥などの有機質肥料を使用しています。
太陽の光がたっぷり当たるように枝をV字に剪定することで、皮が“黒いダイヤ”のようなツヤのある色に仕上がります。
6月から10月にかけて露地ものが出荷されます。

 

惚(ほ)ろにがうり

惚ろにがうり

出荷ピーク:~9月

【主な生産地】古河市

【JA茨城むつみ】電話番号:0280-76-1717

一度食べたらクセになる“ほろにが”な苦みが“うり”!

実全体が光沢のある鮮やかな緑色で、他産地のものと比べて食べたあとにほろっと苦みが出てくる“ほろにが”な味わいが特長の「惚ろにがうり」。
一度食べるとクセになるこの苦みは、実の成長期に与える水分量を増減して調整しています。
実の形にもこだわり、「スマート」と呼ばれる成形具を使用して、料理に使いやすいようにまっすぐな形に仕上げています。
枝の剪定、肥料、病害虫駆除などを生産者全員で検討しながら、厳格な品質管理のもと出荷されています。

千石(せんごく)きゅうり

千石きゅうり

出荷ピーク:10月

【主な生産地】常総市、下妻市

【JA常総ひかり】電話番号:0296-48-0713

朝どりの新鮮さと品質にこだわったきゅうり!

表面は濃い緑色で美しい光沢があり、皮が柔らかくてみずみずしく、心地よい食感の「千石きゅうり」。
「千石」の由来は、産地である旧千代川村(現下妻市)と旧石下町(現常総市)の頭文字をとって付けられました。
鮮度維持のため収穫は毎日早朝から行われ、1本ずつ丁寧に選果、選別、箱詰めされます。
また規格・品質が産地全体で統一されるように、定期的に生産者などが集まりチェックを行っています。

さつまいも

さつまいも

出荷ピーク:10月~

【主な生産地】
鉾田市、行方市、ひたちなか市、大洗町

【JAなめがたしおさい】電話番号:0299-72-1880
【JA茨城旭村】電話番号:0291-37-1661
【JAほこた】0電話番号:291-36-2515
【JA常陸】電話番号:029-229-1126

さつまいもの栽培面積・生産量ともに全国第2位!
【令和元年:農林水産省「作物統計」】より。

県内では年間を通して様々な品種のさつまいもが栽培され、時期ごとに食べごろのさつまいもが出荷されています。
「べにはるか」(写真下)は、紅色の外観と優しい甘味が特長です。
掘り取った直後のものでも、しっとりとした食感の焼き芋ができ、麦芽糖が他のさつまいもより豊富なため、水飴のような強い甘さを楽しめます。

べにはるか
▲べにはるか

原木しいたけ

原木しいたけ

出荷ピーク:10月~

農事組合法人森のめぐみ】
電話番号:029-896-6431

山のアワビともいわれる歯ごたえ・豊かな香り・栄養満点!

クヌギやコナラの原木を使った「原木しいたけ」の栽培が行われています。
「原木しいたけ」の魅力は、肉厚で山のアワビと呼ばれるような歯ごたえと、香りや風味がとても豊かなことです。
ビタミンDや食物繊維が豊富。
さらに、他のきのこ類にはない“エリタデニン”という成分が含まれ、コレステロール値を下げるとともに、血流をスムーズにして血圧を降下させる働きがあることが明らかになっています。

レタス

レタス

出荷ピーク:10月~

【主な生産地】
坂東市、古河市、境町、結城市、八千代町、常総市

【JA岩井】0297-35-8861
【JA北つくば】0296-54-4831
【JA常総ひかり】0296-48-0713
【JA茨城むつみ】0280-87-2116

茨城県は生産量が全国第1位の“レタス王国”です!
【令和元年:農林水産省「作物統計」】より。

春・冬レタスの生産量全国1位を誇り、特に県西地域で栽培が盛んです。
有機質肥料を使うなど土づくりにこだわり、徹底した栽培管理で高品質のレタス作りを追求しています。
収穫直後に5℃前後まで冷やし、鮮度を保ったまま出荷するのも、こだわりのひとつです。
品質・おいしさ・新鮮さともに100点満点。
甘くて、みずみずしく、歯ざわりが良いと大評判です。

 

 

このページに関するお問い合わせ

営業戦略部プロモーションチーム_

電話番号:029-301-2123

FAX番号:029-301-2168

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?