ホーム > 広報・お知らせ > 広報 > 旬の観光情報 > “赤色・黄色いばらき”特集!

ここから本文です。

更新日:2021年11月10日

“赤色・黄色いばらき”特集!

燃えるような赤、光かがやく黄!紅葉シーズン到来!

いよいよ紅葉シーズン到来!
自然に恵まれたいばらきには、おすすめの紅葉スポットがたくさんあります。
今回のニュースレターは、燃えるような真っ赤な「もみじ」と光かがやく黄色の「いちょう」の名所をセレクトしました。
絵画のような色鮮やかな紅葉を見つけに行きませんか?

JR水郡線(奥久慈清流ライン)

約1年半ぶりに全線で運転再開!車窓から眺める紅葉は絶景です!

JR水郡線奥久慈清流ライン

紅葉の山々の間を走行するカラフルな車体は、
写真映え間違いなし。

「奥久慈清流ライン」の愛称を持つJR水郡線は、茨城県の県都「水戸」と福島県の「郡山」を結ぶ鉄道です。
今年3月、袋田駅-常陸大子駅間の復旧により、全線で運転再開しました。
水戸駅を出発すると、久慈川の清流に寄り添うように北上し、奥久慈の自然が織りなす美しい風景を車窓から眺望できます。
“袋田の滝“にアクセス可能な「袋田駅」、奥久慈の奇峰と呼ばれる”男体山”にアクセス可能な「西金駅」、“竜神大吊橋“にアクセス可能な「常陸太田駅」など、紅葉スポットの名所を経由しています。

袋田の滝/大子町【例年の見ごろ】11月上旬~11月中旬

春夏秋冬、あざやかな季節の色彩に抱かれる名瀑

袋田の滝

極彩色に色づいたモミジやカエデと、
純白の瀑布が織りなすコントラストが美しい。

袋田の滝は日本三名瀑のひとつに数えられ、落差120メートル、幅73メートルの大きさを誇ります。
大自然の色彩に囲まれ四季折々に変わる滝の姿は美しく見ごたえ充分。
秋が深まるにつれ、モノトーンの岩壁を色とりどりの紅葉が染める風景は、まるで絵画のようです。
毎年恒例、雄大に落ちる滝の流れが幻想的にライトアップされるイベント「大子来人~ダイゴライト~」は、2021年10月30日(土曜日)~2022年1月31日(月曜日)まで開催されます。

【所在地】久慈郡大子町袋田

【お問い合わせ】大子町観光協会/電話番号:0295-72-0285

【HP】http://www.daigo-kanko.jp/(外部サイトへリンク)

竜神峡・竜神大吊橋/常陸太田市【例年の見ごろ】11月中旬~11月下旬

11月13日の県民の日は渡橋料が無料!

竜神峡・竜神大吊橋

竜神峡は、奥久慈県立自然公園に位置し、竜神川の浸食によって形成されたV字形の美しい渓谷です。
周辺のハイキングコース、キャンプ場、カヌー場などを利用して、大自然に溶け込みながら渓谷の美しさを満喫できます。
竜神大吊橋は、竜神川をせき止めて作られた竜神ダムの上にかけられた国内最大級の歩行者専用橋(有料)です。
橋長375m、ダム湖面からの高さは100mあり、橋の上からは絶景パノラマが眺望できるほか、雄大な大自然の中にジャンプする竜神バンジー(有料)もできます。

竜神大吊橋

【所在地】常陸太田市天下野町2133-6

【お問い合わせ】水府物産センター/電話番号:0294-87-0375

【HP】https://ohtsuribashi.ryujinkyo.jp(外部サイトへリンク)/

花貫渓谷/高萩市【例年の見ごろ】11月上旬~11月下旬

今年の「紅葉まつり」は11月6日~11月28日まで開催!

花貫渓谷 名馬里ケ淵(なめりがふち)から小滝沢キャンプ場までの花貫渓谷は、大小さまざまな淵と滝が連なり、四季折々の渓谷の自然を楽しむことができます。
渓谷にかかる汐見滝吊り橋からの眺めはすばらしく、特に秋は、川沿いに生い茂る木々の枝が左右からせり出し、華やかな紅葉と花貫川の清流や汐見滝も楽しめます。
今年は、花貫駐車場の紅葉スポットにインスタ映えの「ラブベンチ」が設置されます。
※今年のライトアップは中止。キャンプ場は閉鎖中です。

【所在地】高萩市/中戸川・大能地区

【お問い合わせ】高萩市観光協会/電話番号:0293-23-2121

【HP】http://www.takahagi-kanko.jp/page/page000028.html(外部サイトへリンク)

高萩茶寮

高萩茶寮

県指定文化財「穂積家住宅」を活用した古民家レストラン「高萩茶寮」が、2021年10月30日(土曜日)~12月19日(日曜日)まで期間限定でオープン。
花貫渓谷まで車で約15分です。

【所在地】高萩市上手綱2337-1

【お問い合わせ】電話番号:070-4366-2307

【HP】https://www.takahagi-saryo.com/(外部サイトへリンク)

稲田禅房西念寺/笠間市【例年の見ごろ】11月上旬~11月下旬

親鸞聖人のお手植えとされるお葉付き銀杏の黄葉

稲田禅房西念寺 「稲田御坊(いなだごぼう)」の名前で親しまれている稲田禅房西念寺。
親鸞が「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」を書き進めた稲田草庵がここにあったとされ、浄土真宗発祥の地として多くの人が訪れます。
親鸞が稲田に草庵を結んだ頃に植えられたと言い伝えられている「お葉付き銀杏」は、県の天然記念物になっていて、秋になると巨木が黄葉し、境内に黄金色の風景が広がります。
今年は、毎年恒例のイベント「銀杏フェスト」は開催中止となっていますが、境内で黄葉は楽しめます。

【所在地】笠間市稲田469

【HP】https://www.inadagobo.org(外部サイトへリンク)

 

【お問い合わせ】笠間観光協会/電話番号:0296-72-9222

【HP】http://www.kasama-kankou.jp/index.html(外部サイトへリンク)

筑波山/つくば市【例年の見ごろ】11月上旬~11月中旬

秋の闇夜に浮かぶ、幻想的なもみじの輝きを楽しめます!

筑波山 日本百名山に数えられる筑波山は、古くから「西の富士、東の筑波」と称され、朝夕に山肌の色を変えるところから「紫峰」とも呼ばれている名峰です。
5つの登山コースがあるほか、ケーブルカーやロープウェイを使えば簡単に山頂にたどり着くことができ、関東一円におよぶ眺望を楽しめます。
今年の、筑波山ケーブルカー「ナイトクルージング&もみじライトアップ」は、10月30日(土曜日)~12月5日(日曜日)までの土日祝日、および11月20日(土曜日)~11月28日(日曜日)は毎日開催されます。
(※雨天時は運行中止)

【所在地】つくば市筑波1番地

【お問い合わせ】筑波山観光案内所/電話番号:029-866-1616

【HP】http://www.ttca.jp/(外部サイトへリンク)

西蓮寺/行方市【例年の見ごろ】11月上旬~11月下旬

時を超えて黄金の輝きを放つ樹齢1,000年以上の大銀杏

西蓮寺 天台宗の西蓮寺(さいれんじ)は、延暦元年(782年)創建と伝えられる古刹で、数多くの文化財を有しています。
国の重要文化財に指定されている「仁王門」は、天文12年(1543年)に楼門として建立されましたが、その後山門に造り替えられ、さらに仁王門に改めて現在に至っています。
その境内にあってひときわ目を引く2本の大銀杏は、県の天然記念物に指定され、樹齢1,000年以上といわれる存在感あふれる大木です。
黄葉シーズンの色づきはまさに圧巻で、黄金の輝きを放ちます。

【所在地】行方市西蓮寺504

【お問い合わせ】行方市役所商工観光課/電話番号:0291-35-2111

【HP】https://www.city.namegata.ibaraki.jp/page/page001412.html(外部サイトへリンク)

偕楽園もみじ谷/水戸市【例年の見ごろ】11月上旬~11月下旬

日本三名園でもみじの紅葉を愛でる

偕楽園もみじ谷 偕楽園は、金沢の兼六園、岡山の後楽園とならぶ「日本三名園」のひとつで、天保13年(1842年)に、水戸藩第九代藩主徳川斉昭によって造園されました。
早春の訪れを告げる梅の名所として有名ですが、四季折々の見所があり、春にはツツジ、秋には萩が見ごろを迎えます。
秋のもみじ谷は、約170本のモミジやカエデなどの紅葉が楽しめます。
今年は、11月5日(金曜日)~11月21日(日曜日)までライトアップを実施。
静寂の中、漆黒と紅葉が織りなす幻想的な空間が演出されます。

【所在地】水戸市見川1-1251

【お問い合わせ】偕楽園公園センター/電話番号:029-244-5454

【HP】https://ibaraki-kairakuen.jp/(外部サイトへリンク)

茨城県立歴史館/水戸市【例年の見ごろ】11月上旬~11月中旬

銀杏並木がつくりだす黄金色の世界

茨城県立歴史館

茨城県立歴史館は、歴史博物館と文書館の機能を併せもつ施設として、1974年に開館されました。
広い敷地の一角にある約130mの銀杏並木は、歴史館の見どころのひとつ。
11月上旬~中旬に黄葉を迎え、辺り一面まるで金色のカーペットを敷き詰めたような光景になります。
今年は、11月6日(土曜日)~11月21日(日曜日)まで「歴史館いちょうまつり」が開催され、また、11月6日(土曜日)~11月14日(日曜日)まではライトアップが実施されます。

【所在地】水戸市緑町2-1-15

【お問い合わせ】茨城県立歴史館/電話番号:029-225-4425

【HP】https://rekishikan-ibk.jp/(外部サイトへリンク)

観光いばらき「茨城県内の紅葉スポット色づき速報」

おすすめの紅葉スポットの色づき状況を随時更新中。ぜひチェックしてください!

【HP】https://www.ibarakiguide.jp/seasons/koyo.html(外部サイトへリンク)

茨城県内の紅葉スポット色づき速報

 

このページに関するお問い合わせ

営業戦略部プロモーションチーム_

電話番号:029-301-2123

FAX番号:029-301-2168

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?