茨城県こころの医療センター

トップページ > 病院紹介 > 沿革 > 敷地のあゆみ

敷地のあゆみ

 こころの医療センターの新築移転にあたり,かつて筑波海軍航空隊であった病院敷地の歴史と関連する事柄について紹介します。

大正7年 7月 農林省,友部種羊場設置(大正13年に北海道に移転)
大正15年 3月 茨城県種畜場が国立種羊場跡に移転し業務開始
昭和2年 2月 日本国民高等学校が開校
写真
朝の長礼
(日本国民高等学校 現日本農業実践学園)
昭和9年 8月 霞ヶ浦海軍航空隊友部分遺隊開隊,練習機により操縦基礎教育を開始
昭和13年 12月 筑波海軍航空隊(以下「筑波空」という。)として独立,第11練習連合航空隊に編入
昭和19年 3月 九三式陸上中間練習機部隊は筑城(ちくき)航空隊(福岡県)に転出,代わって大分航空隊から零戦隊が転入,実用機(戦闘機)課程の練習航空隊となる
11月 大本営はフィリピン戦作戦のため,筑波空の各航空隊に特攻隊の編成の命令,筑波空で編成された特攻隊25名はフィリピン第201航空隊に転出,12月から1月にかけて金剛隊として12名散華
昭和20年 2月 関東一円にアメリカ機動部隊の空襲,筑波空の零戦,紫電隊が迎撃
4月 神風特別攻撃隊第1筑波隊17名,鹿屋基地より出撃。
6月 第1神雷爆撃隊7名散華(5名は筑波空)
8月 終戦
12月 航空隊跡地に開拓仮事務所ができる
昭和21年 4月 航空隊跡地に開拓入植はじまる
5月 水戸高等学校,航空隊跡地に移転
写真
水戸高等学校(昭和21年~)
昭和23年 6月 宍戸中学校,航空隊跡地に移転
9月 茨城青年師範学校,航空隊跡地に移転
昭和35年 8月 茨城県立友部病院開設
写真
県立友部病院竣工式の様子
10月 運輸省航空局友部送信所開設
平成25年12月 映画の公開に連動して旧病院の一部に「筑波海軍航空隊記念館」がオープン

▲このページの先頭へ