茨城県こころの医療センター

トップページ > 精神科救急体制 > 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(精神保健福祉法)(抜粋)

精神保健及び精神障害者福祉に関する法律
(精神保健福祉法)(抜粋)

(任意入院)
第20条
 精神科病院の管理者は、精神障害者を入院させる場合においては、本人の同意に基づいて入院が行われるように努めなければならない。

(警察官の通報)
第23条
 警察官は、職務を執行するに当たり、異常な挙動その他周囲の事情から判断して、精神障害のために自身を傷つけ又は他人に害を及ぼすおそれがあると認められる者を発見したときは、直ちに、その旨を、最寄りの保健所長を経て都道府県知事に通報しなければならない。

(申請等に基づき行われる指定医の診察等)
第27条
 都道府県知事は、第22条から前条までの規定による申請、通報又は届出のあつた者について調査の上必要があると認めるときは、その指定する指定医をして診察をさせなければならない。
(以下略)

(都道府県知事による入院措置)
第29条
 都道府県知事は、第27条の規定による診察の結果、その診察を受けた者が精神障害者であり、かつ、医療及び保護のために入院 させなければその精神障害のために自身を傷つけ又は他人に害を及ぼすおそれがあると認めたときは、その者を国等の設置した精神科病院又は指定病院に入院さ せることができる。
(以下略)

第29条の2 都道府県知事は、前条第1項の要件に該当する と認められる精神障害者又はその疑いのある者について、急速を要し、第27条、第28条及び前条の規定による手続を採ることができない場合において、その 指定する指定医をして診察をさせた結果、その者が精神障害者であり、かつ、直ちに入院させなければその精神障害のために自身を傷つけ又は他人を害するおそ れが著しいと認めたときは、その者を前条第1項に規定する精神科病院又は指定病院に入院させることができる。
(以下略)

(医療保護入院)
第33条 
精神科病院の管理者は、次に掲げる者について、その家族のうちいずれかの者の同意があるときは、本人の同意がなくてもその者を入院させることができる。

一 指定医による診察の結果、精神障害者であり、かつ、医療及び保護のため入院の必要がある者であつて当該精神障害のために第20条の規定による入院が行われる状態にないと判定されたもの
(以下略)

(応急入院)
第33条の7
 厚生労働大臣の定める基準に適合するものとして都道府県知事が指定する精神科病院の管理者は、医療及び保護の依頼があつ た者について、急速を要し、その家族等の同意を得ることができない場合において、その者が、 次に該当する者であるときは、本人の同意がなくても、72時間を限り、その者を入院させることができる。

一 指定医の診察の結果、精神障害者であり、かつ、直ちに入院させなければその者の医療及び保護を図る上で著しく支障がある者であつて当該精神障害のために第22条の3の規定による入院が行われる状態にないと判定されたもの
(以下略)

精神科救急医療24時間体制へ戻る

▲このページの先頭へ