茨城県こころの医療センター

トップページ > 児童・思春期病棟について

児童・思春期病棟について

ホール

入院治療

 薬物療法・精神療法・集団療法・認知行動療法などの治療を必要に応じて組み合わせて行っています。
 なお、当院では療育は行っておりません

一日のスケジュール

6:00 起床
7:15 朝食
9:30 検温
10:00~11:00 プログラム
11:45 昼食
13:30~15:00 プログラム
15:30 おやつ
17:30 1日の振り返り
18:00 夕食
21:00 消灯

週間スケジュール

 日 木  金   土
午前  自由プログラム  グループ活動   コラージュ   男女別プログラム   グループ活動  体験プログラム 1週間の振り返り
午後 自由プログラム 思春期OT 喫茶
散歩
リネン交換   みんなのプログラム 1週間の振り返り

男女別プログラム

 男女別々に活動することにより、同性・同世代との関係性の成立を目指しています。

 ・男子グループ:軽スポーツや工作など。

 

 









 ・・女子グループ:手工芸や料理など。

 

 

グループ活動

 文化、園芸、軽スポーツを通して、意欲や創造力などの向上を目指しています。

 

 

食育指導

 食事の重要性や楽しさ、望ましい栄養や食事の摂り方を学び、健康な体と豊かな心を育むことを目指しています。

 

 

体験プログラム

 ボランティアとの地域交流やバス旅行、夏祭り、餅つき大会などの活動を通して、お子さんの自主性や協調性を培い、 「成功体験」してもらうことを目指しています。

 

 










 

 

 

G-TOP

 発達の偏りを抱えているお子さんを対象に、体を動かす(身体活動)、書く、伝える(表現活動)などの活動を小集団で行います。活動を通して、他者との関わり方や自分の行動の取り方を体験しながら学習し、ルールを守り楽しみながら「成功体験」をしてもらうことを目指しています。

 (活動例)
 身体活動:風船バレー、ウォークラリーなど
 表現活動:あったかことば、ちくちくことば、協力ジェンガ、共通探しなど

 1クール10回(週1回、毎週実施) 年3クール
 当院に入院・通院中の小学生を対象に行っています。
 参加については、主治医へご相談いただき、決定します。

 

 








▲このページの先頭へ