茨城県こころの医療センター

トップページ > 児童・思春期病棟について

児童・思春期病棟について

ホール

私たちが目指しているもの

 私たちは、こころに問題を抱えたお子さんの入院治療が適切に行える病棟を目指しています。そのために、児童・思春期というお子さんの発達段階に適した関わりを行い、個々にあった成長につなげていくことを大切にして日々関わっています。
  お子さんや家族の皆様に安心して医療とつながって頂けるように、初診の予約受付や相談、初診を含めた外来・入院・退院後の通院も病棟の看護師が担当することで顔の見える援助を行っています。
  また、医療だけでなく地域関係機関(学校や適応指導教室などの教育機関、児童相談所や保健所、地域生活支援センターやデイケアなど)との連携が必要です。今後も連携を強化し、家族だけで抱えるのではなく地域全体で支えることの出来るサポート体制を整えたいと考えています。私たちはその橋渡しが出来る病棟でありたいと願っています。
  その結果、少しでもお子さんの生きにくさの軽減や他者との関係改善に役立てることを望んでいます。

▲このページの先頭へ