ホーム > 茨城を創る > まちづくり > 土木事務所・工事事務所 > 水戸土木事務所 > 国道123号桂常北バイパスが部分開通しました

ここから本文です。

更新日:2020年4月24日

国道123号桂常北バイパスが部分開通しました

位置図

 

 令和2年4月24日(金曜日)午後1時に国道123号桂常北バイパスの一部区間を供用開始しました。
国道123号は,栃木県宇都宮市と茨城県水戸市を結ぶ幹線道路であり,県北西部の産業や観光に非常に重要な路線です。
 しかし,城里町市街地の中心部では,主要地方道日立笠間線等の主要な道路が集中・分岐しているため,交通渋滞が頻発し,手這坂が急勾配・急カーブなため,危険な状態でした。
 このため,県では全体計画延長約7.6キロメートルのバイパスを計画し,このうち市街地の東側2.0キロメートルを優先整備区間として,平成12年度から事業を進めてきました。
 この度,優先区間のうち,城里高架橋北側の500mが開通しました。引き続き,残る北側区間の事業を進めてまいります。


 

 

開通時の写真

 

 

このページに関するお問い合わせ

土木部水戸土木事務所道路整備第二課

〒310-0802 茨城県水戸市柵町1丁目3番1号 水戸合同庁舎内

電話番号:029-225-1540

FAX番号:029-222-2177

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?