ここから本文です。

更新日:2018年11月29日

霞ケ浦浄化センター第7系列水処理施設の増設

汚水を処理する施設を増設しました

ケ浦浄化センターでは、流入汚水量の増加に対応するために、平成22年度から下水道処理施設の増設工事を行いました。
設される施設は3つの池からなる第7系列といいます。今回の工事では2池分の土木構造設備と1池分の機械・電気設備の増設を行い、18,000m3/日の汚水処理能力を有し、平成27年度始めに本格稼働開始しました。

<第7系列水処理施設概要>
○処理方法:担体投入型修正Bardenpho法(深槽式-水深10m)+急速ろ過法
○処理水量:18,000m3/日(日最大汚水量)

今回の増設工事によって、霞ケ浦浄化センターの汚水処理能力は89,000m3/日から107,000m3/日へ増加しました。

 

第7系列外観

【全景】

手前側が最初沈殿池、左側が生物反応槽、奥側が最終沈殿池です。

(12月27日コメント追加)

 

第7系列反応槽内(深槽式)

【生物反応槽】

主に有機物を除去しており、加えて窒素、リンも除去しています。

※汚水が槽に入る前の写真です

(12月27日コメント追加)

 

第7系列最終沈殿池

【最終沈殿池】

沈めた汚泥を除去し、上澄みの水を次の施設へ送っています。

(12月27日コメント追加)

このページに関するお問い合わせ

土木部流域下水道事務所霞ケ浦浄化センター

茨城県土浦市湖北2丁目8番1号

電話番号:029-823-1621

FAX番号:029-823-1626

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?