ホーム > 茨城県の各部局の業務案内 > 土木部 > 出先機関 > 土浦土木事務所 > 道路管理課 > 筑波研究学園都市における植栽帯を利用した社会実験

ここから本文です。

筑波研究学園都市における植栽帯を利用した社会実験

茨城県では、平成28年度に「筑波研究学園都市における街路樹の維持・再生計画」を作成し、今後50年後においても健全で美しい道路景観であるための街路樹の維持・再生にかかる取り組みを進めています。
この取組の一つに、ケヤキ並木とトチノキ並木において、多くの方に利用される道路となるよう快適な散策や憩いの場となる空間づくりについて検討をおこなおります。
平成29年度から、西大通りと南大通りの一部において、沿道企業・市民にとって好ましい植樹帯のあり方、地域の人々(企業)と行政の連携のあり方等についての意見交換・ワークショップを行ってまいりました。その結果を踏まえて、試験的に沿道企業と協力して、植樹帯の利用の可能性や今後の運営課題を抽出するために社会実験を通じて検証を行っております。
※社会実験の実施は、11月1日から30日までの1ヶ月の間で、2箇所の植樹帯で行います。

社会実験の概要

  • 実施内容:道路の植栽帯をオープンカフェやコミュニティスペースとして利用し,利用する企業が清掃等の日常管理を行う。
  • 実施箇所:2箇所つくば市東新井地内(妻木赤塚線,土浦坂東線)
  • 実施期間:平成30年11月1日(木曜日)~11月30日(金曜日)

社会実験告知チラシ(PDF:96KB)

ワークショップについて(Facebookへリンク)(外部サイトへリンク)

 

 

<開催場所(赤いポイントが指す植栽帯で行います)>

 

ichizu

 

dra1

1ケヤキ並木の植樹帯(くつろぎや軽食ができる場の提供)のようす(写真1)

 

dra2

1ケヤキ並木の植樹帯(くつろぎや軽食ができる場の提供)のようす(写真2)

 

tas1

2トチノキ並木の植樹帯(コミュニティスペースの提供)のようす(写真1)

 

tas2

2トチノキ並木の植樹帯(コミュニティスペースの提供)のようす(写真2)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

土木部土浦土木事務所道路管理課

茨城県土浦市中高津3丁目11番5号

電話番号:029-822-4340

FAX番号:029-821-9212

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?