ホーム > 茨城を楽しむ > 「茨城県フラワーパーク」&「石岡市ふれあいの森」の大規模リニューアルに関する知事・石岡市長合同記者会見

ここから本文です。

報道発表資料

更新日:2020年2月28日

「茨城県フラワーパーク」&「石岡市ふれあいの森」の大規模リニューアルに関する知事・石岡市長合同記者会見

令和2年2月28日(金曜日)に「茨城県フラワーパーク」&「石岡市ふれあいの森」の大規模リニューアルに関して、大井川知事と今泉石岡市長が合同記者会見を行いました。

記者会見資料は『茨城県フラワーパーク』の大規模リニューアルについて(PDF:7,469KB)をご確認ください。

 

1.「茨城県フラワーパーク」大規模リニューアルについて(県事業)

茨城県フラワーパークは、世界のバラ900品種が植栽される12ヘクタールの広大な「花と緑の公園」に生まれ変わります。県では、2019(R1)年度からの2か年計画で、「茨城県フラワーパーク」を本県の魅力を再発見・再発信できる観光拠点として一新するための設計・改修工事を進めています。2020(R2)年にはレストラン・エントランスギャラリーの新築工事なども着手し、五感を通して楽しめる仕掛けを多数準備しています!

キャッチコピー・コンセプト

「見るから感じる」フラワーパーク
県花のバラを中心に、花や緑・自然、いばらきを五感で感じるフラワーパークへリニューアル
ご家族・ご友人をはじめ幅広い層の方が、ゆっくりと五感を使っていばらきの魅力を再発見できる場所へ

見る:四季で変化するバラテラス/花の色別に分けたエリアで景観を引き立てる
聴く:花・草・木のざわめき、森の小鳥のさえずり、風の音など、心地よい音を引き出す
香る:バラテラスでは360度バラの香りに包まれる
触る:ワークショップを充実/年間で100の体験ができるプログラムを用意
味わう:レストランを新設/茨城県産食材を中心にご提供

 

2.「石岡市ふれあいの森」大規模リニューアルについて(市事業)

石岡市ふれあいの森は、茨城県フラワーパークの高台にあり、約18haの園内には、手入れされた里山ならではの美しい自然のほか、約250本の河津桜をはじめ、シャガ、やまゆりなど四季折々の花々であふれてします。石岡市では、2020(R2)年度に、「ふれあいの森」を豊かな自然と地域に根差した里山文化が体験でき、フラワーパークと連携しながら、一日中楽しめる滞在型観光施設とするための大規模リニューアルを実施します。2021年のリニューアルオープンに向け、森を体感し記憶に残る仕掛けを多数準備しています!

 

コンセプト

やさとの森に暮らす
~人生を変える里山の体験~

かつて里山には、人と自然が共生する持続可能な暮らしがありました。子ども達は森で遊びながら、木や動物、昆虫、星について学び、健やかに成長しました。森の資源をみんなで守り、大切に使いながら、自然とともに豊かに生きる。そんな未来の生き方を体験できる施設を目指します。


 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

営業戦略部観光物産課観光戦略

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3617

FAX番号:029-301-3629

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?