ホーム > 茨城を楽しむ > 星野リゾート『偕楽園・歴史館エリア観光魅力向上構想』について

ここから本文です。

報道発表資料

更新日:2019年11月22日

星野リゾート『偕楽園・歴史館エリア観光魅力向上構想』について

県からの委託に基づき,星野リゾートから10月31日付で『偕楽園・歴史館エリア観光魅力向上構想』が提出されました。県といたしましては,当該提案を参考にしながら,今後,関係者などとともに具体的な観光魅力向上策を検討してまいります。

構想の概要

 コンセプト

 都市観光なのにリゾート気分を味わえる地 水戸

ターゲット

 まずは,首都圏在住者を主として,徐々にエリアを広げていく

同エリア課題

 1コト消費のイメージ不足,2象徴となる食がない,3魅力が点在,4広告主の不在,5キラーフォトがない

解決の方向性

 既存資源の活用とコト消費を促進する新たな仕掛けづくり

提案エリア

 1偕楽園本園と歴史館エリア(偕楽園本園,歴史館)

 2偕楽園拡張部エリア(偕楽園拡張部,ボーリング場跡地)

 3千波湖畔エリア(千波湖畔)

 

提案の詳細につきましては,下記ファイルをご参照ください。

偕楽園・歴史館エリア観光魅力向上構想(PDF:3,938KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

営業戦略部観光物産課観光戦略

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3617

FAX番号:029-301-3629

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?