令和6年 保健福祉医療委員会 調査結果

 令和6年の保健福祉医療委員会(水柿一俊委員長)の重点審査テーマは「県民の命を守るための医療と介護の充実」です。
 本委員会では、この審査テーマに対して県が取り組むべき施策について検討するとともに、その他所管事項についての調査等も行ってまいります。
 以下、調査の概要につきまして、ご報告いたします。
 (写真をクリックすると拡大します。)

令和6年5月24日(金曜日)

<潮来保健所(潮来市)>

 潮来保健所では、昭和53年5月に建築されてから46年が経過し、建替の時期を迎えています。同保健所において実施されている業務についての説明を受けるとともに、課題の聞き取りを行いました。
 また、保健所を所管している保健政策課から保健所の建替・移転についての検討状況や整備の考え方について説明を受けるとともに、保健所内を見学しました。

(説明を受ける委員の様子)
(保健所内を見学する委員の様子)
<沢井製薬(株)鹿島工場(神栖市)>

 沢井製薬(株)鹿島工場では、主に後発医薬品の経口固形剤の製造を行っており、3つの製剤棟において、抗がん剤や免疫抑制剤等の高活性製剤を含む90品目以上を製造しています。
 工場長や品質保証の担当者から医薬品の製造過程や現在の薬不足の要因等について説明を受けるとともに、施設内を見学しました。

(説明を受ける委員の様子)
(担当者に話を聞く委員の様子)

令和6年4月22日(月曜日)

<閉会中委員会>

 病院局、保健医療部及び福祉部から事務事業概要の説明聴取を行いました。

(委員会の様子①)
(委員会の様子②)

もどるボタン もどる