令和6年 総務企画委員会 調査結果

 令和6年の総務企画委員会(川口政弥委員長)の重点審査テーマは「デジタル行財政改革の推進」です。
 本委員会では、この審査テーマに対して県が取り組むべき施策について検討するとともに、その他所管事項についての調査等も行ってまいります。
 以下、調査の概要につきまして、ご報告いたします。
 (写真をクリックすると拡大します。)

令和6年5月22日(水曜日)

<先端半導体研究センター(つくば市)>

 先端半導体研究センターは、先端半導体関連の研究開発から社会実装、人材育成までを一貫して推進し、国内に先端半導体技術を確保することを目的とし、2023年10月に設立されました。
 先端半導体研究センターが所属する産業技術総合研究所全体の概要説明を受けるとともに、先端半導体研究センターの成り立ち、現状、研究内容等について説明を受け、施設を視察しました。

(説明を受ける委員の様子)
(説明を受ける委員の様子)
<つくばみらい市役所>

 つくばみらい市は県内唯一の「持続可能性自治体」に位置付けられ、現在、特につくばエクスプレスみらい平駅周辺において人口が増加傾向にあり、また、「圏央道インターパークつくばみらい」の整備により、周辺地域の活性化が期待されています。
 市内を視察するとともに、市の概況及び人口増加の要因、人口増加のサイクルを作る取組等について説明を受けました。

(つくばみらい市内を視察する委員の様子)
(説明を受ける委員の様子)

令和6年4月22日(月曜日)

<閉会中委員会>

 総務部、会計事務局、議会事務局、監査委員事務局、人事委員会事務局及び政策企画部から事務事業概要の説明聴取を行いました。

(委員会の様子①)
(委員会の様子②)

もどるボタン もどる