茨城県議会事務局業務継続計画(BCP)を策定しました

大規模地震により,議事堂や職員自身も被災し,利用できる資源が制約を受ける状況下において「応急対策業務」や「優先度の高い復旧対策業務」を実施しつつ,「優先度の高い通常業務」についても維持するため,必要な措置を講じることにより,業務立ち上げ時間の短縮や発災後の速やかな業務レベル向上を図ることを目的として,茨城県議会事務局業務継続計画を策定しました。

  • 災害等発生時の議会及び議員活動の円滑化を最優先
  • 議会開会中と閉会中の対応の違いをフロー図により明確化
  • 議員との連絡・情報提供にはタブレットを活用