ホーム > 茨城で暮らす > 保健・医療 > 保健医療政策 > 医師確保・人材育成・医療整備 > 医療整備 > 令和2年度救急・周産期・小児医療機関院内感染防止対策事業について

ここから本文です。

更新日:2020年8月3日

救急・周産期・小児医療機関院内感染防止対策事業

 茨城県では,発熱や咳等の症状を有している新型コロナウイルス感染症が疑われる患者を診療する救急医療・周産期医療・小児医療のいずれかを担う医療機関に対し,院内感染を防止するための補助金を交付します。

 目的

 この事業は,疑い患者が,感染症指定医療機関以外の医療機関を受診した場合においても診療できるよう,救急・周産期・小児医療の体制確保を行うことを目的とします。

補助事業者

 新型コロナウイルス感染症の疑い患者を診療する救急医療・周産期医療・小児医療のいずれかを担う医療機関(※)が対象となります。
 ※救命救急センター,二次救急医療機関,総合周産期母子医療センター,地域周産期母子医療センター,小児救急中核病院,地域小児救急センター等

補助対象経費

①設備整備等支援

 疑い患者を診療する救急医療・周産期医療・小児医療のいずれかを担う医療機関の院内感染を防止するために必要な設備整備等を支援する。

(対象経費)

 初度設備費,個人防護具,簡易陰圧装置,簡易ベッド,簡易診察室,HEPAフィルター付空気清浄機

 HEPAフィルター付パーテーション,消毒経費,救急用備品,保育器

②感染拡大防止対策・診療体制確保等支援

 疑い患者を診療する救急医療・周産期医療・小児医療のいずれかを担う医療機関に対して,新型コロナウイルス感染症の感染拡大と収束が反復する中で,救急・周産期・小児医療の提供を継続するため,院内感染防止対策を講じながら一定の診療体制を確保するための支援を行う。

 ※従前から勤務している者及び通常の医療の提供を行う者に係る人件費は除きます。

要項・参考資料

 令和2年度救急・周産期・小児医療機関院内感染防止対策事業補助金交付要項等

 令和2年度救急・周産期・小児医療機関院内感染防止対策事業補助金交付要項(PDF:223KB)

 様式1~8(交付申請書等)(ワード:35KB)

 様式別紙1~4(経費所要額調書,明細書,概算払精算内訳書)(エクセル:74KB)

救急・周産期・小児医療機関院内感染防止対策の対象医療機関把握に関する調査(ワード:47KB)

厚生労働省・新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業(医療分)の実施について

新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業(医療分)の実施について(外部サイトへリンク)

新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業に関するQ&A(第4版)について(外部サイトへリンク)

補助金交付申請に必要な提出書類及び提出期限

(1)救急・周産期・小児医療機関院内感染防止対策の対象医療機関把握に関する調査

  ⇒(提出期限)令和2年8月17日(月)まで

  ※メール,ファックス又は郵送で提出してください。

(2)令和2年度救急・周産期・小児医療機関院内感染防止対策事業費補助金交付申請書(様式第1号)

  ⇒(提出期限)令和2年9月30日(水)まで

  ※郵送で提出してください

留意事項

・当事業は,「医療機関等院内感染防止支援事業」と重複申請が出来ませんので,ご留意ください。

・令和2年4月1日から令和3年3月31日までにかかる費用が対象となります。また,支出済みの費用だけでなく,交付申請書提出日以降に発生が見込まれる費用も合わせて概算額で申請することも可能です。概算額で申請した場合,事後に実績報告が必要となるため,領収書等の証拠書類を必ず保管しておいてください。 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部医療政策課医療整備

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3186

FAX番号:029-301-3199

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?