ホーム > 茨城県の各部局の業務案内 > 保健福祉部 > 本庁 > 厚生総務課 > 医療機関・薬局等における感染拡大防止等支援事業〔支援金〕について

ここから本文です。

医療機関・薬局等における感染拡大防止等支援事業〔支援金〕について

1 医療機関・薬局等への支援金について

対   象

病院,診療所(医科・歯科),薬局,助産所

訪問看護ステーション

※病院,診療所(医科,歯科)は保険医療機関,薬局は保険薬局,訪問看護ステーションは指定訪問看護事業者に限ります。

補 助 額

 

 

次の額を上限として実費を補助します。

・病院  200万円+5万円×病床数

・有床診療所(医科,歯科) 200万円

・無床診療所(医科,歯科) 100万円

・薬局,訪問看護ステーション,助産所 70万円

対象経費

 

新型コロナウルス感染症に対応した感染拡大防止対策や診療体制確保等に要する費用 (補助率 10/10)

   ※ 救急,周産期,小児医療機関に係る支援金との重複支給はできません。

  →薬局の補助については,こちらを御確認ください。

 

 ・令和2年4月1日から令和3年3月31日までにかかる費用が対象となります。

 ・支出済みの費用だけでなく,申請日以降(~令和3年3月31日まで)に支出が見込まれる費用も合わせて     

 概算で申請することができます。この場合,領収書等(領収書,納品書,請求書など対商品名や金額がわか 

 るもの)は,事後に実績報告書に添付して提出することとなります。

 

〇交付要項等

  医療機関・薬局等における感染拡大防止等支援事業(支援金)については,次の交付要項等に基づき実施

 いたします。

・令和2年度茨城県医療機関・薬局等における感染拡大防止等支援事業補助金(医療機関・助産所)交付要項(PDF:1,373KB)

・国の実施要綱(医療分)(PDF:223KB)

・国の交付要綱(医療分)(PDF:140KB)

・新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業に関するQ&A(第10版)について(PDF:858KB)

   ※厚生労働省のQAが令和2年12月22日に改訂され,対象経費にかかるQAが示されました。詳細は

    Q&A48ページ以降をご覧下さい。

・新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業に関するQ&A(第12版)について(PDF:868KB)

   ※厚生労働省のQAが令和3年1月18日に改訂され,対象経費にかかるQAが追加されました。詳細は

    Q&A50ページ以降をご覧下さい。

 2 申請先・申請方法

 申請受付期間を延長しました。

  令和3年2月末 → 令和3年3月19日(金)〔必着〕

 受付期間延長後(3/1~3/19)の申請先、申請方法は次のとおりとなります。

 

〇対象

 医療機関、助産所

〇申請先

 宛先:茨城県 厚生総務課 支援金担当

 住所:水戸市笠原町978番6(〒310-8555)

〇申請方法

 ・概算交付申請のみ受け付けいたします。

 ・郵送のみの受付(令和3年3月19日(金)〔必着〕)となります。

  ・申請書様式(PDF:527KB)

  ・申請書マニュアル(PDF:1,175KB)

〇注意事項

 申請先は、茨城県庁(茨城県 厚生総務課)となります。

 送付先にお間違いのないようご注意願います。

3 実績報告書

  概算額で補助金を申請し,補助金の交付を受けた場合,提出期限までに,茨城県に対して所定の様式を用い,事業実績報告を行っていただく必要があります。

 ※精算交付申請により補助金の交付を受けた方は,提出の必要はありません。

提出期限

 〇支出実績が補助金額を超えた場合は速やかに提出してください。

   ※支出実績が補助金額を超えない場合でも,事業が完了した場合は速やかに提出してください。

 〇令和3年3月31日までに提出してください。

提出先及び提出方法

 封筒の表面に「緊急包括支援交付金 感染拡大防止等支援事業 事業実績報告書等在中」と朱書きの上,郵送でご提出ください。

〇住所:茨城県水戸市笠原町978-6(〒310-8555)

〇宛名

〔病院,診療所(医科・歯科),助産所の場合〕 茨城県保健福祉部 厚生総務課 宛て

〔薬局の場合〕 茨城県保健福祉部医療局 薬務課 宛て

〔訪問看護ステーションの場合〕 茨城県保健福祉部 長寿福祉推進課 宛て

提出書類

①事業実績報告書(様式8)

②所要額精算書(様式9)

③領収書等貼付用紙(様式10-1 ~ 10-9)

※納品書(写)や領収書(写)など,支出内容とその金額が証明できる資料を添付してください。

④収入内訳書(様式11)

  ※必要に応じて添付してください。

⑤概算払精算書(様式第102号)

 

  〔様式のダウンロード〕

   ①~④

    ・様式8,9,10-1~10-9,11(エクセル:64KB)

    ・様式8,9,10-1~10-9,11 (PDF:220KB)

   ⑤

    ・概算払精算書(様式第102号)(PDF:24KB)

 

  〔実績報告書作成マニュアル〕

    ・実績報告書作成マニュアル(PDF:684KB)

            ・様式9記載例(PDF:306KB)

    ・概算払精算書(様式第102号)記入方法(PDF:86KB)

4「消費税及び地方消費税に係る仕入控除税額報告書」について

概要

  納付する消費税額の計算に当たっては、二重課税を防ぐため、消費税額を控除する仕組みが設けられていますが、補助金の充当を受けた消費税についても控除することができるため、補助金に係る消費税が事業者に滞留し、本来は納付されるべき消費税が納付されない事例が生じます。

 そのため、「消費税及び地方消費税に係る仕入控除税額報告書」を提出いただき、必要な額を、県を通じて国庫に返還していただく必要があります。

      ※返還の有無に関わらず報告書の提出は必要となります。

返還の必要がない場合

   次に該当する医療機関等は、返還の必要はありません。

  〇消費税の申告義務がない。

  〇簡易課税方式により申告している。

  〇公益法人等(※)であり、特定収入割合が5%を超えている。

     ※社会医療法人、公益財団法人など

  〇補助対象経費に係る消費税を個別対応方式において「非課税売上のみに要するもの」として申告してい  

   る。

  〇補助金の使途が非課税仕入(人件費等)に該当する。

 

    ※返還の必要がない医療機関等においても報告書の提出は必要です。

返還が必要となる場合

   次に該当する医療機関等は、返還が必要となります。

   〇課税売上高が5億円以下、かつ課税売上割合が95%以上の場合(全額控除)

   〇課税売上割合が95%未満の場合で「一括比例配分方式」を採用している場合

   〇課税売上割合が95%未満の場合で「個別対応方式」を採用している場合

 

  

提出書類、提出方法等

  (1)提出書類

   ①令和2年度消費税及び地方消費税に係る仕入控除税額報告書(様式7)(ワード:20KB)

           ②仕入控除税額の概要

    ・返還なしの場合(ワード:22KB)

    ・全額控除(エクセル:14KB) 

      ・一括比例配分方式(エクセル:16KB)

    ・個別対応方式(エクセル:17KB)

       ③消費税の確定申告書の写し(※消費税の申告義務のない場合は添付不要です。)

          「②仕入控除税額の概要」の添付書類を参照のうえ、該当するものを添付願います。

 

         記載例(PDF:71KB)

 

(2)提出先等

   次の宛先に郵送願います。

    水戸市笠原町978-6(〒310-8555)

 

  〔病院、診療所(医科・歯科)、助産所〕

     茨城県保健福祉部 厚生総務課 支援金担当 宛

  〔薬局〕

     茨城県保健福祉部 医療局 薬務課 支援金担当 宛

 

(3)報告書の提出時期について

    ① 消費税の申告義務がない場合

     提出期限までに、お早めにご提出願います。

   ② 消費税の申告を行っている場合

     補助事業の完了後、消費税及び地方消費税の申告により補助金に係る消費税及び地方消費税に係る

    仕入控除税額が確定した場合は、速やかに提出願います。

  

    提出期限:令和4年(2022年)4月30日まで

5 お問い合わせ先

支援金に関するお問い合わせは,こちらにお願いいたします。

担当課

 〇病院,診療所(医科・歯科),助産所

  ■担当:茨城県保健福祉部 厚生総務課 管理・医療大学グループ

  ■電話:029-301-3129

 

 〇薬局

  ■担当:茨城県保健福祉部 薬務課 薬事グループ

  ■電話:029-301-3393

 

 〇訪問看護ステーション

  ■担当:茨城県保健福祉部 長寿福祉推進課 介護保険指導・監査グループ

  ■電話:029-301-3315