ホーム > 茨城で暮らす > 保健・医療 > 保健医療政策 > 特定健康診査・保健指導について

ここから本文です。

更新日:2022年7月28日

特定健康診査・保健指導について

特定健診の受診は、糖尿病等の生活習慣病の早期発見・予防につながります。また、健診結果に基づき、保健師等による生活習慣の改善サポート(特定保健指導)が受けられます。
日本人の死因の60%を占める生活習慣病を予防するため、ご自身の健康管理のため、特定健康診査・特定保健指導を積極的にご利用下さい。

9月は「特定健診受診促進月間」です!

特定健診・特定保健指導を受けましょう。

特定健康診査(特定健診)とは,生活習慣病予防を目的とし、メタボリックシンドロームに着目した健診です。40才から74才の方が対象となっており、各医療保険者が実施しています。  

特定健診を受けるとこんないいことがありますよ!

   ◎生活習慣病を未然に防ぐ 

 ◎検査値の変化がわかる 

 ◎生活習慣改善に取り組みやすい

どんな検査をするの?

特定健康診査は、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した健診で、以下の項目を実施します。

基本検査項目

質問票(服薬歴,喫煙歴等)、○身体計測(身長、体重、BMI、腹囲)、血圧測定、理学的検査(身体診察)、○検尿(尿糖,尿蛋白)、血液検査

脂質検査(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール)

血糖検査(空腹時血糖またはHbA1c)

肝機能検査(GOT、GPT、&gaミリメートルa;-GTP)

医師が判断した時の詳細な健診の項目

一定の基準の下、医師が必要と認めた場合に実施
心電図、眼底検査、貧血検査(赤血球、血色素量、ヘマトクリット値)

どこが実施しているの?

詳しくは、皆さまがご加入の各医療保険者にお問い合せ下さい。
※医療保険者の種類については、お手持ちの保険証の保険者の名称を御確認下さい。

主な医療保険者の種類 問い合わせ先
国民健康保険 特定健康診査・保健指導窓口
全国健康保険協会管掌健康保険
(愛称:協会けんぽ)
全国健康保険協会支部
健康保険組合 各健康保険組合事務局
共済組合

各共済組合支部の事務局

新型コロナウイルス感染症拡大防止対策について

【受診する皆様へのお願い】

 ・受診の際はマスクを着用してください。

 ・いわゆる風邪症状が続いている方等は、体調が回復してから受診してください。

 

【健診実施機関について】

 健診実施機関においては、健診関係団体が策定したガイドラインや日本医師会が策定したガイドラインに沿った感染防止対策をとることとされています。

 各実施機関が取り組んでいる感染防止対策については、各実施機関のホームページをご確認いただくか、各実施機関へ直接お問合せください。

メタボリックシンドロームとは?

メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪型の肥満に加えて、高血圧や高血糖、中性脂肪などの脂質異常のうち、2つ以上あてはまる状態をいい、そのまま放置すると、将来、脳卒中や心筋梗塞、高血圧症、糖尿病などの生活習慣病を引き起こす原因となります。

メタボリックシンドロームの診断基準-8学会作成基準(平成17年4月)-

  • 腹腔内脂肪蓄積(ウエスト周囲径男性≧85センチメートル・女性≧90センチメートル:内臓脂肪面積男女とも≧100平方センチメートルに相当)に加え、以下の3項目のうち2項目以上該当している状態。
  1. 高トリグリセライド血症≧150ミリグラム/dlかつ/または低HDLコレステロール血症<40ミリグラム/dl
  2. 収縮期血圧(最高血圧)≧130ミリメートルHgかつ/または拡張期血圧(最低血圧)≧85ミリメートルHg
  3. 空腹時血糖値≧110ミリグラム/dl

上記に該当した方は、将来において生活習慣病を発症する可能性が高いと考えられています。自分の健康を維持するため、毎日の生活習慣(食事・運動・喫煙・生活リズムなど)を振り返り、今すぐ改善出来ることから取り組み、将来に渡る健康づくりにチャレンジしましょう。

「特定健康診査」とは?

「特定健康診査」は、40歳から74歳の方を対象とし、身体計測、おへそ周りの腹囲測定、血圧測定、尿検査、血液検査(血糖検査、脂質検査、肝機能検査)を行います。また、過去の健診データなど一定の基準の下、医師が必要と判断した方には、貧血検査や心電図検査、眼底検査を行います。

その結果、「メタボリックシンドローム該当者または予備群」に該当し、生活習慣病の発症のリスクが高く、生活習慣の改善が必要と判断された方は、医師や保健師、管理栄養士等による「特定保健指導」が受けられます。

「特定保健指導」とは?

「特定保健指導」とは、特定健康診査の結果から、生活習慣病の発症リスクが高く、生活習慣の改善による生活習慣病の予防効果が多く期待できる方に対して、ご本人の生活習慣を改善するため、食事バランスや運動のポイント等のアドバイスを行い、ご本人が継続して生活習慣の改善に取り組めるようサポートする制度です。

特定保健指導には、リスクの程度に応じて、動機付け支援と積極的支援があります。(よりリスクが高い方が積極的支援)

図:特定保健指導のフロー図

◆特定健診の受け方~ハッスル黄門特定健診を受けるの巻~◆【茨城県国民健康保険団体連合会】(外部サイトへリンク)
(企画・撮影:茨城県保険者協議会、協力:公益財団法人茨城県総合健診協会)

 

このページに関するお問い合わせ

保健医療部保健政策課国民健康保険室-国民健康保険

〒310-8555 茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3172

FAX番号:029-301-3139

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?