ホーム > 自立支援事業(精神保健)について

ここから本文です。

更新日:2020年6月8日

自立支援事業(精神保健)

自立支援医療制度(精神通院)とは

精神障害者の通院医療の促進及び適正な医療を普及するため,障害者自立支援法第52条~第58条の規定により,通院医療に必要が医療費の一部を公費負担する制度です。

自立支援医療制度(精神通院)の対象者は

精神疾患治療のために,医療機関等(障害者自立支援法に基づき指定を受けた医療機関等に限る。)に通院する方が対象となります。

申請窓口は

申請窓口は住所地の市町村になります。

申請方法の詳細についえは,お住まいの市町村役場障害福祉担当窓口にお問い合わせください。

給付の範囲は

承認され,この制度を利用した場合,患者さんの医療費の自己負担は10%となります。(市町村民税所得割が23万5千円以上の世帯では「重度かつ継続」の認定が条件)なお,自己負担には,世帯の所得水準に応じて上限額を設けた軽減措置がなされます。

お問い合わせ先

お住まいの市町村役場障害福祉課担当窓口

 

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部中央保健所保健指導課

茨城県水戸市笠原町993-2

電話番号:029-241-0100

FAX番号:029-241-5313

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?