ホーム > 茨城で暮らす > 生活 > 動物・ペット > 飼い犬には「狂犬病予防注射」を受けさせましょう!

ここから本文です。

更新日:2016年3月22日

飼い犬には「狂犬病予防注射」を受けさせましょう!

 

あなたの飼い犬に狂犬病予防注射は済みましたか?生まれて91日以上の犬には、狂犬病予防注射を毎年1回受けさせなければなりません。

狂犬病は日本国内では発生していませんが、お隣の韓国や中国など世界中の国々で発生しています。狂犬病は世界各地で毎年3万から5万人の命を奪っている怖い病気です。人への狂犬病感染の原因は、犬によるケースが圧倒的に多く、狂犬病の流行を未然に防ぐためには、犬への狂犬病予防注射を受けておくことが必要です。

 

 

予防注射

犬の狂犬病予防注射は、4月から6月の間に、各市町村で計画している集合注射場所等で受けることができます。詳しくは、各市町村の担当課、或いは最寄りの動物病院にご相談下さい。

 

注射済票

注射を受けていただくと、注射済票が交付されますので、犬の首輪につけて下さい。注射済票には番号が記載されており、万が一、犬が迷子になっても名札の替わりとなり、飼い主へ連絡することが出来ます。

 

登録

飼い主は生涯に一度、登録を行わなければなりません。まだ登録していない犬は、予防注射と併せて登録をして下さい。

 

問い合わせ先

各市町村の担当課にお問い合わせください。

茨城県の市町村一覧

 

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部生活衛生課環境・動物愛護

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3418

FAX番号:029-301-3439

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?