ホーム > 茨城で暮らす > 保健・医療 > 精神保健 > 精神障害者保健福祉手帳の更新手続きにおける診断書提出の猶予について

ここから本文です。

更新日:2020年6月3日

精神障害者保健福祉手帳の更新手続きにおける診断書提出の猶予について

新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点より,医師の診断書の取得のみを目的として医療機関に受診すること等を避けるため,精神障害者保健福祉手帳の更新手続きについて,更新に必要な医師の診断書の提出を1年間猶予した上で有効期限を2年間更新します。

 

1.対象となる方

令和2年3月1日から令和3年2月28日までの間に手帳の有効期限を迎える方。

 

2.注意点

有効期限の更新には市町村窓口に障害者手帳申請書及び手帳用写真(縦4cm×3cm)を提出し,更新申請を行う必要があります。(自動で更新されるものではありません。)

猶予した1年の期限内に診断書の提出がなかった場合には,必要な書類が揃わないこととなり無効となりま

す。

猶予期間中に診断書を提出された際には,その判定を行い,等級を変更する必要があると判断された場合に

は,先に交付した手帳と引換えに新たな等級の手帳を交付するものとします。(新たな等級の手帳の有効期

限は,診断書なしで更新した手帳の有効期限までの間の残期間となります。)

 

3.お問い合わせ先

茨城県保健福祉部障害福祉課精神保健グループ

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3368

FAX:029-301-3371

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部障害福祉課精神保健

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3368

FAX番号:029-301-3371

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?