ホーム > 茨城で暮らす > 福祉・子育て > 地域の健康福祉 > 県南地域 > 土浦保健所 > うつかな?と思ったら早めにご相談を

ここから本文です。

更新日:2019年2月7日

うつかな?と思ったら早めにご相談を

うつ病を疑うサイン、自分が気づく変化

気分が落ち込む、何もする気がおきない、イライラしやすい、集中力・記憶力・判断力が落ちる、自分を責める、食欲がない、眠れない、体がだるい、息苦しいなど

ご家族や周囲が気づくサイン

表情が暗く元気がない、体調不良の訴えが多くなる、仕事や家事の能率が低下しミスが増える、外出しなくなる、周囲との交流を避けるようになる、飲酒量が増えるなど

このような変化があった場合は、早めに医療機関(精神科、心療内科など)に相談することをお勧めします。うつ病の多くは、薬と十分な休養でよくなります。
しかし、医療機関にかかることに戸惑いがある場合は、保健所でも相談を受けていますので、早めにご相談ください。

 


 

土浦保健所では、下記のとおり相談を行っています。

(1)のこころの相談日には、精神科医がゆっくり時間をかけて相談に応じていますので、ぜひご活用ください。

相談

実施日時など

(1)こころの相談

毎月第3金曜日午前2時~4時

毎月第4月曜日午前10時~12時


予約制。精神科医による相談。

(2)その他の電話相談、面接相談

平日の午前8時30分~午後5時まで(祝祭日を除く)
保健師、精神保健担当職員が相談に応じます。

こころの相談の予約やその他の電話相談等については、土浦保健所保健指導課(電話:029-821-5516)にお電話下さい。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部土浦保健所保健指導課

茨城県土浦市下高津2丁目7番46号

電話番号:029-821-5342

FAX番号:029-826-5961

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?