ホーム > 茨城で暮らす > 福祉・子育て > 地域の健康福祉 > 県南地域 > 土浦保健所 > 平成29年度土浦圏域地域職域連携推進協議会を開催しました。

ここから本文です。

更新日:2020年6月8日

平成29年度土浦圏域地域職域連携推進協議会を開催しました。

 平成30年2月8日,平成29年度土浦圏域地域職域連携推進協議会を土浦保健所で開催しました。

 会議では,山岸良匡 筑波大学医学医療系准教授が議長に選出され,医師会代表,日立健康保険組合の担当者,協会けんぽの担当者,各市町村の代表者等が,特定健診等の受診率向上対策,糖尿病等の重症化予防対策等について,情報交換を行いました。

 日立健康保険組合からは,保険組合で実施している,高血糖対策や糖尿病腎症患者重症化予防事業,歯科衛生士による口腔内指導の実際について,発表いただきました。

 また,健康情報に関する広報についての先進例として,LIXIL健康保険組合の健康情報誌「けんぽ」2017 秋季号の情報提供も行いました。

 委員等からいただいた意見は以下のとおりです(抜粋)。

受診率向上対策について

  • ヘリコバクターピロリ検診開始で,胃がん検診の受診率が向上した。(市町村)
  • 被扶養者の健診について,がん検診をまとめて実施したところ,受診率が向上した。(事業所)
  • エイズ検査の結果を伝える時に,子宮頸がん検診未受診者に,受診勧奨している。医師が検診受診にかかわっていくと効果的なのではないか。(保健所)
  • 検診受診について担当の医師に相談して下さいと,市町村が住民に伝えるといいと思う。医師会でも協力する(医師会)

糖尿病等の重症化予防対策等について

  • 事業所実施のメタボ重症化予防対策は,部分的には市町村が導入可能と思われる(議長)

その他

  • 口腔内カメラを利用した指導を実施したところ,受診に結び付くなど,効果があった(事業所)

今後の方向性

今回の会議では,受診者を増加させたり,受診に結びついた事例,事業所による重症化予防事業が紹介されました。

今後は,参加機関が,これらの成功例を参考に,受診者を増加させる対策や,糖尿病等の重症化予防対策について,より具体的に検討を始めることが期待されます。

また,検診受診勧奨について,医師会との連携をはかっていくことも,今後の課題と思われます。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部土浦保健所健康増進課

茨城県土浦市下高津2丁目7番46号

電話番号:029-821-5398

FAX番号:029-826-5961

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?