ここから本文です。

更新日:2021年8月31日

アストラゼネカ社製ワクチンの接種開始について

県大規模接種では、武田/モデルナ社製ワクチンに加え、アストラゼネカ社製ワクチンの接種を開始します。 

接種の概要

 接種会場及び接種日等

接種会場 茨城県庁福利厚生棟(水戸会場) 県立医療大学(阿見会場)
接種者数 200人 280人
接種時間 14時15分から16時45分まで(30分間隔) 13時15分から16時45分まで(30分間隔)

 

 

 

 

接種日は下表のとおりです。

※水戸、阿見の両会場で共通の日程です。
※2回目接種日は、1回目接種日の8週間後の同じ曜日、同じ時間帯で固定となります。

1回目接種日 2回目接種日
令和3年9月5日(日) 令和3年10月31日(日)
9月12日(日) 11月7日(日)
9月19日(日) 11月14日(日)
9月26日(日) 11月21日(日)

接種対象

県内の市町村が発行する接種券をお持ちの以下の方

  • 18歳以上で、ポリエチレングリコール(PEG)に対するアレルギー等でmRNAワクチンを接種できない方
  • 海外でアストラゼネカ社製ワクチンを1回接種済みの方
  • 接種時、40歳以上でアストラゼネカ社製ワクチンの接種を希望する方

ご持参いただくもの

  • 専用予診票(次のリンク先よりダウンロード・印刷の上、事前にご記入してお持ちください) 予診票様式(外部サイトへリンク)
  • 接種券(毎回、切り離さず台紙ごとお持ちください)
  • 本人確認書類 ※いずれか1つ
    保険証、運転免許証、マイナンバーカード、パスポート、在留カードなど

ワクチンの特徴

アストラゼネカ社製ワクチンには、国内で使用されている他社製ワクチンと比べて下表に示す特徴があります。

他社製ワクチンとの比較(厚労省ホームページの公表データに基づく。)

ワクチンの種類  アストラゼネカ社製 武田/モデルナ社製 ファイザー社製

2回目接種までの間隔

1回目の接種から
8週間後(※1)
1回目の接種から
4週間後
1回目の接種から
3週間後
おおよその予防効果 70% 94% 95%
接種対象者

接種する日に原則
40歳以上の方
(※2)

接種する日に
12歳以上の方
接種する日に
12歳以上の方

 

※1 4~12週間後に2回目の接種が可能とされていますが、最大の効果を得るためには、8週以上の間隔をおいて接種することが望ましいとされていることから、県大規模接種では原則8週間後に2回目の接種を実施します。

※2 他の新型コロナワクチンに含まれる成分に対してアレルギーがあり接種できない等、特に必要がある場合は18歳以上の方が接種対象者となります。

※以上をふまえ、接種をご予約される前に必ず下記ページをご確認ください。

 (厚生労働省ホームページ)アストラゼネカ社の新型コロナワクチンについて(外部サイトへリンク)

予約方法

 

アストラゼネカ社製ワクチンには、他社製ワクチンと比べると上記の特徴が認められているほか、稀にではありますが、血栓症等の他のワクチンにはない副反応がおこる場合があります。
同ワクチンの特性について必ず理解・了承し、必要に応じてかかりつけ医と相談したうえで予約をしてください。

WEBによる予約

次のURLから、予約手続きを行ってください。
【水戸会場】申込フォーム(外部サイトへリンク)  

【阿見会場】申込フォーム(外部サイトへリンク)

【留意事項】

  • 2回目接種は、1回目接種の8週間後の同じ曜日、同じ時間帯に実施します。
  • 2回目接種の予約は、1回目接種日の予約と同時に自動的に行われます。
  • 1回目接種後に、2回目の予約日の変更はできませんので、申し込みにあたっては十分ご注意ください。
     

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?