ホーム > 茨城で暮らす > 保健・医療 > 健康づくり・病気予防 > 難病対策 > 難病に関する研修会等について

ここから本文です。

難病に関する研修会等について

難病大学2019(難病医療講演会)のお知らせ

 ※令和2年3月4日(水)に古河保健所にて開催を予定していた

 「難病大学2019」は中止となりました。  

  保健所主催一覧(PDF:121KB)

 

2019年度 難病研修会(医療従事者向け)を開催しました

 難病患者の方が安心して療養できるよう,医療従事者の方が「難病の病態や治療,療養支援に必要な知識・技術」を習得することを目的に,今年度は,指定難病として多い疾患である「膠原病」について,研修会を開催しました。研修会の様子については,難病診療連携拠点病院「筑波大学附属病院 難病医療センター(外部サイトへリンク)」のホームページをご参照ください。

 研修会チラシ(PDF:909KB)

 【県南ブロック】

  日 時:令和元年11月29日(金)16:50~19:00(受付16:30~)

  場 所:筑波大学付属病院 けやきプラザ(つくば市天久保2-1-1)

  参加者:計35名

  内 容:「膠原病治療薬の留意点について」 

       筑波大学付属病院 薬剤師 向田 紗也 先生

      「全身性エリテマトーデスなどの膠原病の診断と最新の治療について」 

       筑波大学医学医療系 准教授 松本 功 先生

 【県央ブロック】

  日 時:令和元年12月4日(水)16:50~19:00(受付16:30~)

  場 所:茨城県立中央病院 研修棟会議室A(笠間市鯉渕6528)

  参加者:計42名  

  内 容:「全身性強皮症の呼吸リハビリについて」 

       茨城県立医療大学 理学療法学科 教授 冨田 和秀 先生

      「全身性強皮症などの膠原病の診断と最新の治療について」 

       筑波大学医学医療系 准教授 後藤 大輔 先生