ホーム > 茨城を知る > 人事・採用 > 採用 > 採用試験等情報 > 令和元年度茨城県職員(工芸技術)採用選考【職務経験者採用】

ここから本文です。

更新日:2019年12月5日

令和元年度茨城県職員(工芸技術)採用選考【職務経験者採用】

工芸技術職(大学卒業程度)を採用するための茨城県職員採用選考を次のとおり行います。

選考日:令和2年1月19日(日曜日)

選考会場:茨城県水戸合同庁舎7階(茨城県水戸市柵町1-3-1)

受付期間:令和元年12月5日(木曜日)から12月25日(水曜日)まで

  • 郵送の場合は、受付最終日の消印有効
  • 持参する場合は、受付期間のうち、土曜日、日曜日を除く午前8時30分から午後5時15分まで
  • 申込方法の詳細については選考案内をご覧ください。

1.職種、採用予定人員及び採用時の勤務場所等

職種

採用予定人員

採用時の勤務場所及び主な職務内容

工芸技術

2名程度

茨城県立笠間陶芸大学校において,笠間焼産地の振興を担う陶芸の人材を育成するため,主として次に掲げる内容について,講師として現代陶芸等に関する研修を実施するとともに,陶芸に関する技術指導や研究等の業務に従事します。
・現代陶芸,造形技術(ロクロ,手びねり,タタラ),意匠・デザイン,施釉・焼成等に関する研修の企画立案及び講義
・陶芸に関する技術相談・指導及び研究等
  • 採用予定人員については、変更になる場合があります。
  • 「採用時の勤務場所及び主な職務内容」については,採用時の予定です。その後の人事異動により,上記勤務場所以外での業務に従事していただく場合があります。

2.受験資格

次の1~4のいずれにも該当する人が受験できます。

  1. 昭和35年4月2日以降に生まれた人
  2. 全国規模の陶芸に関する公募展(応募資格を地域により限定していない公募展をいう。)又は海外において主催される公募展で,2回以上の受賞歴を有する人
  3. 地方公共団体又は学校教育法に基づき設置された教育機関において開催する陶芸に関する講義を行った経験を有する人
  4. 陶芸に関する職務経験を10年以上(令和元年11月末)有する人
    ※1 職務経験とは,1週間当たりの所定労働時間が20時間以上で6か月以上継続して就業していた期間が該当します。なお,休暇・休業・休職等のため,3か月以上継続して職務に従事していない期間(産前産後休暇を除く。)は,職務経験から除きます。
    ※2 上記※1の職務経験が複数の場合は,通算することができます。ただし,同一期間内に複数の職務に従事した場合は,いずれか一方のみの職務経験のみ通算することとします。なお,最終合格決定後,職務経験期間の確認のため,職歴証明書等を提出していただきます。(必要な職務経験の期間を満たしていない場合は採用されません。)

注)上記資格に該当する人であっても、次のいずれかに該当する人は受験できません。

  • 日本の国籍を有しない人
  • 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの人
  • 茨城県において懲戒免職の処分を受け、その処分の日から2年を経過しない人
  • 日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した人

3.選考案内・申込書類等

4.問い合わせ先

  • 選考に関すること
    茨城県人事委員会事務局(電話029-301-5549)
  • 職務内容及び受験資格に関すること
    総務部人事課(電話029-301-2278)

採用試験等情報へ戻る

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

人事委員会事務局総務課

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-5549

FAX番号:029-301-5559

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?