ホーム > 運転免許 > お知らせ > 新型コロナウイルス感染症への対応-運転免許証の更新に関する特例措置(有効期間の延長手続対象者の拡大(12月28日まで))

更新日:2020年9月10日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症への対応-運転免許証の更新に関する特例措置(有効期間の延長手続対象者の拡大(12月28日まで))

新型コロナウイルス感染症対策について(令和2年9月10日)

  • 新型コロナウイルス感染症は、感染症法の「指定感染症」に令和2年2月1日から指定され、法に基づき医師の届出、積極的疫学調査、患者への医療提供などを行うこととなります。
  • 新型コロナウイルス感染症は、現在、流行が危惧される状況にあります。県民の皆様におかれましては、季節性インフルエンザと同様に咳エチケットや手洗いなどの基本的な感染症対策に努めていただくようお願いいたします。

運転免許証の更新に関する特例措置

新型コロナウイルスへの感染やそのおそれを理由に、運転免許証の通常の更新手続を受けることができない・できなかった方については、以下のとおり対応します。

免許証の更新期限が過ぎてしまいそうな方

更新期限の前に、運転免許センターや警察署等に申請していただくことで、更新期限後であっても3か月間は運転が可能になります。(※1)

(※1)この期間に、講習の受講や適性検査の受講を含む、通常の更新手続を改めて受けていただく必要があります。

対象者
  • 茨城県公安委員会発行の運転免許証である(運転免許証記載の住所が茨城県内である。)こと。
  • 運転免許証が失効していないこと。
  • 運転免許証の有効期限が令和2年12月28日までであること(過去に同理由による更新期限の延長を行った方で、延長の末日が12月28日以前の方を含む。)。
申請場所及び受付時間
  • 運転免許センター
    月曜日から金曜日(祝日を除く):午前8時30分から午後4時30分まで
    日曜日:午前8時から午後0時まで及び午後1時から午後4時まで
  • 茨城県内各警察署(警察センターを含む。)
    月曜日から金曜日(祝日を除く):午前8時30分から午後4時30分まで
必要なもの(郵送以外)

免許証の更新期限が過ぎてしまった方

運転免許証を更新できず、免許を失効させてしまった場合には、学科・技能試験を受けることなく免許の再取得が可能です。

免許を再取得するまでは、無免許となり、運転することはできませんので注意してください。

運転免許証に係る新型コロナウイルス感染症対策について(PDF:285KB)

このページの内容についてのお問い合わせ先

担当課:交通部運転免許センター

連絡先:029-293-8811

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。