ホーム > 県警の紹介 > 活動紹介(令和3年) > 県警の活動紹介(令和3年新着)

更新日:2021年11月26日

ここから本文です。

県警の活動紹介(令和3年新着)

 いのちの講演会を開催しました(坂東市立岩井中学校)

令和3年10月27日(水曜日)に坂東市立岩井中学校において、「いのちの講演会」を開催しました。
「いのちの講演会」は、犯罪被害者やその御家族・御遺族による体験談等を通じて、自分や他人の命の大切さや、罪を犯してはならないことなどの規範意識を養うとともに、犯罪被害者支援に対する理解の促進を目的として開催しています。
今回は、講師に公益社団法人埼玉犯罪被害者援助センター理事の橋本隆史(はしもとりゅうじ)様をお招きし、「被害者が後遺障害を負ってしまったとき」と題して御講演いただきました。
橋本さんは、『みなさんが被害者になることも、加害者になることも無いようにしないといけない。私は、もし事故で命を失っていたら大変後悔したと思う。生きていたら必ずいいことがある。生きていたら幸せなんだ。』と会場に語りかけ、聴講した生徒の皆さんは真剣に耳を傾けていました。

いのちの講演会

 

飲酒運転の根絶

飲酒運転は悪質・危険な犯罪です。
悲惨な交通事故を防ぐため、各種取組を通じて飲酒運転のない茨城県を目指します。
令和3年11月10日、茨城県警察交通部長が飲酒運転の根絶に向けた取組等について記者会見を行いました。

ご当地ヒーロー「イバライガーX」への感謝状贈呈

令和3年11月7日(日曜日)、つくば警察署長は、自動車盗防止の啓発活動に積極的にご協力いただいた「時空戦士イバライガーX」に対し、感謝状を贈呈しました。
(※)令和3年10月から、イバライガーXをデザインした横断幕を、つくば市吾妻と天久保の県道陸橋2か所に、懸垂幕をつくば警察署前に、それぞれ掲示しています。

 

イバライガー1

つくば警察署前の懸垂幕

イバライガー2

感謝状の贈呈

住宅侵入窃盗被害防止に関する取組
(日本ロックセキュリティ協同組合茨城支部と協働による防犯講話の実施~水戸警察署~)

令和3年10月15日、水戸警察署では水戸地区防犯連絡員協議会研修会を実施し、住宅侵入窃盗被害防止のため、鍵の専門家である日本ロックセキュリティ協同組合と協働して防犯講話を行いました。

住宅侵入窃盗被害防止に関する取組

令和3年9月末現在、本県の空き巣、忍込み等の住宅侵入窃盗の認知件数は、前年に比べ僅かに減少しているものの、同程度で発生している状況です。
そこで、水戸警察署では、防犯連絡員対象の研修会において、鍵・錠取扱業者で構成される日本ロックセキュリティ協同組合茨城支部と協働し、それぞれの専門性を活かした住宅侵入窃盗の被害に遭わないための防犯講話を行いました。警察官が管内の発生状況を説明した後、組合担当者が「確認チェック項目」として、玄関の鍵は2ロックかどうか、少しの時間外出する時に鍵をかけているかなどの8つのポイントを紹介し、窓や出入口の防犯機器を紹介したり、参加者に実際にPC錠を手に取って見てもらうなど、防犯意識の高揚を図りました。
茨城県警察では、今後も同組合と協働し、住宅侵入窃盗被害防止の取組を推進して行きます。

 

ロックセキュリティ1

ロックセキュリティ2

犯罪被害者週間について

11月25日から12月1日は犯罪被害者週間です。

土浦警察署では、多くの県民の方に犯罪被害者週間を知っていただくため、土浦警察署に所属する女性警察官と県警のマスコットキャラクター「こひばりちゃん」がJ:COM(土浦ケーブルテレビ)に出演し、犯罪被害者週間の御案内をします。
11月19日(金曜日)から11月25日(木曜日)までの間、午後6時から25分間放映される番組内で約2分間、放映される予定ですので、是非、御覧下さい。

犯罪被害者週間1

 犯罪被害者週間2

このページの内容についてのお問い合わせ先

担当課:警務部県民安心センター

連絡先:029-301-0110