定例会議の開催状況【平成30年6月6日(水曜日)】

日時

平成30年6月6日(水曜日)

このページのトップへ戻る

出席者

  • 公安委員会
    諸岡委員長、今委員、鬼澤委員
  • 警察本部
    警察本部長、警務部長、首席監察官、生活安全部長、地域部長、刑事部長、交通部長、警備部長、情報通信部長、総務課長

このページのトップへ戻る

審議事項

なし

このページのトップへ戻る

報告事項

茨城県警察施設管理計画の策定について

警務部長から、茨城県公共施設等総合管理計画に基づく茨城県警察施設管理計画の策定について報告があった。

委員から、「どの警察署も手狭だと感じており、その中で働く職員は大変だと思うが、雑然とした執務室はやはり県民が見ても良い印象ではないと思うので、建て替えにより早期に狭隘化の解消を図ってほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「建て替えコストの平準化や耐震基準への適合等の基本方針に加え、職員の使い勝手や女性用施設整備等も踏まえ、優先順位を決めて推進してほしい。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「職員のアメニティも重要だが、以前にも話したとおり、交番等の外壁が暗い色であったり、位置が分かりにくいものがある。交番は、緊急時に県民が駆け込むため目立つことが重要であり、外壁の塗色や案内表示等で目立たせる工夫をしてほしい。」旨の意見が出された。

平成29年度茨城県警察犯罪被害者支援施策の推進状況について

警務部長から、茨城県警察犯罪被害者支援施策の推進状況について報告があった。

委員から、「部内カウンセラーによるカウンセリングは、どのくらいの期間で行っているのか。また、民間団体の支援者が不足していると聞いているので、支援者育成についてもサポートをお願いしたい。」旨の意見が出され、警務部長から、「カウンセリングの実施期間は特に区切らず、ケースバイケースで対応している。」旨の説明があった。

また、委員から、「支援施策の推進状況を見ると、ほとんどの項目において前年より向上しているので、引き続き推進してほしい。」旨の意見が出された。

防犯CSR活動について

生活安全部長から、犯罪予防のために事業者が取り組む社会貢献活動である防犯CSR活動について報告があった。

委員から、「防犯CSR活動の一環として“こどもを守る110番の家”があるが、参画している事業所に移転等の変更があれば、随時見直しを行ってほしい。また、一般家庭にも教育委員会等が依頼しているが、昼間不在になるなど実効性がなくなった場合は見直すよう依頼してほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「更に多くの事業所から協力が得られるよう、事業所の実情に応じた活動について改めて協力依頼してはどうか。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「防犯CSR活動に関連して、病院やスーパー・コンビニエンスストア等におけるニセ電話詐欺被害防止ポスターの掲示も重要であり、新たなポスターを配布したり、協力店舗等の拡大を図るなど更に推進してほしい。」旨の意見が出された。

刑事部関係事件について

刑事部長から、コンビニエンスストアに対する持凶器強盗事件(神栖署)の発生について報告があった。

委員から、「先月も同一店舗において同様の事件が発生しており、店舗側でも対策を検討していた矢先だと思うが、怪我人が出なかったのは不幸中の幸いである。」旨の意見が出された。

また、委員から、「被疑者を早期に検挙してほしい。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「10日と経たず同一店舗において、酷似した被疑者による事件が起きたというのは、警察に対する挑戦とも思える。是非とも早期検挙をお願いしたい。」旨の意見が出された。

交通事故発生状況について(平成30年5月末速報値)

交通部長から、5月末の交通事故発生状況について報告があった。

委員から、「県民の関心を引く広報等、県警の情報発信活動により、県民の交通事故防止に対する意識も高まってきていると感じるが、今後も更に推進してほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「交通事故死者数は51名と前年同期より減少しており、今後も更なる抑止に努めてほしい。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「交通事故死者数は、平成26年の132人が過去10年間で最少だが、それを下回るよう更に努力してほしい。」旨の意見が出された。

行事等
平成30年茨城県サイバーテロ対策協議会総会の開催について

警備部長から、6月12日の茨城県サイバーテロ対策協議会総会の開催について報告があった。

委員から、「更に多くの事業者が協議会に参加するよう、協力依頼の呼びかけを強化してほしい。」旨の意見が出された。

その他の報告・決裁等

警察本部担当者

総務課長、警務課長、監察官、人身安全対策課長、捜査第二課長、運転免許センター長、警備課長

報告・決裁等の概要
公安委員会あて苦情の受理について

総務課から、公安委員会あて苦情の受理について報告があり、決裁した。

公安委員会あて苦情の処理について

警務課から、公安委員会あて苦情の処理について報告があり、決裁した。

情報開示請求調停事件の調停期日呼出状の受理及び対応について

監察室から、情報開示請求調停事件の調停期日呼出状の受理及び対応について報告があり、決裁した。

ストーカー規制法に基づく警告禁止命令等の実施結果について

人身安全対策課から、5月中におけるストーカー規制法に基づく警告禁止命令等の実施結果について報告があり、決裁した。

神奈川県警察及び茨城県警察等による合同捜査に伴う警察官の派遣について

捜査第二課から、神奈川県警察及び茨城県警察等による合同捜査に伴う警察官の派遣延長について報告があり、決裁した。

指定自動車教習所に対する行政処分(監督命令)改善措置結果について

運転免許センターから、指定自動車教習所に対する行政処分(監督命令)改善措置結果について報告があり、決裁した。

沖縄県公安委員会からの援助要求に対する同意について

警備課から、沖縄県公安委員会からの援助要求に対する同意について報告があり、決裁した。

このページのトップへ戻る

このページの内容についてのお問い合わせ先

茨城県警察本部警務部総務課公安委員会補佐室
〒310-8550 茨城県水戸市笠原町978-6 連絡先:029-301-0110(代表)

  • 委員長・委員のプロフィール
  • 茨城県運営重点
  • 国家公安委員会