定例会議の開催状況【平成30年9月26日(水曜日)】

日時

平成30年9月26日(水曜日)

このページのトップへ戻る

出席者

  • 公安委員会
    今委員長、鬼澤委員、諸岡委員
  • 警察本部
    警察本部長、警務部長、首席監察官、生活安全部長、地域部長、刑事部長、交通部長、警備部長、情報通信部長、総務課長

このページのトップへ戻る

審議事項

交通信号機の新設及び廃止(案)について

交通部長から、交通信号機の新設及び廃止(案)について説明があった。

委員から、「新設のものは全て根拠があり、廃止の1基も、一灯点滅を廃止し押しボタンを新設するものであり、了解した。」旨の意見が出された。

また、委員から、「一灯点滅は減らす方向だと思うが、古いものも多いので順次進めてほしい。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「必要性に応じた新設・廃止であるので、この通りお願いしたい。」旨の意見が出された。

以上の審議を踏まえ、原案どおり了承された。

このページのトップへ戻る

報告事項

管区警察局による総合監察の受監結果について(平成30年度第2四半期)

首席監察官から、7月23日から同月25日の間に実施された管区警察局による総合監察の受監結果について報告があった。

委員から、「心に響く教養となるような工夫や、リカバリー教養資料の庁内ネットワーク上への掲載等、各種取組により好評価を得られたのは何よりである。」旨の意見が出された。

また、委員から、「リカバリー教養資料は分かりやすく、非常に役立つと思う。リカバリー教養も、やり方によってはハラスメント的に捉えられる可能性もあるので、誤解されないような対応をお願いしたい。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「職員が自ら失敗に気付き、対処方法を理解できるように、引き続き適切な教養を推進してほしい。」旨の意見が出された。

指名手配被疑者捜査強化月間の実施について

刑事部長から、11月1日から同月30日の1か月間に実施する指名手配被疑者捜査強化月間について報告があった。

委員から、「強化月間の重点施策として、公開ポスターが随所に掲示されるので、県民にも協力を呼びかけていきたい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「指名手配被疑者の逮捕に向けて、各種捜査を推進してほしい。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「どのような場合に重要指名手配となるのか。」旨の質問があり、刑事部長から、「凶悪犯や社会的不安の大きい重要犯罪等、厳しい要件の下に重要手配を行っている。」旨の説明があった。

刑事部関係事件について

刑事部長から、夫に対する殺人・死体遺棄等事件(土浦署・捜査第一課)の検挙について報告があった。

各委員から、「大変な事件だったが、殺人罪での再逮捕ができたのはよかった。」旨の意見が出された。

行事等
全国地域安全運動の実施及び「第40回地域安全茨城県民大会」の開催について

生活安全部長から、10月11日から同月20日の全国地域安全運動及び10月10日の第40回地域安全茨城県民大会について報告があった。

委員から、「全国共通運動重点に挙げられたニセ電話詐欺の被害防止は、県でも重要な課題であるので、各種取組を強化してほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「犯罪抑止のためパトロールは重要であるが、署によってパトロールカードの配布状況に温度差があるように感じるので、配布の促進を指示してほしい。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「防犯ボランティア団体の減少や高齢化が課題となっていると聞くので、活性化を図れるよう協力していきたい。」旨の意見が出された。

第87回土浦全国花火競技大会における安全対策について

地域部長から、10月6日に開催される第87回土浦全国花火競技大会における安全対策について報告があった。

委員から、「毎年恒例のことではあるが、事故のないようにお願いしたい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「最近は、警察官の的確な誘導により帰路客が整然と通行できているようであり、女性警察官の活躍も聞いている。引き続き、観客が楽しんで帰れるよう適切に対応してほしい。」旨の意見が出された。

JR不審者対応訓練の支援について

地域部長から、10月4日にJR水戸駅において実施される不審者対応訓練の支援について報告があった。

委員から、「実際の車両を使用した想定訓練は初めてだと思うので、しっかり取り組んでほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「JR主催の訓練だが、いざという時の頼みは警察なので、よろしくお願いしたい。」旨の意見が出された。

第49回全国白バイ安全運転競技大会の開催について

交通部長から、10月6日及び同月7日の第49回全国白バイ安全運転競技大会の開催について報告があった。

委員から、「出場する以上は、トップを目指して頑張ってほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「好天に恵まれるよう祈っている。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「様々な競技があり大変だと思うが、日頃からしっかり訓練してほしい。」旨の意見が出された。

平成30年度茨城県警察警衛・警護要員総合訓練の実施について

警備部長から、10月2日の茨城県警察警衛・警護要員総合訓練の実施について報告があった。

委員から、「以前、同様の訓練を視察したが、リアルな想定訓練で迫力があった。定期的に繰り返し実施してほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「できれば、訓練の模様を県民にも広報すると、警察がこのように守ってくれるという安心感にもつながるのではないか。」旨の意見が出され、警備部長から、「今後の訓練については、広報を実施する予定である。」旨の説明があった。

その他

交通部長から、前回報告した水戸駅南口の大型映像ビジョンによる広報啓発について、本日から放送開始となる旨の説明があった。

その他の報告・決裁等

警察本部担当者

県民安心センター長、捜査第三課長、警備課長

報告・決裁等の概要
行政文書開示請求の受理及び開示状況について

県民安心センターから、8月中の行政文書開示請求の受理及び開示状況について報告があり、決裁した。

茨城県警察・栃木県警察による合同捜査の実施及び警察官(車両)の援助要求について

捜査第三課から、茨城県警察・栃木県警察による合同捜査の実施及び警察官(車両)の援助要求について報告があり、決裁した。

沖縄県公安委員会からの援助要求に対する同意について

警備課から、沖縄県公安委員会からの援助要求に対する同意について報告があり、決裁した。

集会・集団行進・集団示威運動専決許可状況について

警備課から、8月中の集会・集団行進・集団示威運動専決許可状況について報告があり、決裁した。

このページのトップへ戻る

このページの内容についてのお問い合わせ先

茨城県警察本部警務部総務課公安委員会補佐室
〒310-8550 茨城県水戸市笠原町978-6 連絡先:029-301-0110(代表)

  • 委員長・委員のプロフィール
  • 茨城県運営重点
  • 国家公安委員会