定例会議の開催状況【平成30年11月14日(水曜日)】

日時

平成30年11月14日(水曜日)

このページのトップへ戻る

出席者

  • 公安委員会
    今委員長、鬼澤委員、諸岡委員
  • 警察本部
    警察本部長、警務部長、首席監察官、生活安全部長、地域部長、刑事部長、交通部長、警備部長、情報通信部長、総務課長

このページのトップへ戻る

審議事項

なし

このページのトップへ戻る

報告事項

狩猟期における猟銃等にかかる事件・事故の防止と指導取締りについて

生活安全部長から、本年11月15日から平成31年2月15日までの狩猟期における猟銃等にかかる事件・事故の防止と指導取締りについて報告があった。

委員から、「一つ間違えれば大変な事故につながる可能性もあるので、的確な取締りをお願いしたい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「猟銃所持の許可申請の際には医師の診断書も必要であり、医療機関ともよく連携してほしい。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「猟銃は危険を伴うので、所持者がしっかりと適切に管理することが必要であり、所持者に対する指導を徹底してほしい。」旨の意見が出された。

刑事部関係事件について

刑事部長から、親子間の殺人未遂事件(日立署)の発生・検挙について報告があった。

委員から、「悲惨な事件であり、残念である。」旨の意見が出された。

また、委員から、「このような事件に発展する前に、地域で相談しあえる環境ができればよいと思う。」旨の意見が出された。

交通事故発生状況について(平成30年10月末 速報値)

交通部長から、10月末の交通事故発生状況について報告があった。

委員から、「交通事故死者数は10月末で98人と統計上過去最少であり、この流れを維持してほしい。各種施策による効果が現れてきていると感じるので、今後も漏れなく推進してほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「横断歩道以外を横断中の死亡事故が多いので、歩行者に対し、横断歩道利用や夜間の反射材着用を働きかけることが重要である。最近また死亡事故が増えつつあるので、引き続き取組を推進してほしい。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「県警の周知活動が県民に浸透してきた現れだと思う。交通安全講話等に出て来ない人達への反射材着用の働きかけが課題であり、更に頑張ってほしい。」旨の意見が出された。

特命取締係の活動状況について〜係新設後6か月の結果〜

交通部長から、4月に新設した特命取締係の活動状況について報告があった。

委員から、「新設後6か月の成果としては素晴らしいと感じる。きめの細かい追跡や捜査を展開するのは大変だと思うが、継続してほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「あおり運転が問題になっているが、被疑者検挙のためにはドライブレコーダーが効果的であり、バックカメラも含めた設置について運転者に呼びかけるとよいと思う。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「アルコールの体内での分解時間についての新聞記事を読み、思っていた以上に時間がかかると分かった。飲酒運転防止のため、アルコールが抜けるまで個人差はあるがかなりの時間を要するということについて、県民に対する更なる注意喚起が必要ではないか。」旨の意見が出された。

行事等
大規模警備実施を見据えた茨城県警察第二機動隊の訓練実施(3回目)について

警備部長から、大規模警備実施を見据えた茨城県警察第二機動隊の3回目の訓練実施について報告があった。

委員から、「訓練が続いて大変だと思うが、頑張ってほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「茨城国体も東京オリンピック等もあるので、無事終了するよう万全を期してほしい。」旨の意見が出された。

その他の報告・決裁等

警察本部担当者

総務課長、警務課長、人身安全対策課長

報告・決裁等の概要
審査請求書に係る弁明書の受理及び送付並びに反論書の提出要求について

総務課から、行政文書不開示決定処分に関する審査請求書に係る弁明書の受理及び送付並びに反論書の提出要求について報告があり、決裁した。

補正書の受理及び審査請求書に係る弁明書の提出依頼について

総務課から、個人情報部分開示決定処分に対する審査請求に関する補正書の受理及び審査請求書に係る弁明書の提出依頼について報告があり、決裁した。

審査請求書に係る裁決書の作成及び裁決書謄本の送付について

総務課から、行政文書不開示決定処分に関する審査請求書に係る裁決書の作成及び裁決書謄本の送付について報告があり、決裁した。

警察署協議会の開催結果について(平成30年第3回)

総務課から、平成30年第3回警察署協議会の開催結果について報告があり、決裁した。

平成31年茨城県警察運営重点の策定日程について

警務課から、平成31年茨城県警察運営重点の策定日程について説明があった。

ストーカー規制法に基づく警告、禁止命令等の実施結果について

人身安全対策課から、10月中におけるストーカー規制法に基づく警告、禁止命令等の実施結果について報告があり、決裁した。

このページのトップへ戻る

このページの内容についてのお問い合わせ先

茨城県警察本部警務部総務課公安委員会補佐室
〒310-8550 茨城県水戸市笠原町978-6 連絡先:029-301-0110(代表)

  • 委員長・委員のプロフィール
  • 茨城県運営重点
  • 国家公安委員会