定例会議の開催状況【平成30年12月26日(水曜日)】

日時

平成30年12月26日(水曜日)

このページのトップへ戻る

出席者

  • 公安委員会
    今委員長、鬼澤委員、諸岡委員
  • 警察本部
    警察本部長、警務部長、首席監察官、生活安全部長、地域部長、刑事部長、交通部長、警備部長、情報通信部長、総務課長

このページのトップへ戻る

審議事項

なし

このページのトップへ戻る

報告事項

平成31年月間等、広報重点及び主要会議等予定表について

警務部長から、平成31年月間等、広報重点及び主要会議等予定表について報告があった。

委員から、「社会情勢に応じて追加したものや、サミット等のイベント関連についても反映されていると思う。重点が多すぎると却って分散してしまうので、この程度の数で適切に推進してほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「毎年、警察庁月間等の11月は指名手配被疑者捜査強化月間であるが、効果が上がるように取り組んでほしい。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「毎年の定例的な月間や広報重点もあるが、マンネリ化しないようにその都度新たな取組を取り入れるなど、工夫してほしい。」旨の意見が出された。

平成31年における本部重点犯罪及び犯罪抑止目標について

生活安全部長から、平成31年における本部重点犯罪及び犯罪抑止目標について報告があった。

委員から、「全国ワーストの罪種が挙げられており、継続して取り組んでほしい。新規項目の『通学路における子供が被害者となる犯罪』についても、多岐にわたり大変だと思うが、対策を推進してほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「住宅侵入窃盗と自動車盗は犯罪率全国ワーストであり、県の魅力度向上のためにも、何とかワーストから脱却するよう頑張ってほしい。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「新規項目の『通学路における子供が被害者となる犯罪』の抑止のため、通学路の雑草や樹木の伐採等による死角の排除も重要であり、関係機関等と連携して通学路の安全確保をお願いしたい。」旨の意見が出された。

刑事部関係事件について

刑事部長から、刑事部関係事件の検挙について報告があった。

【検挙】

  • 連続持凶器強盗等事件(石岡・笠間署・捜査第一課)
  • 外国人による強盗殺人未遂事件(筑西署)
  • 県議会議員一般選挙における公職選挙法違反事件(石岡署)

委員から、「いずれも被疑者を検挙しているのはよかった。」旨の意見が出された。

また、委員から、「外国人による強盗殺人未遂事件で、被害者が軽傷で済んだことは不幸中の幸いである。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「外国人による強盗殺人未遂事件は昼間に発生しているが、外国人に対する社会的な不安感が広がるおそれもあるので、背景事情等を含めて解明してほしい。」旨の意見が出された。

四輪車と道路横断中の歩行者との交通事故の特徴と防止対策について(H25〜H29 過去5年累計 重傷事故以上)

交通部長から、過去5年累計の四輪車と道路横断中の歩行者との交通事故の特徴と防止対策について報告があった。

委員から、「緻密なデータ分析の結果がまとまっており、これに基づく対策が浸透すれば事故の減少につながると思うので、マスコミの協力を得てよく広報してほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「以前からの指摘のとおり、四輪車が直進中、右から左への横断歩行者の死亡事故が多いと分かった。横断歩道の表示が消えかけていたり、信号機が街路樹の陰になっている箇所を見かけるので、道路管理者等と連携して道路環境の整備に努めてほしい。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「見通しの悪い交差点等において、車両が停止線で一時停止せず、交差する道路の車道の手前まで進行している場面をよく見るが、もし歩道を歩行者や自転車が通過したら衝突してしまうと思い、危険を感じている。また、夜間の事故防止のためには反射材着用のみでなく、明るい色の服装や懐中電灯等の携帯も有効であり、併せて歩行者に強く働きかけてほしい。」旨の意見が出された。

茨城県道路交通法施行細則の一部改正(案)に係るパブリックコメントの実施について

交通部長から、自転車の乗車人員の制限に係る規定の見直しを実施するための茨城県道路交通法施行細則の一部改正(案)に係るパブリックコメントの実施について報告があった。

委員から、「趣旨は十分に理解したので、このとおり実施してほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「自転車の複数乗車ができるようになるのはよいことだと思うが、交通事故が起きないように十分な配慮をお願いしたい。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「タンデム自転車の公道走行を待ち望む声をよく聞くが、事故防止のための安全対策を定めた上で、広く周知徹底してほしい。」旨の意見が出された。

行事等
平成30年度茨城県警察駅伝競走大会の開催について

警務部長から、平成31年2月8日の茨城県警察駅伝競走大会の開催について報告があった。

委員から、「選手は日頃から訓練していると思うが、負傷等しないよう無理のない範囲で頑張ってほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「厳寒期なので、十分に準備運動して事故のないように注意してほしい。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「体を鍛えることも職業上必要だと思うので、各所属で選手の訓練時間の確保等に配慮してもらえるとよいと思う。」旨の意見が出された。

初任科第301期長期課程卒業式の実施について

警務部長から、平成31年1月25日の初任科第301期長期課程卒業式の実施について報告があった。

ニセ電話詐欺対策会議の開催について

生活安全部長から、平成31年1月11日のニセ電話詐欺対策会議の開催について報告があった。

委員から、「消費税の増税に伴う景気対策として、政府はキャッシュレスを推奨するということだが、それに便乗した新手の詐欺等の発生を危惧しており、オールジャパンで対策に取り組む必要がある。」旨の意見が出された。

このページのトップへ戻る

その他の報告・決裁等

警察本部担当者

総務課長、警備課長

報告・決裁等の概要
審査請求書に係る弁明書の受領及び送付並びに反論書の提出要求について

総務課から、行政文書不開示決定処分に対する審査請求書に係る弁明書の受領及び送付並びに反論書の提出要求について報告があり、決裁した。

集会・集団行進・集団示威運動専決許可状況について

警備課から、11月中の集会・集団行進・集団示威運動専決許可状況について報告があり、決裁した。

このページのトップへ戻る

このページの内容についてのお問い合わせ先

茨城県警察本部警務部総務課公安委員会補佐室
〒310-8550 茨城県水戸市笠原町978-6 連絡先:029-301-0110(代表)

  • 委員長・委員のプロフィール
  • 茨城県運営重点
  • 国家公安委員会