定例会議の開催状況【平成31年2月13日(水曜日)】

日時

平成31年2月13日(水曜日)

このページのトップへ戻る

出席者

  • 公安委員会
    今委員長、鬼澤委員
  • 警察本部
    警察本部長、警務部長、生活安全部長、交通部長、警備部長、情報通信部長、地域部参事官兼地域課長、総務課長、警務部参事官兼監察室長、刑事部参事官兼刑事総務課長

このページのトップへ戻る

審議事項

交番その他の派出所及び駐在所の名称、位置及び所管区に関する規則の一部改正(案)について

地域部長から、土地区画整理事業による町名変更及び駐在所の移転建て替えに伴う交番その他の派出所及び駐在所の名称、位置及び所管区に関する規則の一部改正(案)について説明があった。

委員から、「説明を聞いて了解した。」旨の意見が出された。

また、委員から、「このとおり進めてほしい。移転建て替えとなる駐在所は、また市民に親しまれるよう努めてほしい。」旨の意見が出された。

以上の審議を踏まえ、原案どおり了承された。

このページのトップへ戻る

報告事項

平成31年度茨城県警察組織改編について

警務部長から、警務部に「装備施設課」を新設するなどの平成31年度茨城県警察組織改編について報告があった。

委員から、「いずれも新設や体制整備の必要性について説明を受けたが、他所属が手薄とならないようにお願いしたい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「国体・オリンピック等の大規模警備や、社会的に問題となっている児童虐待事案等に対する体制を整備しており、このような県警としての取組について県民にも広報してほしい。」旨の意見が出された。

平成30年度県政世論調査の結果について

警務部長から、平成30年度県政世論調査の結果について報告があった。

委員から、「概ね日頃から感じていたとおりの結果であった。この結果を今後の対策等に有効活用してほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「全体的には前年と同様の傾向であり、警察に対する要望等を見ると、県警に対する信頼感は高いと感じられるが、先日、『110番通報は敷居が高いと感じる』という県民の声も聞いたので、更に身近な存在となれるとよいと思う。」旨の意見が出された。

平成31年度警察費当初予算案の概要について

警務部長から、平成31年度警察費当初予算案の概要について報告があった。

委員から、「県警の事業のポイントについて重点的に配分していると感じており、これを踏まえて安全安心の確立に取り組んでほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「どこにどう配分するかしっかり検討されていると思うので、このとおり進めてほしい。」旨の意見が出された。

遺失物の取扱状況について(平成30年中)

警務部長から、平成30年中の遺失物の取扱状況について報告があった。

委員から、「拾得届件数の内訳で現金が多いのは意外に感じた。」旨の意見が出され、警務部長から、「少額の現金の遺失はあまり届出しないが、拾得は子供等が少額でも届け出てくれる例が多いのではないかと思われる。」旨の説明があった。

また、委員から、「拾得物件の処理状況で、遺失者に返還された現金はどのくらいなのか。」旨の質問があり、警務部長から、「昨年は、拾得金額の6割以上が遺失者に返還されている。」旨の説明があった。

ひばりくん防犯メール運用状況について(平成30年中)

生活安全部長から、平成30年中のひばりくん防犯メール運用状況について報告があった。

委員から、「ひばりくん防犯メールは非常に有益な情報が多数配信されるので、登録拡大方策を今後も研究してほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「30歳代と40歳代の女性の登録者数が多いのは小中学生等の保護者であると思うが、学校からも同様の情報がメール配信されており、警察独自の情報の配信等の特徴を強調して周知することで、登録拡大を図ってほしい。」旨の意見が出された。

刑事部関係事件について

刑事部長から、刑事部関係事件の発生について報告があった。

【発生】

  • コンビニエンスストアに対する持凶器強盗事件(水戸署)

委員から、「被害が煙草だけで済んだのは不幸中の幸いだが、被疑者の早期逮捕をお願いしたい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「このような事件を起こせば必ず逮捕されるということを、社会に知らしめてほしい。」旨の意見が出された。

茨城県道路交通法施行細則の一部改正(案)に係るパブリックコメントの実施結果について

交通部長から、1月10日から2月8日までの間に実施した、自転車の乗車定員に係る茨城県道路交通法施行細則の一部改正(案)に係るパブリックコメントの実施結果について報告があった。

委員から、「提出意見数はそれほど多くはなかったが、反対意見はなかったので、このとおり改正に向け進めてほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「他県では既に導入している例も多いが、交通事故の情報等はあるのか。誰もが安全に楽しめるようにしてほしい。」旨の意見が出され、交通部長から、「大きな事故の発生は把握していない。」旨の説明があった。

行事等
国家公安委員会委員の本県視察について

警務部長から、2月19日に実施される国家公安委員会委員の本県視察について報告があった。

第42回茨城県民の警察官表彰式の実施について

監察室長から、2月23日の第42回茨城県民の警察官表彰式の実施について報告があった。

茨城県警察音楽隊第40回定期演奏会の開催について

警務部長から、2月23日の茨城県警察音楽隊第40回定期演奏会の開催について報告があった。

委員から、「警察だけでなく、一般市民が出演するなどの企画もよいと思う。」旨の意見が出された。

三者通話訓練の実施について

地域部長から、訪日外国人対策の一環として2月21日及び22日に栃木県警と合同で実施する110番通報の三者通話訓練について報告があった。

委員から、「スムーズに対応できるようによく訓練してほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「これから訪日外国人の増加が見込まれ、多様な言語への対応が必要だが、通訳員は十分に確保できているのか。」旨の質問があり、地域部長等から、「組織犯罪対策課や各所属の指定通訳員だけでなく、民間通訳人への委託も行っている。」旨の説明があった。

その他の報告・決裁等

警察本部担当者

総務課長、県民安心センター長、警務課長、監察室長

報告・決裁等の概要
公安委員会宛て苦情の処理について

総務課から、公安委員会宛苦情処理について報告があり、決裁した。

警察宛て苦情の受理及び処理状況について(平成31年1月末現在)

県民安心センターから、1月末現在の警察宛て苦情の受理および処理状況について報告があり、決裁した。

人事異動について

警務課から、人事異動について報告があった。

茨城県警察公益通報(内部通報)の調査結果について

監察室から、茨城県警察公益通報(内部通報)の調査結果について報告があり、決裁した。

行政文書開示状況について

県民安心センターから、1月中の行政文書開示状況について報告があり、決裁した。

このページのトップへ戻る

このページの内容についてのお問い合わせ先

茨城県警察本部警務部総務課公安委員会補佐室
〒310-8550 茨城県水戸市笠原町978-6 連絡先:029-301-0110(代表)

  • 委員長・委員のプロフィール
  • 茨城県運営重点
  • 国家公安委員会