定例会議の開催状況【平成31年2月27日(水曜日)】

日時

平成31年2月27日(水曜日)

このページのトップへ戻る

出席者

  • 公安委員会
    今委員長、鬼澤委員、諸岡委員
  • 警察本部
    警察本部長、警務部長、首席監察官、生活安全部長、地域部長、刑事部長、交通部長、警備部長、情報通信部長、総務課長

このページのトップへ戻る

審議事項

茨城県警察組織規則の一部改正について

警務部長から、平成31年度茨城県警察組織改編に伴い、茨城県警察組織規則(平成21年茨城県公安委員会規則第5号)について説明があった。

委員から、「説明を聞いて了解した。」旨の意見が出された。

また、委員から、「児童虐待の問題等、理想と現実があるが我々もサポートしていく。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「了解した。速やかに進めてほしい。」旨の意見が出された。

以上の審議を踏まえ、原案どおり了承された。

茨城県道路交通法施行細則の一部改正(案)について

交通部長から、自転車の乗車人員の制限に係る規定の見直し、車高4.1mの自転車が通行可能な道路の追加指定について報告があった。

委員から、「自転車の乗車人員については説明を受け了解した。車高4.1mについては、是非安全に注意するように周知徹底してほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「ベロタクシーで事故が起きた場合、非常に危険だと思うので、ヘルメット着用等、安全性に充分配慮してほしい。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「速度超過等の違反者に対しては、しっかりと取締りを行ってほしい。」旨の意見が出された。

以上の審議を踏まえ、原案どおり了承された。

このページのトップへ戻る

報告事項

関東管区警察局による総合監察の受監結果について

首席監察官から、平成30年度第3四半期の関東管区警察局による総合監察の受監結果について報告があった。

委員から、「日頃の指導のたまものであることから、今後も継続をお願いしたい。」旨の意見が出された。

刑事部関係事件について

刑事部長から、刑事部関係事件の発生及び検挙について報告があった。

【発生】

  • 同僚間における持凶器殺人未遂事件(常総署)

【検挙】

  • コンビニエンスストアに対する持凶器強盗事件(水戸署)

委員から、「いろいろと事情があると思うが、適切に捜査を進めてほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「被害者は頸部を切られ一歩間違えれば危険であったと思うが、助かってよかった。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「正社員と派遣社員という関係でのトラブルがあったのだと思うが、職場でもこのような事件が起こりうることを認識して対応していかなければならないと感じた。」旨の意見が出された。

行事等
節分祭における安全対策実施結果について

地域部長から、節分祭における安全対策実施結果について報告があった。

委員から、「内容については了解した。」旨の意見が出された。

また、委員から、「笠間稲荷神社は従事警察官が6人と少ないが、ガードマンも従事したのか。」旨の質問があり、地域部長から「自主警備を実施した。」旨の説明があった。

さらに、委員から、「雑踏事故の発生がなく良かったと思う。今後も県民の安全を守ってもらいたい。」旨の意見が出された。

その他の報告・決裁等

警察本部担当者

警務課長、首席監察官、警備課長、交通総務課長、運転免許センター長

報告・決裁等の概要
人事案件について

警務課から、人事案件について報告があった。

内部通報の調査結果について

首席監察官から、茨城県警察公益通報(内部通報)の調査結果について報告があった。

集会・集団行進・集団示威運動専決許可状況について

警備課から、1月中の集会・集団行進・集団示威運動専決許可状況について報告があり、決裁した。。

茨城県道路交通法施行細則の一部改正について

交通総務課から、茨城県道路交通法施行細則の一部改正について報告があり、決裁した。

運転免許技能試験官の指定について

運転免許センターから、運転免許技能試験官の指定について報告があり、決裁した。

このページのトップへ戻る

このページの内容についてのお問い合わせ先

茨城県警察本部警務部総務課公安委員会補佐室
〒310-8550 茨城県水戸市笠原町978-6 連絡先:029-301-0110(代表)

  • 委員長・委員のプロフィール
  • 茨城県運営重点
  • 国家公安委員会