定例会議の開催状況【平成31年4月24日(水曜日)】

日時

平成31年4月24日(水曜日)

このページのトップへ戻る

出席者

  • 公安委員会
    今委員長、鬼澤委員、本間委員
  • 警察本部
    警察本部長、警務部長、首席監察官、生活安全部長、刑事部長、交通部長、警備部長、情報通信部長、警務部参事官兼総務課長、地域部参事官兼地域課長

このページのトップへ戻る

審議事項

交通信号機の新設及び廃止(案)について

交通部長から、交通信号機の新設及び廃止(案)について説明があった。

委員から、「信号機の新設の件については、安全で便利になり良いことであると思う。廃止の件については、一時停止の標識を設置するとの説明を受けて了解した。」旨の意見が出された。

また、委員から、「信号機の新設、廃止の件については了解した。道路は県民の生活に直接影響を与えるものなので、道路管理者などと連携してスムーズに利用できるようにしてほしい。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「小学校の近くに信号機が新設され大変良いと思う。今後も子供達の通学の安全に充分配慮して、信号機を設置してほしい。」旨の意見が出された。

以上の審議を踏まえ、原案どおり了承された。

このページのトップへ戻る

報告事項

訓戒等処分結果について(平成31年1月〜3月)

首席監察官から、訓戒等処分結果について報告があった。

委員から、「前年と比べ減少しているが、処分者を出さないことが一番であり、継続して指導をしてほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「経験を踏まえ、継続した指導をしてほしい。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「再発防止対策をしっかりと行ってほしい。」旨の意見が出された。

県内における自動車盗の特徴と予防対策について(平成31年3月末 暫定値)

生活安全部長から、県内における自動車盗の特徴と予防対策について報告があった。

委員から、「自主防犯対策について、具体的な対策例を示した資料などを発出すると効果があると思う。」旨の意見が出された。

また、委員から、「自主防犯対策の負担やリスクについて、県民に分かりやすく示して発信することも大切であると思う。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「自主防犯対策が大切な時代であるが、具体的にどのような対策を行えば良いのか分からない人も多いと思う。自主防犯対策について、県民に分かりやすい情報を発信してほしい。」旨の意見が出された。

刑法犯(重要犯罪・重要窃盗犯)の認知・検挙及び重点犯罪対策の推進状況について        (平成31年3月末 暫定値)

刑事部長及び生活安全部長から、刑法犯(重要犯罪・重要窃盗犯)の認知・検挙及び重点犯罪対策の推進状況について報告があった。

委員から、「説明を聞き了解した。今後の推進方策については、地道に積み上げていくしかないと思う。」旨の意見が出された。

また、委員から、「検挙をするということが、警察の最も重要な役目であることから、今後も犯罪者の検挙に努めてほしい。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「ニセ電話詐欺はマスコミでも大きく取り上げて周知されてきたが、更に県民の防犯意識を高めるため、警察と行政機関が連携して努力をしてほしい。」旨の意見が出された。

刑事部関係事件について

刑事部長から、刑事部関係事件の発生及び検挙について報告があった。

【発生】

  • コンビニエンスストアに対する強盗事件(笠間署)

【発生・検挙】

  • (1) 外国人農業実習生間における殺人未遂事件(下妻署)
  • (2) コンビニエンスストアに対する強盗未遂事件(土浦署)

委員から、「検挙することができて良かった。」旨の意見が出された。

また、委員から、「職務質問により検挙したことは、県民に警察への信頼感を与えることになる。これからもしっかりと検挙してほしい。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「外国人農業実習生間における殺人未遂事件については、原因を究明して適切な捜査を行ってほしい。」旨の意見が出された。

道路交通法施行規則の一部改正に伴う運転免許証の表示変更について

交通部長から、道路交通法施行規則の一部改正に伴う運転免許証の表示変更について報告があった。

各委員から、「了解した。」旨の意見が出された。

高齢者の交通死亡事故発生状況と防止対策について

交通部長から、高齢者の交通死亡事故発生状況と防止対策について報告があった。

委員から、「貴重な分析結果であるので、この結果を活用した広報を行うなどして、高齢者の交通死亡事故防止に努めてほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「先日、東池袋で高齢運転者による事故が発生したが、高齢者本人の自覚と周囲の声かけが大切であると思う。高齢者による運転免許証の自主返納についても、様々な検討が必要であると思う。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「自動車運転免許を有していない高齢者に対する事故が多いが、その人たちに、どのようにしたら講話などに来てもらい事故防止対策を伝えることができるのか、工夫をする必要があると感じた。」旨の意見が出された。

茨城県街頭防犯カメラ設置促進事業の推進結果について(平成31年3月末)

警備部長から、茨城県街頭防犯カメラ設置促進事業の推進結果について報告があった。

委員から、「既に街頭防犯カメラを設置していた市町村もあったと思うが、この事業によりさらに多くの市町村に設置することができて良かった。」旨の意見が出された。

また、委員から、「犯罪抑止、検挙を考えると街頭防犯カメラの設置は必要であり、国体の開催に向けて警察が設置費用の一部補助をすることは良い支援になると思う。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「とても有効な事業であると思う。」旨の意見が出された。

行事等
いばらき安全・安心アンバサダーの委嘱について

生活安全部長から、いばらき安全・安心アンバサダーの委嘱について報告があった。

    

各委員から、「了解した。」旨の意見が出された。

その他の報告・決裁等

警察本部担当者

総務課長、県民安心センター長、生活安全総務課長、少年課長、組織犯罪対策課長、交通総務課長、交通規制課長、運転免許センター長、警備課長

報告・決裁等の概要
公安委員会あて苦情の受理について

総務課から、公安委員会あて苦情の処理について報告があり、決裁した。

警察署協議会委員の委嘱について

総務課から、警察署協議会委員の委嘱について報告があり、決裁した。

行政文書及び保有個人情報の開示決定等の専決状況について

県民安心センターから、行政文書及び保有個人情報の開示決定等の専決状況について報告があり、決裁した。

審査請求に対する答申について

県民安心センターから、審査請求に対する答申について報告があり、決裁した。

生活安全部関係公安委員会専決事務取扱状況について

生活安全総務課から、生活安全部関係公安委員会専決事務取扱状況について報告があり、決裁した。

平成31年度茨城県少年指導委員の委嘱について

少年課から、平成31年度茨城県少年指導委員の委嘱について報告があり、決裁した。

不当要求防止責任者講習委託契約について

組織犯罪対策課から、不当要求防止責任者講習委託契約について報告があり、決裁した。

交通部関係公安委員会事務専決状況の報告について

交通総務課から、交通部関係公安委員会事務専決状況について報告があり、決裁した。

交通信号機の新設及び廃止について

交通規制課から、交通信号機の新設及び廃止について報告があり、決裁した。

「大型特殊自動車免許」指定自動車教習所の指定申請書の受理及び指定書の交付について

運転免許センターから、「大型特殊自動車免許」指定自動車教習所の指定申請書の受理及び指定書の交付について報告があり、決裁した。

指定自動車教習所における無資格教習事案に関する調査結果及び行政処分について

運転免許センターから、指定自動車教習所における無資格教習事案に関する調査結果及び行政処分について報告があり、決裁した。

運転免許証の更新に係る審査請求に対する審理官の指定及び弁明書について

運転免許センターから、運転免許証の更新に係る審査請求に対する審理官の指定及び弁明書について報告があり、決裁した。

行政不服申立事件の取り下げについて

運転免許センターから、行政不服申立事件の取り下げについて報告があり、決裁した。

警察法60条第1項の規定による援助の要求に対する同意について

警備課から、警察法60条第1項の規定による援助の要求に対する同意について報告があり、決裁した。

このページのトップへ戻る

このページの内容についてのお問い合わせ先

茨城県警察本部警務部総務課公安委員会補佐室
〒310-8550 茨城県水戸市笠原町978-6 連絡先:029-301-0110(代表)

  • 委員長・委員のプロフィール
  • 茨城県運営重点
  • 国家公安委員会