定例会議の開催状況【令和元年5月22日(水曜日)】

日時

令和元年5月22日(水曜日)

このページのトップへ戻る

出席者

  • 公安委員会
    今委員長、鬼澤委員
  • 警察本部
    警察本部長、警務部長、首席監察官、生活安全部長、地域部長、刑事部長、交通部長、警備部長、情報通信部長、警務部参事官兼総務課長

このページのトップへ戻る

審議事項

なし

このページのトップへ戻る

報告事項

被疑者取調べ適正化のための監督に関する規則の改正について

警務部長から、被疑者取調べ適正化のための監督に関する規則の改正について報告があった。

【検挙】

  • 架空請求詐欺サイトに対する不正指令電磁的記録供用等事件(茨城、愛知、宮城、静岡、石川、愛媛、鹿児島合同捜査本部)

委員から、「十分な検討がされた上で規制の改正が行われたと思うので、今後も適正な取調べが行われるようにしてほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「本年6月1日から施行されるということであるが、見直すべきところを改善することは大変良いことだと思う。」旨の意見が出された。

犯罪捜査規範及び通信傍受規則の一部を改正する規則の制定について

刑事部長から、犯罪捜査規範及び通信傍受規則の一部を改正する規則の制定について報告があった。

委員から、「了解した。」旨の意見が出された。

また、委員から、「犯人検挙につながるようしっかりと行ってほしい。」旨の意見が出された。

夏期における水難事故防止対策について

地域部長から、夏期における水難事故防止対策について報告があった。

委員から、「茨城県は長い海岸線を持っており、これから夏期に向けて水難事故の危険性が高まるが、特にヘッドランド周辺での水難事故が集中すると思うので、事故防止対策を徹底してほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「危険箇所には立入禁止の看板が設置されているのにも関わらず、立入りをして水難事故に遭う人がいるので、対策を充実させて事故防止に努めてほしい。また、サーファーに声かけをしてもらうことは、サーファー自身に対しても危機意識を持ってもらうことにつながるので、良いことだと思う。」旨の意見が出された。

第25回参議院議員通常選挙の施行について

刑事部長から、第25回参議院議員通常選挙の施行について報告があった。

委員から、「適正な選挙違反取締りを行ってほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「警察が、徹底した選挙違反取締りを行わないと、見逃しているのではないかとの批判等を受けることになるので、怪しいと思われる事は追及して捜査を行い、公正な選挙が行われるように努めてほしい。」旨の意見が出された。

刑事部関係事件について

刑事部長から、刑事部関係事件の検挙について報告があった。

【検挙】

  • 3県下に及ぶ余罪多数の住居侵入、窃盗(空き巣等)事件(土浦署・稲敷署・捜査第三課合同捜査班)

委員から、「これだけ悪質な事件の犯人が検挙されたことは、県民に対する影響も大きいと思う。」旨の意見が出された。

また、委員から、「被疑者の中に、15歳から18歳の少年4名が含まれているが、このような悪質な事件に少年が巻き込まれることがないよう、学校や関係機関とも連携して少年の非行防止に努めてほしい。」旨の意見が出された。

警備情勢について

警備部長から、警備情勢について報告があった。

各委員から「了承した。」旨の意見が出された。

G20茨城つくば貿易・デジタル経済大臣会合開催に伴う警察活動について

警備部長から、G20茨城つくば貿易・デジタル経済大臣会合開催に伴う警察活動について報告があった。

委員から、「警察だけではなく、関係団体、県民を含め総力を挙げての態勢が確保できていると思う。」旨の意見が出された。

また、委員から、「G20サミット開催に伴い会場周辺でのマイカー自粛等を記載したチラシを新聞折り込みに入れるとのことであるが、新聞を読まない人もいると思うので、会場周辺では交通規制や検問が行われることを広く周知し、混乱が起こらないように対策をとってほしい。」旨の意見が出された。

行事等
令和元年度茨城県留置施設視察委員会委員任命式の開催について

警務部長から、6月12日に実施される令和元年度茨城県留置施設視察委員会委員任命式の開催について報告があった。

各委員から「了承した。」旨の意見が出された。

春の行楽期における安全対策実施結果について

地域部長から、春の行楽期における安全対策実施結果について報告があった。

委員から、「行楽地は大変な人出であったが、雑踏事故等の発生もなく、良かったと思う。」旨の意見が出された。

また、委員から、「雑踏事故等の発生がなく、良かったと思う。」旨の意見が出された。

その他の報告・決裁等

警察本部担当者

総務課長、人身安全対策課長、運転免許センター長、生活安全総務課総括理事官、交通安全総務課総括理事官

報告・決裁等の概要
審査請求に対する答申について

総務課から、審査請求に対する答申について報告があり、決裁した。

審査請求に係る弁明書の受領及び送付並びに反論書の提出要求について

総務課から、審査請求に係る弁明書の受領及び送付並びに反論書の提出要求について報告があり、決裁した。

公安委員会あて苦情の処理について

人身安全対策課から、公安委員会宛て苦情の処理について報告があり、決裁した。

古物営業者に対する行政処分(営業停止)(案)について

生活安全総務課から、古物営業者に対する行政処分(営業停止)(案)について報告があり、決裁した。

茨城県地域交通安全活動推進委員の委嘱について

交通総務課から、茨城県地域交通安全活動推進委員の委嘱について報告があり、決裁した。

運転免許証の更新に係る審査請求に関する決裁書について

運転免許センターから、運転免許証の更新に係る審査請求に関する決裁書について報告があり、決裁した。

このページのトップへ戻る

このページの内容についてのお問い合わせ先

茨城県警察本部警務部総務課公安委員会補佐室
〒310-8550 茨城県水戸市笠原町978-6 連絡先:029-301-0110(代表)

  • 委員長・委員のプロフィール
  • 茨城県運営重点
  • 国家公安委員会