定例会議の開催状況【令和元年6月26日(水曜日)】

日時

令和元年6月26日(水曜日)

このページのトップへ戻る

出席者

  • 公安委員会
    今委員長、鬼澤委員、本間委員
  • 警察本部
    警察本部長、警務部長、首席監察官、生活安全部長、刑事部長、交通部長、情報通信部長、警務部参事官兼総務課長、地域部参事官兼地域課長、警備部参事官兼公安課長

このページのトップへ戻る

審議事項

なし

このページのトップへ戻る

報告事項

採用募集活動における採用係独自のTwitterの新規開設について

警務部長から、採用募集活動における採用係独自のTwitterの新規開設について報告があった。

委員から、「今は、中学生もインターネットを利用している。時間とともにフォロワーが増えてくると思うので、頑張ってほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「就職状況はかなり変化しているが、警察に関心を持っている若い人もいると思うので、このような機会を作ることは良いことだと思う。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「是非、地域の方から頂いた警察への感謝の言葉、職員から出ている仕事へのやりがいに関する話、警察が取り組んでいるワークライフバランスについても発信してもらいたい。また、今は中学生くらいからキャリア教育がされているので、中学生でも分かりやすい内容で発信をすると良いのではないか。」旨の意見が出された。

(仮称)つくば警察署開設準備の進捗状況について

警務部長から(仮称)つくば警察署開設準備の進捗状況について報告があった。

委員から、「了解した。」旨の意見が出された。

また、委員から、つくば中央警察署とつくば北警察署統合後の施設利用について質問があり、警務部長から、「つくば北警察署は、同地区の警察センターとして運用予定である。」旨の説明がされた。委員から、「そのように活用することは地域の方にとって良いことだと思う。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「つくばは、世界的に有名な地名であることから是非、地域と良好な関係を作りながら準備を進めてほしい。」旨の意見が出された。

自動車盗抑止のための広報啓発について

生活安全部長から、自動車盗抑止のための広報啓発について報告があった。

委員から、「『自分の車が盗まれるはずがない』と、人ごとだと思っている人も多くいると思う。色々な企業、団体を通じて、被害状況を説明した上で、防犯対策の周知を行うと効果があると思う。」旨の意見が出された。

また、委員から、「やはり検挙をすることが、犯罪抑止になる。検挙につながる努力をしていると思うが、もっと踏み込んだ捜査を行うことが非常に重要だと思う。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「茨城県が自動車盗の被害が全国ワーストであることは、かなり県民にも周知されている。次は、自動車盗難防止対策用具はどこで入手できるのかなど、もっと具体的に県民に分かりやすい防犯対策を記載したチラシを配布してはどうか。」旨の意見が出された。

交番・駐在所施設整備計画について(令和元年度)

地域部参事官兼地域課長から、交番・駐在所施設整備計画について報告があった。

委員から、「築50年を経過している建物もあることから、是非、進めてほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「警察施設は全体的に古いと感じている。交番、駐在所勤務員の安全対策や配置などの問題について検討しながら進めてほしい。また、土地はなるべく取得する方向で考えた方が良いのではないかと思う。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「夜間でも交番があるということが誰にでも分かるよう、目立つ看板を取り付けるなどの工夫をしてもらいたい。」旨の意見が出された。

刑事部関係事件について

刑事部長から、刑事部関係事件について報告があった。

【検挙】

  • コンビニエンスストアにおける強盗事件(水戸署)

委員から、「検挙することができて、良かった。」旨の意見が出された。

また、委員から、「犯罪を抑止する意味では検挙は重要であり、捜査の効率を上げることができるような機器の導入を検討するのも良いのではないかと思う。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「コンビニエンスストアに対し、夜間時の複数勤務を指導するなどして、犯人が犯罪を起こしにくい環境をつくることが大切だと思う。」旨の意見が出された。

行事等
優秀職員・優良職員等表彰式の実施について

首席監察官から、7月3日に実施される優秀職員・優良職員等表彰式の実施について報告があった。

各委員から「了解した。」旨の意見が出された。

夏祭り等における安全対策について

地域部参事官兼地域課長から、夏祭り等における安全対策について報告があった。

委員から、「天候によっては不測の事態が起こるので、十分注意して行ってほしい。」旨の意見が出された。

また、委員から、「行政と主催者と警察の関係をこれからも考えていかなければならない。問題点を整理して、連携しながらお互いに協議できるように行えば、より安全な祭りになると思う。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「大きな事故が発生しないよう、露天商に対する火気取扱いの指導もしっかりと行ってほしい。」旨の意見が出された。

その他の報告・決裁等

警察本部担当者

総務課長、交通指導課長、運転免許センター長

報告・決裁等の概要
主張書面の受理及び通知について

総務課から、主張書面の受理及び通知について報告があり、決裁した。

暴走族相談委員の委嘱(案)について

交通指導課から、暴走族相談委員の委嘱(案)について報告があり、決裁した。

道路交通法施行細則の一部改正について

運転免許センターから、道路交通法施行細則の一部改正について報告があり、決裁した。

運転免許証の更新に係る審査請求に関する裁決書について

運転免許センターから、運転免許証の更新に係る審査請求に関する裁決書について報告があり、決裁した。

このページのトップへ戻る

このページの内容についてのお問い合わせ先

茨城県警察本部警務部総務課公安委員会補佐室
〒310-8550 茨城県水戸市笠原町978-6 連絡先:029-301-0110(代表)

  • 委員長・委員のプロフィール
  • 茨城県運営重点
  • 国家公安委員会