ホーム > 定例会議 > 令和2年 > 定例会議の開催状況【令和2年11月18日(水曜日)】

更新日:2021年1月12日

ここから本文です。

定例会議の開催状況【令和2年11月18日(水曜日)】

日時

令和2年11月18日(水曜日)

出席者

  • 公安委員会
    本間委員長、鬼澤委員、冨田委員
  • 警察本部
    警察本部長、警務部長、首席監察官、生活安全部長、地域部長、刑事部長、交通部長、警備部長、情報通信部長、警務部参事官兼総務課長

審議事項

なし

報告事項

生活安全部関係事件について

生活安全部長から、生活安全部関係事件について報告があった。

検挙

  • 海賊版DVD販売を目的とした関税法違反事件(筑西署・サイバー犯罪対策課・生活環境課)

委員から、「了解した。」旨の意見が出された。

刑事部関係事件について

刑事部長から、刑事部関係事件について報告があった。

検挙

  • JR水戸駅南口における強盗致傷事件(水戸署・少年課合同捜査班)
  • 一般住宅における殺人事件(太田署)

検挙

組織犯罪対策部門
  • 一般住宅における拳銃加重所持事件(ひたちなか署・那珂署・薬物銃器対策課合同捜査班)

各委員から、「了解した。」旨の意見が出された。

可搬式速度違反自動取締り装置の導入について

交通部長から、可搬式速度違反自動取締り装置の導入について報告があった。

委員から、「装置を有効活用し、事故防止対策に努めてほしい。」旨の意見があった。

また、委員から、「大通りの混雑を避けて生活道路を通る車も多いと思う。装置の導入により、交通事故抑止の効果が上がることを期待する。」旨の意見が出された。

行事等

電子マネー被害防止用封筒贈呈式について

生活安全部長から、電子マネー被害防止用封筒贈呈式について報告があった。

委員から、「店員の声掛けに加えて、封筒を使った注意喚起を行えば、更なる被害防止につながると思う。」旨の意見があった。

また、委員から、「アイデアを凝らしたよい試みだと思う。」旨の意見が出された。

さらに、委員から、「本取組により被害防止の効果が出ることを期待している。」旨の意見が出された。

その他の報告・決裁等

警察本部担当者

県民安心センター長、交通規制課長、警備課長

報告・決裁等の概要

警察あて苦情の受理及び処理状況について(令和2年10月末現在)

県民安心センターから、警察あて苦情の受理及び処理状況について報告があり、決裁した。

茨城県道路交通法施行細則の一部改正(案)について

交通規制課から、茨城県道路交通法施行細則の一部改正(案)について報告があり、決裁した。

集会・集団行進・集団示威運動専決許可状況について

警備課から、集会・集団行進・集団示威運動専決許可状況について報告があり、決裁した。

小型無人機等の飛行に関する通報受理について

警備課から、小型無人機等の飛行に関する通報受理ついて報告があり、決裁した。

 

このページの内容についてのお問い合わせ先

茨城県警察本部警務部総務課公安委員会補佐室
〒310-8550茨城県水戸市笠原町978-6/連絡先:029-301-0110(代表)