ホーム > 定例会議 > 令和3年 > 定例会議の開催状況【令和3年10月27日(水曜日)】

更新日:2022年2月2日

ここから本文です。

定例会議の開催状況【令和3年10月27日(水曜日)】

日時

令和3年10月27日(水曜日)

出席者

  • 公安委員会
    冨田委員長、本間委員、寺門委員
  • 警察本部
    警察本部長、警務部長、首席監察官、生活安全部長、地域部長、刑事部長、交通部長、警備部長、情報通信部長、警務部参事官兼総務課長

審議事項

なし

報告事項

事件

生活安全部関係事件について

生活安全部長から、生活安全部関係事件について報告があった。

検挙
  • 2管区3県下にわたる廃棄物の処理及び清掃に関する法律違反事件(大子署、大宮署、生活環境課)
  • チケット販売サイトにおける組織的な不正アクセス禁止法違反、窃盗及び盗品等有償処分あっせん事件(つくば署、サイバー犯罪対策課)

各委員から、「了解した。」旨の意見が出された。

刑事部関係事件について

刑事部長から、刑事部関係事件について報告があった。

発生

外国人間における殺人未遂事件(下妻署)

各委員から、「了解した。」旨の意見が出された。

施策等

狩猟期における猟銃等に係る事件・事故の防止と指導取締りについて

生活安全部長から、狩猟期における猟銃等に係る事件・事故の防止と指導取締りについて報告があった。

委員から、「猟銃所持者に対して丁寧な指導をお願いしたい。」旨の意見が出された。

「ATMで通話はダメだっぺよ」ポスターの作製について

刑事部長から、「ATMで通話はダメだっぺよ」ポスターの作製について報告があった。

委員から、「いろいろな方策があると思うが、できることを一つずつ取り組むことが大切だと思う。」旨の意見が出された。
また、委員から「ポスターの掲示については、ATM利用者の目に留まるような工夫をしてほしい。」旨の意見が出された。
さらに、委員から、「還付金詐欺が増加傾向にある中で、健康保険や介護保険を担当する関係機関との連携にも努めてほしい。」旨の意見が出された。

秋の全国交通安全運動の実施結果について

交通部長から、秋の全国交通安全運動の実施結果について報告があった。

委員から、「継続した取締り活動を展開してほしい。」旨の意見が出された。

交通事故発生状況について(令和3年9月末)

交通部長から、交通事故発生状況について報告があった。

委員から、「交通事故抑止に対する問題意識や対応について的確であると感じた。薄暮や季節特有の問題について引き続き対応をお願いしたい。」旨の意見が出された。
また、委員から、「対策を講じるべき対象が明確になっているので引き続き対応をお願いする。」旨の意見が出された。
さらに、委員から、「ハンドルキーパーの確保に関する広報に努めてほしい。また、ドライバー自身が私は飲酒運転をしませんと宣言してもらうような施策を考えてはどうか。」旨の意見が出された。

警備情勢について

警備部長から、警備情勢について報告があった。

各委員から、「了解した。」旨の意見が出された。

行事等

令和3年度茨城県警察逮捕術大会の実施について

警務部長から、令和3年度茨城県警察逮捕術大会の実施について報告があった。

各委員から、「了解した。」旨の意見が出された。

その他の報告・決裁等

警察本部担当者

県民安心センター長、生活安全総務課長、組織犯罪対策課長、交通総務課長

報告・決裁等の概要

警察あて苦情の受理及び処理状況について(令和3年9月末現在)

県民安心センターから、警察あて苦情受理及び処理状況について報告があり、決裁した。

公益通報(結果通知)について

県民安心センターから、公益通報(結果通知)について報告があり、決裁した。

公安委員会事務専決(許可等事務、行政処分等)の四半期報告について

生活安全総務課から、公安委員会事務専決(許可等事務、行政処分等)の四半期報告について報告があり、決裁した。

公安委員会事務専決の報告について(刑事部)

組織犯罪対策課から、公安委員会事務専決について報告があり、決裁した。

交通部関係公安委員会事務専決状況について(第3四半期)

交通総務課から、交通部関係公安委員会事務専決状況について報告があり、決裁した。

このページの内容についてのお問い合わせ先

茨城県警察本部警務部総務課公安委員会補佐室
〒310-8550茨城県水戸市笠原町978-6/連絡先:029-301-0110(代表)